百獣の王は意外と安い!? 動物園の動物の値段/高すぎ? 安すぎ!? モノのねだん事典⑤

暮らし

公開日:2020/6/17

高すぎ? 安すぎ! ? モノのねだん事典

イラスト:
著:
出版社:
ポプラ社
発売日:

身の回りにあるさまざまな「モノ」の値段にまつわる面白知識を、気軽に楽しめる雑学読み物。「回転ずしが安いワケ」「動物園のライオンとキリン、どっちが高価?」など、知れば思わず誰かに話したくなる、とっておきの雑学を厳選しました。

『高すぎ? 安すぎ! ? モノのねだん事典』(大澤裕司:文、死後くん:絵/ポプラ社)

キリンは高い
ライオンは安い


 動物園では、日本から遠くはなれたアフリカの動物たちも人気だよね。そんなアフリカの動物たちも、種類によってねだんに差があるのを知っているかな?

 たとえば、ライオンが一頭約45万円なのに対して、キリンは一頭約4000万円! こうやってくらべると、ライオンって「百獣の王」なのに、けっこう安いよね。

 じつはライオンは、生態の研究が進んでいて、動物園で飼育してふやすことができる。だから安いねだんでとりひきできるんだ。

advertisement

 一方、キリンは絶滅危惧種に指定されている。とりひきできる数が少ないから、ねだんも高くなるんだ。キリンは、2010年からの十年間で、2~3倍ほど値上がりしたそうだよ。


コレのねだんは?
新種のネコはライオンの25倍以上のねだん

ライオンより、はるかに高いねだんでとりひきされるネコがいる。しかも、ペットとして。それが、アシェラ種という品種のネコだ。アシェラ種は、アメリカのライフスタイルペットという会社が、品種改良でうみだした新種のネコなんだって。ねだんはなんと1200万円! どんな人が飼うの?

<第6回に続く>

この記事で紹介した書籍ほか

高すぎ? 安すぎ! ? モノのねだん事典

イラスト:
著:
出版社:
ポプラ社
発売日:
ISBN:
9784591164778