地域の人とうまく付き合ってきた両親。一方、弟は中学2年生で荒れに荒れた/16歳で帰らなくなった弟

マンガ

公開日:2021/12/7

あなたが最後に大切な人へ「好き」と伝えたのはいつですか?

いつか必ずやってくる大切な人との“別れの日”。著者のきむらかずよさんは、自身が高校生の頃に弟を亡くしました。『16歳で帰らなくなった弟』は、そんな悲しい出来事に見舞われた著者と家族が、再び歩き出すまでをつづったコミックエッセイです。

職人気質の父、肝が据わった母、思春期をこじらせて素直になれない私、そして自由奔放でヤンチャだけど誰からも好かれた弟。どこにでもある家族の風景が、警察からの一本の電話によって一瞬にしてもろく崩れ去る…。

周りとぶつかり、新しい友人と付き合い始めた弟。いつも我が家にやって来る友人たちには、チャイムの代わりに鳴らすものがあって――。

※本作品はきむらかずよ著の『16歳で帰らなくなった弟』から一部抜粋・編集しました

この記事はセンシティブな内容を含みます。ご了承の上、お読みください。

荒れていく弟

16歳で帰らなくなった弟

『16歳で帰らなくなった弟』を楽天Kobo(電子)で読む >

『16歳で帰らなくなった弟』をRenta!で読む >


あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか