気になる太ももをエクササイズ! 「ニータッチフロア」でスリムパンツが似合う脚に/激やせストレッチ

健康・美容

公開日:2022/1/9

 おうち時間が増えて運動不足に悩まれている方は多いのではないでしょうか。家にいながら気軽に体を動かせて、気になる部分もシェイプアップできたらいいと思いませんか?

 今回ご紹介する書籍は、YouTube登録者数170万人を超える「バレエストレッチチャンネル」を配信する人気トレーナー、中川裕喜さんによる『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』です。太ももや二の腕、下腹、お尻など気になる部分をたった1分間のストレッチで効果的に引き締めます。

 YouTubeでも話題になった『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』から、気軽にできるストレッチをお試しください。

※本作品は中川裕喜著の『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』から一部抜粋・編集しました

この作品のイッキ読みはこちら


1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ
『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』(中川裕喜/KADOKAWA)

太もも激やせストレッチ

やせポジCHECK
・片方の足に体重をかけるクセがある。
・脚を組んで座る、ひざを崩してお姉さん座りをする。
・常に腰が反った状態である。
・内股、もしくはガニ股である。
・歩くときに足を踏み出してかかとから着地している。

1つでも心当たりがあると…

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

目指せ! やせポジSTYLE

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

体のメカニズムを理解し、ストレッチをしていけば、太もも激やせできます。

太ももの筋肉のメカニズム

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

よくある状態

内股、もしくはガニ股になっている

立ったり座ったりしているときに、ひざが内に向いている人は内股、外に向いている人はガニ股。どちらも脚の骨がゆがんでおり、また股関節を動かせていない。太もも中心の動作になり、この状態でどんなトレーニングをしても筋肉がつくだけで、かえって筋肉バランスが崩れてしまうことになる。

筋肉の状態

太ももの表側と裏側が縮こまっている

脚の骨がゆがんでいるため、太ももの表側にある大腿四頭筋や、裏側のハムストリングに負荷がかかり、筋肉が縮こまった状態。内ももの筋肉はほとんど使われていないため、表側と裏側は筋肉質になり、内側はたるんでしまう。それに連動しておなかや腰まわり、お尻も使われず、筋肉がたるんでしまう。

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

改善の方法

骨のゆがみ改善と股関節の動きを強化

まずは、内股、ガニ股それぞれのゆがみを改善するストレッチを行う。股関節の可動域を広げるストレッチも組み合わせ、太ももの表側と裏側の筋肉を伸ばしたうえで、内ももの筋肉を縮めるストレッチを行う。また、股関節、ひざ、足の人差し指が一直線になるよう、日常動作で常に意識する。

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

太ももの前側(大腿四頭筋)が縮んだままだと、ももの前や外側の張りが強くなり、太い脚になってしまいます。まずはストレッチでムダな力を抜く準備をしましょう。

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

この体勢がしんどいときは、OPTION POSEでOK!

OPTION POSE
座って行うのが難しい場合は、壁の正面に立って片手を壁につき、反対の手で足を持ってかかとをお尻に近づけ、太ももの表側を伸ばす。しっかり股関節が動くので太ももやせとヒップアップが期待できる。

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ
腰が反ると効果が半減し、腰痛のリスクが高まる。おなかをへこませて骨盤と床を平行に保とう。

<第3回に続く>

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか