ぽっこりおなかの原因は筋肉のゆがみ!? 「ドローイン腹筋」 でしっかり下腹を刺激する/激やせストレッチ

健康・美容

公開日:2022/1/10

 おうち時間が増えて運動不足に悩まれている方は多いのではないでしょうか。家にいながら気軽に体を動かせて、気になる部分もシェイプアップできたらいいと思いませんか?

 今回ご紹介する書籍は、YouTube登録者数170万人を超える「バレエストレッチチャンネル」を配信する人気トレーナー、中川裕喜さんによる『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』です。太ももや二の腕、下腹、お尻など気になる部分をたった1分間のストレッチで効果的に引き締めます。

 YouTubeでも話題になった『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』から、気軽にできるストレッチをお試しください。

※本作品は中川裕喜著の『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』から一部抜粋・編集しました

この作品のイッキ読みはこちら


1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ
『1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ』(中川裕喜/KADOKAWA)

下腹激やせストレッチ

やせポジCHECK
・猫背、または下向きの姿勢が多い。
・パソコンやスマホを見る時間が長い。
・肩こりや腰痛を感じることがある。
・ダイエットしても下腹のお肉だけ落ちない。
・体を伸ばす運動をまったくしていない。

1つでも心当たりがあると…

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

目指せ! やせポジSTYLE

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

体のメカニズムを理解し、ストレッチをしていけば、下腹激やせできます。

下腹の筋肉のメカニズム

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

よくある状態

猫背や反り腰で、姿勢が悪い

猫背の人、また日常生活で前傾姿勢になることが多い人は、下腹ぽっこりになりやすい。反り腰の人も同様。みぞおちあたりを触ってみると、かたくなっている人が多い。また、むやみに腹筋運動をしている人は、おなかの一部分のみが鍛えられ、筋肉バランスがどんどん崩れていく

筋肉の状態

おなかの上部の筋肉のみがカチカチ

おなかの中心にある腹直筋の上部が縮こまり、下部がゆるんだ状態。また、おなかをぐるりと包んでいる腹横筋が弱いため、ここを鍛える必要がある。内臓を支えている骨盤底筋群もゆるんでおり、そことつながっている内もももゆるんだまま。縮こまった筋肉とゆるんだ筋肉が混在し、バランスが悪い。

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

改善の方法

おなかを伸ばし、ゆるんだ筋肉を刺激

最初におなかの上部の筋肉を伸ばすストレッチを行う。そのうえで下腹やわき腹を鍛えるストレッチを組み合わせる。これと同時に内ももの筋肉を動かすことで骨盤底筋群も連動して鍛えられる。この状態になってはじめて、下腹の筋肉を引き締めるストレッチの効果が生まれる。

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

縮こまりがちなみぞおちあたりの筋肉を伸ばしたら、今度はおなかの下部分にアプローチ。下腹に力がしっかりと入っていることを確認しながら行いましょう。

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

1分でみるみる細くなる! 激やせストレッチ

POINT ADVICE
タオルが抜けないようにすると、自然と下腹に力が入る。タオルが抜けてしまうということは、まだおなかの筋力が弱いので、Step2に戻って1~2週間ほど練習しよう。慣れてきたらStep3にチャレンジを!

<第4回に続く>

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか