「いざ、不倫現場に突入だ!!」不倫相手に罠を仕掛けるも、なぜか動きがなく…/夫が娘の名前で不倫していました

マンガ

公開日:2022/3/16

 家事も育児もせずにゲームばかりする夫。家のことは無関心なうえに、ゲームで課金沼にハマり家のお金にまで手を出す始末…。挙句には、娘の名前で不倫!?

 最低な夫に対して、妻が自力で浮気の証拠をつかみ、離婚協議するまでの話を描いた『夫が娘の名前で不倫していました』。そんな父親はもういらない――。サレ妻の奮闘をつづった実録コミックエッセイを、大好評につき再掲載!

 不倫現場を押さえるため、妻は罠を仕掛ける。夫と不倫相手が家に入ったのはいいが、その後動きがない…。こうなったら、自分で現場をおさえてやる!

※本作品は原作:Satsuki、漫画:乙葉一華の書籍『夫が娘の名前で不倫していました』から一部抜粋・編集しました

この作品のイッキ読みはこちら


夫が娘の名前で不倫していました

『夫が娘の名前で不倫していました』を楽天Kobo(電子)で読む >

『夫が娘の名前で不倫していました』をRenta!で読む >


あわせて読みたい