注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
170件

不倫の記事一覧

美輪明宏さんの少し突き放した回答に深く納得【今週の大人センテンス】

 巷には、今日も味わい深いセンテンスがあふれている。そんな中から、大人として着目したい「大人センテンス」をピックアップ。あの手この手で大人の…

夫の不倫を公認!「不倫モノ」のその先へ――新しい夫婦のカタチを描く『1122』

『1122』(渡辺ペコ/講談社)  昨今、不倫モノはメディアを問わず大ブーム。あまりの多さに「もういいよ!」と思う人も多いはず。  そもそも…

不倫、離婚、毒母……”他人には言えない悩み”はコミックエッセイに解決のヒントがあるかも

 仕事、恋愛、人間関係…「悩み」はつきものである。人に相談するなどして解決できればよいが、人には言いにくい悩みを抱えている場合の解決法は…?…

【結婚・離婚の幸福論】今井絵理子の不倫疑惑。「肩書」ではなく「生き方」で愛してくれる男を選ぶべき

 「もしも憧れのアイドルと恋愛関係になれるとしたら?」──あなたが独身の場合なら一も二もなくチャンスをものにしたいと思うはず。でも、あなたが…

夫のコレクションをゴミ箱ブチ込み! 妻が「趣味妨害モンスター」に豹変するとき

 「夫が趣味で集めたガンダムプラモデル(ガンプラ)を捨てる妻」に関し、テレビやネットで激論が飛び交っています。何年もかけてコツコツ集めたガン…

「セックスできれいになる」は本当だった! メンタリストDaiGoが科学で分析。あなたの“感じる”はまだまだ高まる!

『ベッドの上の心理学 感じるオトナのための保健体育』(メンタリストDaiGo/ KADOKAWA)  若者のセックス離れ――そんなことをよく…

不倫公認のセックスレス夫婦の日常―『にこたま』渡辺ペコが描く、結婚の嘘と真実

『1122(いいふうふ)』(渡辺ペコ/講談社) 「いい夫婦」ってなんだろう? お互いを愛していれば「いい夫婦」だと言えるだろう。けれど、この…

「正義」はなぜ弱者を叩くのか? 現代にはびこる「正義」の正体は…

『「正義」がゆがめられる時代』(片田珠美/NHK出版)  残酷な事件や不景気が続く中、「正義」を声高に叫ぶ人が増えている。政治家や芸能人、犯…

セフレは恋人になれるのか? 年下男子との、駆け引きだらけのオトナの関係を描いたマンガ『GAME』3巻発売

『GAME』(西形まい/白泉社)  彼氏といたしている最中にも仕事の電話に出てしまう、度が過ぎたワーカホリックな27歳の小夜と、新卒社員にし…

ドラマ「あなたのことはそれほど」第9話、山崎育三郎演じる小田原の衝撃のカミングアウトに視聴者騒然

『あなたのことはそれほど』5巻(いくえみ綾/祥伝社)  ドラマ「あなたのことはそれほど」の第9話が2017年6月13日(火)に放送されたのだ…

ドラマ「あなたのことはそれほど」第8話、東出昌大演じる涼太が見せた涙が話題に

『あなたのことはそれほど』5巻(いくえみ綾/祥伝社)  ドラマ「あなたのことはそれほど」第8話が2017年6月6日(火)に放送されたのだが、…

「体だけで愛はないよ」「好きなのは君だけだよ」…女性はこのテの言葉に弱い。許せる浮気と許せない浮気のメカニズムとは?

『浮気の言い訳~こんなに違う男女のこころ』(姫野友美/KADOKAWA)  「浮気は男の甲斐性」だなんて、誰が言い出したのだろうか。人工知能…

男は「あざとい女」のこんなテクニックに弱い! 手をつなぐよりドキッとさせる方法とは?

『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』(山田周平/大和出版)  女性のみなさんは、意中の男性をどうやって落としているだろうか。大好きな…

「文春砲のターゲット」はどう選ぶ? 現役編集長が執筆した異例中の異例な書籍が明かす「真実」とは?

『「週刊文春」編集長の仕事術』(新谷学/ダイヤモンド社)  2016年のワイドショーは、まさに『週刊文春』発の「文春砲」が乱れ飛んでいた。1…

へそくりの語源は? 関西はなぜ薄味? 話題に困ったときに役立つ雑学ネタ

 日常で抱く素朴な疑問はもちろんのこと、一見ウソのような本当の話から、常識のウラをつく意外な知識、覚えておくと便利な情報まで、私たちの好奇心…

男の価値は年収より「お尻」!? ドイツ人のびっくり恋愛観

『男の価値は年収より「お尻」!?』(著:サンドラ・ヘフェリン、漫画:流水りんこ/ベストセラーズ)  ドイツ人女子が男性に求めるのは“お金”よ…

【結婚・離婚の幸福論】テレ朝アナも同様…「既婚男性の先輩×未婚女性の後輩」カップルで痛手を負うのは女のほう

 俳優やタレント、モデルといったいわゆる芸能人ではなくても、不倫や浮気がニュースになる時代。その手の話題が広まると、会社員であれば所属してい…

ドラマ「あなたのことはそれほど」2話に「最低っぷりが清々しい」と反響

『あなたのことはそれほど』5巻(いくえみ綾/祥伝社)  波瑠主演のドラマ「あなたのことはそれほど」。初回から衝撃の展開で視聴者を沸かせている…

「友達以上、不倫未満」は”挿入”なし、浮気ではない? 配偶者よりも強い絆で結ばれた「セカパ」とは?

『友達以上、不倫未満(朝日新書)』(秋山謙一郎/朝日新聞出版)  セカンドパートナー(以下セカパ)とは、既婚者同士でありながら、深い絆で繋が…

不倫相手が妊娠してしまったら…W不倫はリスク○倍! ”ドロ沼回避術”を『不倫の教科書』に学ぶ!

『不倫の教科書 既婚男女の危機管理術』(イースト・プレス)  現在進行形で不倫をしている人たちに、朗報です! 不倫の危機管理術を徹底的に網羅…

ドラマ「あなたのことはそれほど」第1話に反響続々「東出さんのヤンデレ感たまらんな…」

『あなたのことはそれほど』5巻(いくえみ綾/祥伝社)  ドラマ「あなたのことはそれほど」の第1話が2017年4月18日(火)に放送されたのだ…

困ったときは、バーに行け! 「男女のすれ違い」を20年間見てきた渋谷「バールボッサ」店主があなたの悩みに答えます

『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』(林伸次/アスペクト) 「彼の気持ちがわからない」 「私ってなぜ結婚できないの?…

「死とエロス」が一体となった女… 驚愕の展開と強烈なセリフが炸裂する濃密な“中島丈博ワールド”へようこそ!【後編】

『ITSUKI 死神と呼ばれた女』(中島丈博/文藝春秋)  強烈なセリフの応酬や濃いキャラクター、そして独自の世界観で人気の脚本家・中島丈博…

生々しい性描写も… 驚愕の展開と強烈なセリフが炸裂する濃密な「死とエロス」の世界――“中島丈博ワールド”へようこそ!【前編】

『ITSUKI 死神と呼ばれた女』(中島丈博/文藝春秋)  一大ブームを巻き起こした昼ドラ『真珠夫人』や『牡丹と薔薇』を世に送り出した脚本家…

2035年日本人口の5割が独身! 「結婚って何?」「夫婦とは?」結婚、出産の呪縛に苦しむ女たちを「ソロ社会」の未来図から考えてみた

 国や自治体の支援で婚活ビジネスが拡大する一方、結婚しても3組に1組が離婚する時代。著名人の不倫騒動も後を絶たず、TVドラマ『逃げるは恥だが…

偽装の「幸せな育児生活」をブログにアップ、セックスレスで夫に不信感……。結婚、出産、子育てが呪縛となった女性たちの叫び

『誰かが見ている』(宮西真冬/講談社)  女は生まれつき敵同士、と言ったのは19世紀ドイツの哲学者ショウペンハウエル。21世紀の今もそれは変…

“文春砲”誕生の瞬間! 「ゲス不倫」「甘利大臣収賄事件」の裏側とは?

『文春砲 スクープはいかにして生まれるのか?(角川新書)』(週刊文春編集部/KADOKAWA)  文春砲――昨年、一度は聞いたことがあるだろ…

ズルい男との恋愛、カラダだけでつながる2人…ハマる読者続出! 話題沸騰のコミック『liar』

『liar』(袴田十莉:作画、もぁらす:原作/双葉社)  思わせぶりな態度で翻弄してくるのに、好きとは言ってくれない。関係もはっきりさせてく…

想定外の妊娠をした友人と欲しくても妊娠できない自分。“産む”、“産まない”、それとも……?

『産む、産まない、産めない』(甘糟りり子/講談社)  不妊を心配したことがある夫婦の割合、全体の35.0%。平成27年度に実施された、「第1…

「ブルゾンちえみ with B」型婚活もあっていい!「ぽちゃ婚」「処女婚」…コンプレックスにつけ込む婚活サービスへの違和感

 婚活ビジネス市場は1000億円以上の規模であるにもかかわらず、その成婚率は1割前後だそうです。実際の打率の低さゆえに焦るユーザーと、あの手…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ