注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
153件

不倫の記事一覧

ドラマ「あなたのことはそれほど」2話に「最低っぷりが清々しい」と反響

『あなたのことはそれほど』5巻(いくえみ綾/祥伝社)  波瑠主演のドラマ「あなたのことはそれほど」。初回から衝撃の展開で視聴者を沸かせている…

「友達以上、不倫未満」は”挿入”なし、浮気ではない? 配偶者よりも強い絆で結ばれた「セカパ」とは?

『友達以上、不倫未満(朝日新書)』(秋山謙一郎/朝日新聞出版)  セカンドパートナー(以下セカパ)とは、既婚者同士でありながら、深い絆で繋が…

不倫相手が妊娠してしまったら…W不倫はリスク○倍! ”ドロ沼回避術”を『不倫の教科書』に学ぶ!

『不倫の教科書 既婚男女の危機管理術』(イースト・プレス)  現在進行形で不倫をしている人たちに、朗報です! 不倫の危機管理術を徹底的に網羅…

ドラマ「あなたのことはそれほど」第1話に反響続々「東出さんのヤンデレ感たまらんな…」

『あなたのことはそれほど』5巻(いくえみ綾/祥伝社)  ドラマ「あなたのことはそれほど」の第1話が2017年4月18日(火)に放送されたのだ…

困ったときは、バーに行け! 「男女のすれ違い」を20年間見てきた渋谷「バールボッサ」店主があなたの悩みに答えます

『ちょっと困っている貴女へ バーのマスターからの47の返信』(林伸次/アスペクト) 「彼の気持ちがわからない」 「私ってなぜ結婚できないの?…

「死とエロス」が一体となった女… 驚愕の展開と強烈なセリフが炸裂する濃密な“中島丈博ワールド”へようこそ!【後編】

『ITSUKI 死神と呼ばれた女』(中島丈博/文藝春秋)  強烈なセリフの応酬や濃いキャラクター、そして独自の世界観で人気の脚本家・中島丈博…

生々しい性描写も… 驚愕の展開と強烈なセリフが炸裂する濃密な「死とエロス」の世界――“中島丈博ワールド”へようこそ!【前編】

『ITSUKI 死神と呼ばれた女』(中島丈博/文藝春秋)  一大ブームを巻き起こした昼ドラ『真珠夫人』や『牡丹と薔薇』を世に送り出した脚本家…

2035年日本人口の5割が独身! 「結婚って何?」「夫婦とは?」結婚、出産の呪縛に苦しむ女たちを「ソロ社会」の未来図から考えてみた

 国や自治体の支援で婚活ビジネスが拡大する一方、結婚しても3組に1組が離婚する時代。著名人の不倫騒動も後を絶たず、TVドラマ『逃げるは恥だが…

偽装の「幸せな育児生活」をブログにアップ、セックスレスで夫に不信感……。結婚、出産、子育てが呪縛となった女性たちの叫び

『誰かが見ている』(宮西真冬/講談社)  女は生まれつき敵同士、と言ったのは19世紀ドイツの哲学者ショウペンハウエル。21世紀の今もそれは変…

“文春砲”誕生の瞬間! 「ゲス不倫」「甘利大臣収賄事件」の裏側とは?

『文春砲 スクープはいかにして生まれるのか?(角川新書)』(週刊文春編集部/KADOKAWA)  文春砲――昨年、一度は聞いたことがあるだろ…

ズルい男との恋愛、カラダだけでつながる2人…ハマる読者続出! 話題沸騰のコミック『liar』

『liar』(袴田十莉:作画、もぁらす:原作/双葉社)  思わせぶりな態度で翻弄してくるのに、好きとは言ってくれない。関係もはっきりさせてく…

想定外の妊娠をした友人と欲しくても妊娠できない自分。“産む”、“産まない”、それとも……?

『産む、産まない、産めない』(甘糟りり子/講談社)  不妊を心配したことがある夫婦の割合、全体の35.0%。平成27年度に実施された、「第1…

「ブルゾンちえみ with B」型婚活もあっていい!「ぽちゃ婚」「処女婚」…コンプレックスにつけ込む婚活サービスへの違和感

 婚活ビジネス市場は1000億円以上の規模であるにもかかわらず、その成婚率は1割前後だそうです。実際の打率の低さゆえに焦るユーザーと、あの手…

センテンススプリングが火をつけた『不倫は許すまじ』という空気はどうなの? 「文春砲」を林真理子が独自の視点で一刀両断!

『下衆の極み』(林真理子/文藝春秋)  2016年は、『週刊文春』から目が離せなかった。ベッキーをはじめ、桂文枝、乙武洋匡など著名人の不倫や…

人工子宮で夫が出産する未来も…… 。『黒い結婚 白い結婚』にみる「結婚の実態」7つのケースとは?

『黒い結婚 白い結婚』(中島京子、窪美澄、木原音瀬、深沢潮、成田名璃子、瀧羽麻子、森美樹/講談社)  結婚すると天国にいけるのか? 地獄に落…

放送コード完全無視! 18禁妄想AVネーミング大賞も? 米トランプから、ベッキー、乙武クンまで「世界のキタノ」が放つ毒全開のぶった切りとは?

『テレビじゃ言えない』(ビートたけし/小学館)  最近、テレビがつまらない。そう感じるのは、「殿」の毒舌がすっかり画面から消えてしまったから…

90歳の朝はランジェリー選びから。「結婚」はマストじゃない。フランス人に学ぶ、いさぎよい生き方

『フランス女性は80歳でも恋をする』(野口雅子/幻冬者)    「フランス人は~」という本に、いつも惹かれてしまうのはなぜだろう。…

新「成田離婚」時代の到来!? 進化する女とエスコートできない男…

 成田空港が華々しく開港した1980年前後は、国内から海外にシフトした新婚旅行も、結婚式の翌日にそのまま出発する一大イベントでした。ハワイや…

「文春砲」に学ぶ!? パートナーの不倫に備える危機管理術

 2016年は不倫スキャンダルが目立った1年でした。1月にタレントのベッキーさんと人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音さんの不倫…

なぜ、文春ばかりがスクープを連発できたのか? “文春砲”の舞台裏を明らかにするドキュメンタリードラマ放送決定

 日本最大級の動画サービス「niconico」で、配信企画「ニコニコドキュメンタリー総力特集『文春砲』」が開始。2016年に世間を揺るがせた…

新ライバルは女子大生! 秘密の関係ごっこを愉しむ医者夫婦に訪れた、いつもとは様子の違う危機!? 波乱続きのエロスなラブコメ『イシャコイH -医者の恋わずらい hyper-』

『イシャコイH -医者の恋わずらい hyper-』(林久美子/白泉社)  幼なじみの男の子がイケメン医者となって現れ、自分だけを身も心も溺愛…

「信じる者はダマされる」?! 悩める子羊たちを惑わせる、中村うさぎとマツコ・デラックスの人生相談

『信じる者はダマされる うさぎとマツコの人生相談』(中村うさぎ、マツコ・デラックス/毎日新聞出版)  日本の諺には、キリスト教の聖書に由来す…

失恋・離婚・不倫を乗り越える方法とは? 別れの後には必ず「出会い」がある!「さよなら」のトリセツ

『あなたは、「別れ」でもっと輝ける!』(ワタナベ薫/幻冬舎)  失恋、離婚、絶縁、死別、この言葉からどんな連想をするだろう。寂しい、惨め、か…

ベッキーが騒動後初めて語った本音とは? 『with』1万字インタビュー

(C)with  12月27日(火)発売の『with』2月号で、ベッキーの1万字に及ぶインタビューが掲載される。年明けの騒動から、約一年。騒…

不倫の慰謝料、相場ってどのくらい? 不倫を見抜くポイントとは?

『マンガ実録! ホントにあった不倫の修羅場』(日本博識研究所/宝島社)  一年間の世相を表す新語・流行語大賞のトップテンに選ばれた「ゲス不倫…

東京女子×上京女子 vol.5 「現実の女同士はたぶん、マウンティングなんかしない」

 東京という大都市で生まれ育った華子と地方から夢を抱いて上京してきた美紀。東京女子と上京女子、まったく違う境遇のふたりがひとりの男をめぐって…

浮気相手の女性は「便所」と思えばいい!? 美輪明宏の人生相談の回答がとても秀逸だった!

『心の嵐を青空に』(美輪明宏/家の光協会)  「美輪明宏さんは一体何者?」という質問をして、正確に答えられる人は何人いるだろう。『心の嵐を青…

「ゲス不倫」がここまで炎上したのはベッキーが〇〇〇〇〇〇〇だったから? 心理学者が語る不倫の心理的メカニズム

『ウルトラ不倫学』(杉山崇/主婦の友社)  今年あった芸能ネタといえば、やはり何と言っても「不倫」が真っ先に浮かび上がってくる。先日発表され…

流行語大賞発表迫る! 「PPAP」「ポケモンGO」「文春砲」など候補30語をおさらいしよう!

『現代用語の基礎知識2017』(自由国民社)  1年の間に話題になった“ことば”のなかで、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって広く大衆…

倉科カナが“愛に一直線の激情型女子”、三浦翔平が“嫉妬で我を失う癒し系男子”に! ドラマ「奪い愛、冬」ににただならぬ気配を察する人続出

 2017年1月に、奪い合いの恋愛を描いたオリジナルドラマ「奪い愛、冬」が放送される。脚本を鈴木おさむが担当し、2016年版ドラマ「不機嫌な…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ