「固定費」「食費・交際費」「その他」3つにわける。かんたん家計簿をつけよう!/1日1分読むだけで身につくお金大全100

暮らし

公開日:2022/3/27

 物価や税金が上がっているなか、日々の節約方法やお金の増やし方に悩でいませんか?

 そこで悩んでいる方におすすめしたいのが、『1日1分読むだけで身につくお金大全100』。ファイナンシャルプランナーでもある著者・頼藤太希さんと高山 一恵さんが、お金の基本を丁寧にやさしく解説します。「貯め方」「増やし方」「節約の仕方」など、お金にまつわる教養が盛りだくさんです。

 とても大切なことなのに、学ぶ機会が少ないお金のこと。お金ことがよくわからなくて不安な人は、“1日1分”読めばお金の知識が身につきますよ!

※本書は、2022年1月時点の情報をもとに執筆・構成された書籍です

※本作品は頼藤太希・高山一恵著の書籍『1日1分読むだけで身につくお金大全100』から一部抜粋・編集しました

1日1分読むだけで身につくお金大全100
『1日1分読むだけで身につくお金大全100』(頼藤太希、高山一恵/自由国民社)

1日1分読むだけで身につくお金大全100

 お金を貯める方法はいろいろありますが、突き詰めると3つしかありません。「収入を増やす」「支出を減らす」「お金自身に働いてもらう」の3つです。このうち、一番早く効果が出て誰もが簡単にできるのは、支出を減らすことです。とはいえ支出削減にも限界はあります。

 収入を増やすには、給与のアップや転職が考えられますが、すぐにできるものでもありません。また、支出が収入に合わせて増えるようだと、お金は貯められません。お金に働いてもらう投資には元手となる資金が必要ですし、増やすにはそれなりに時間がかかります。

 本書では、正しい投資との付き合い方を身につけていきますが、それより前に取り組むべきは支出の削減。なぜなら1万円減らせたら単純に1万円使えるお金が増える、効率のよい方法だからです。

 支出の削減は、まず支出を把握することからスタートします。さらに、税金の仕組みを知って、節税ができないかをチェックします。そうして浮くお金を把握したら、その金額を「先取り貯蓄」で貯めていくようにします。

1日1分読むだけで身につくお金大全100

1日1分読むだけで身につくお金大全100

10秒チェック!
一番即効性があるのが「支出を減らす」こと! 1万円浮かせることができれば、使えるお金が1万円増えます。

『1日1分読むだけで身につくお金大全100』をAmazonで読む >


あわせて読みたい