耳は遠いけどおしゃべりが好きな父。そして娘の前で“かわいこぶる”お茶目な一面も!/ねぼけノート 認知症はじめました

マンガ

公開日:2022/5/23

 うちの親は大丈夫と思っていても、いまや高齢者の5人にひとりが認知症になると言われる時代。あなたも人ごとではいられないかもしれません。

 ある日母から、「父さんの様子がおかしい」と電話が…。都会で働く娘が親の介護という未知の世界に足を踏み入れ、戸惑いながらも、はじめて知る父の一面や何気ない家族の日常を8コマ漫画に描きます。

 無邪気な父とマイペースな母との介護の日々は、大変だけどクスッと笑えてどこか愛おしい。『ねぼけノート 認知症はじめました』は、ほんわかとした家族の心温まる作品です。

 レビー小体型認知症と診断されてから1カ月が経った。父は耳が遠くなってしまったが、自分の話をするのが好きでおしゃべりが止まりません!

※本作品はのあさとひわ著の書籍『ねぼけノート 認知症はじめました』から一部抜粋・編集しました

この作品のイッキ読みはこちら


ねぼけノート 認知症はじめました

『ねぼけノート 認知症はじめました』を楽天Kobo(電子)で読む >


あわせて読みたい