注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
183件

政治の記事一覧

「共謀罪を可決した」本当の理由とは?

『共謀罪の何が問題か』(高山佳奈子/岩波書店)  2017年6月15日、「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正す…

【結婚・離婚の幸福論】今井絵理子の不倫疑惑。「肩書」ではなく「生き方」で愛してくれる男を選ぶべき

 「もしも憧れのアイドルと恋愛関係になれるとしたら?」──あなたが独身の場合なら一も二もなくチャンスをものにしたいと思うはず。でも、あなたが…

重要なニュースより視聴率がとれるネタを優先――日本のマスメディアの限界と可能性とは? 池上彰×増田ユリヤ対談【後編】

(左)池上彰さん(右)増田ユリヤさん   ■「政治的中立公平」を規定した放送法がなくなれば日本も変わる!? ――海外では選挙シーズ…

右や左の概念はもう古い! 世界を変える新たな改革を求める人たち ――『なぜ、世界は“右傾化”するのか?』池上彰×増田ユリヤ【前編】

(左)池上彰さん(右)増田ユリヤさん    「アメリカ・ファースト」を標榜するトランプ大統領の誕生、国民投票でEU離脱が決まったイ…

過労死続出の霞ヶ関の闇に文科省のノンキャリ女子が迫る! 累計80万部突破『水鏡推理』シリーズ最新刊

『水鏡推理6 クロノスタシス』(松岡圭祐/講談社)  加計学園問題、森友学園問題など、なにかと話題の絶えない文部科学省。一体何が真実なのか、…

なんでもアリの狂乱時代!? バブル時代に起こっていた現象と人々の生活に迫る【インタビュー】

『1985-1991 東京バブルの正体』(昼間たかし/マイクロマガジン社)  芸人・平野ノラの「しもしも~」「ぶっとびー!」などのバブルフレ…

理由なき拷問にあう世界――終わりの見えないシリアで生きるとはどういうことか

『シリアからの叫び』(ジャニーン・ディ・ジョヴァンニ:著、古屋美登里:翻訳/亜紀書房)  生きながらにして切り刻まれるという体験は、日本では…

「加害者の違い」が報道の差を生む対テロ戦争の現実。二人のイスラム少女の訴えから学ぶ平和に必要なものとは?

『ナビラとマララ 「対テロ戦争」に巻き込まれた二人の少女』(宮田 律/講談社)  2014年、パキスタン人の少女、マララ・ユースフザイさんが…

警察による証拠捏造と自白強要で下された死刑判決――奪われた人生と冤罪をめぐる戦い

『死刑捏造: 松山事件・尊厳かけた戦いの末に』(藤原 聡、宮野健男、共同通信社:著/筑摩書房) かえせ かえせ 十年をかえせ 家族のもとにボ…

「悪い政治家を見抜く人狼ゲーム」?! 現役東大生のお笑い芸人が「政治」を楽しくわかりやすく教えてくれる新感覚の絵本

『政治の絵本 現役東大生のお笑い芸人が偏差値44の高校の投票率を84%にした授業』(たかまつなな/弘文堂)  政治は難しい。中学・高校で公民…

憲法は「理想を掲げるもの」「現実と食い違ってあたりまえ」とは? 憲法施行70年の今年、憲法について考えてみる

『伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業』(伊藤真/KADOKAWA)  みなさん、「憲法」について興味があるだろうか? めちゃくちゃ詳しいし…

トランプを支えたのは白人貧困層!? 波乱のアメリカ大統領選を生み出した、ヒルビリー(田舎者)の実態

『ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち』(光文社)  過激な発言の数々で世界中の注目を集めるドナルド・トランプ大統領…

朴槿恵前大統領の心に付け込んだ“悪魔”の正体とは? 前代未聞の韓国大統領スキャンダルの裏側

『朴槿恵 心を操られた大統領』(金香清/文藝春秋)  3月31日、韓国初の女性大統領として、国民から多くの期待が寄せられた朴槿恵(パク・クネ…

ゴルゴ13に外務省から海外安全対策の指南依頼が!? 

『ゴルゴ13 必殺の0.5秒』150巻(さいとう・たかを/リイド社)  さいとう・たかをの大人気漫画『ゴルゴ13』の主人公・デューク東郷に、…

朴槿恵大統領のスキャンダルに暗示された「儒教の呪い」とは? そして「日中戦争はすでに始まっている」の意味とは?

『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇(講談社+α新書)』(講談社)  3月10日、韓国の憲法裁判所は、朴槿恵(パク・クネ)大統領に対して、…

法律を廃止するときも、法律を作る! 法律が求めるお酒の飲み方とは? 法律って意外とおもしろい

『法律って意外とおもしろい 法律トリビア大集合』(第一法規 法律トリビア研究会/第一法規株式会社)  くだらない瑣末なことや雑学を意味する「…

金正恩は自己愛性パーソナリティ障害!?  隠された北朝鮮の実情と「金正恩の気質」を明かす、衝撃ノンフィクション!

『金正恩の核が北朝鮮を滅ぼす日(講談社+α新書)』(牧野愛博/講談社)  2月13日、マレーシア・クアラルンプール国際空港で起こった、金正男…

東大と京大の入試は世相をどう反映したのか? 終戦から安倍政権まで、入試国語問題で振り返る70年

『東大VS京大 入試文芸頂上決戦』(永江朗/原書房) 「5教科」と呼ばれる大学入試の科目といえば、数学、国語、英語、理科、社会である。このう…

仕事に効く「教養としての地理」 経済×地理でニュースの“本質”が見えてくる!

『経済は地理から学べ!』 (宮路秀作/ダイヤモンド社)  経済は「土地」と「資源」の奪い合いから見えてくる…。代々木ゼミナールの地理講師が、…

メディア大注目の国際政治学者が、“超やり手”トランプ政権が向かうアメリカの将来像を語る!

『「トランプ時代」の新世界秩序』(三浦瑠麗/潮出出版)  2016年11月、アメリカ大統領選挙で共和党のトランプ候補が当選した。メディアも識…

日本の財政問題に警鐘を鳴らしたベストセラーの合本版も登場! 幸田真音作品が一挙電子化!

 米国系銀行や証券会社で債券ディーラーなどを経て1995年に作家へ転身した幸田真音氏の作品が、2017年2月25日(土)に電子版として一挙配…

『一億総貧困時代』―虐待、奨学金、介護離職、ブラック企業…。今、日本で起こっている「貧困」問題とは?【著者インタビュー】

『一億総貧困時代』(雨宮処凛/集英社インターナショナル)  雨宮処凛さんは貧困問題に取り組む「反貧困ネットワーク」世話人で、若者の「生きづら…

絶大な人気を誇る小泉進次郎氏の演説―ビジネスシーンでも活用できる極意とは?

『小泉進次郎「先手を取る」極意』(向谷匡史/青志社) 「自民党をぶっ壊す」  小泉純一郎氏はわかりやすいフレーズを武器に2001年から200…

ドナルド・トランプの大統領就任演説を完全対訳! ポイントとなる文法、単語など“勝者の英語”を徹底解説

『完全対訳 CDつき トランプ大統領就任演説』(訳:デイビッド・セイン、特別寄稿:財部誠一/主婦の友社)  現地時間2017年1月20日(金…

そうだったのか!池上彰と佐藤優が教える ニュースから世界を読み解く「最強の読み方」

『僕らが毎日やっている最強の読み方 新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』(池上彰、佐藤優/東洋経済新報社)  …

“田中角栄を殺した男” はいったい何者なのか? 永田町の舞台裏、政争・駆け引きのリアルを教えてくれるドキュメンタリー

『政争家・三木武夫 田中角栄を殺した男(講談社+α文庫)』(倉山満/講談社)  2016年の日本の出版界は、故・田中角栄元首相の回顧ブームに…

トランプ大統領の誕生まであとわずか―日本の未来はどう変わるのか

『トランプ後の世界 木村太郎が予言する5つの未来』(木村太郎/ゴマブックス)  アメリカの大統領選挙で、ドナルド・J・トランプが勝利を収めて…

「忘却は、罪である。」宝島社の新年の企業広告、2017年は“世界平和”をテーマに

 毎年ユニークな企業広告を打ち出してきた宝島社の企業広告「忘却は、罪である。」が、2017年1月5日(木)に朝日新聞・読売新聞・毎日新聞・産…

そうだったのか! 池上彰と津田大介が教える「テレビ・新聞・ネット」を読む技術

『池上彰×津田大介 テレビ・新聞・ネットを読む技術(中経の文庫)』(KADOKAWA)  テレビのニュース解説でおなじみの池上彰と、ウェブメ…

「トランプのアメリカ」は中国にどう対峙する?

『トランプVS習近平 そして激変を勝ち抜く日本』(KADOKAWA)  2016年、イギリスのEU離脱の国民投票に続いて、もう一度世界が驚い…

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集


ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

ページの先頭へ