注目ワード ニュース チャンネル 電子書籍 書籍・雑誌
82件

注目の新刊(2015年4月)

ノンフィクション作家・高野秀行の『恋するソマリア』が刊行された。講談社ノンフィクション賞を受賞した『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)に続くソマリア本の第2弾。ほぼ無政府状態のソマリアは今いったいどうなっているのか? ソマリアの深奥をのぞき見る、ソマリア愛にあふれた1冊。

池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 23 中上健次

池澤夏樹曰く「わずか一世代前、人はこんなにも奔放に生きていた」。20世紀後半に出現した新たなる神話の創造者としての中上健次作品は、池澤の選により新しい読者にも確実に届くことだろう。主要作品における作中登場人物の系図など、参考資料も充実している。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

北半球の南十字星

  • 著者名 : 沢村浩輔
  • 発売元 : 東京創元社
  • 価格 : 1,944円
  • Amazonへ

海賊討伐で名を馳せた海軍提督バロウズ卿が、海賊連合〈南十字星〉の首魁リスターに誘拐された。提督救出を目指す海軍防諜部のマクミラン少佐は、剣の名手クリフォード大尉を海賊船に潜入させ、彼の相棒として元役者のソープを選び任務にあたらせるのだが……。

シンドローム

空が青く澄みきった10月のある日、教室で頬杖をついていたぼくは、八幡山に落下する謎の火球を見た。やがて、大規模な地盤陥没が起き、町は沈み始める。でもぼくは、同じクラスの久保田葉子との距離が気になる。日常と非日常が溶け合う、“リアル”な青春SF小説。

たんぽぽのお酒 戯曲版

SFの巨匠による代表作が、1957年に出版された『たんぽぽのお酒』だ。12歳少年の夏をノスタルジックなエピソードとともに描いた同書は、88年に著者自らの手で戯曲化された。1928年が舞台の作品をどう効果的に見せればいいのか、端的に記した演出ノート付き。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

ハイスクール・ローレライ 運命のひと耳惚れ

生まれつき人一倍聴覚が優れていた田野音好。高校の入学式で、理想の声を持った“美声の君”二宮向日葵に出会った音好は、彼女が所属する朗読部への入部を決意する。個性豊かな部員たちと、次々に巻き起こる波乱万丈な大事件! 第16回えんため大賞優秀賞受賞作。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

みんなバーに帰る

人はどこまでダメになれるのか? 夜ごとハリウッドの外れのバーに集結する、ありとあらゆる種類のダメな人々。ウイスキー、テキーラ、ビールにコカインが乱舞する夜が明け、そしてまた夜が訪れる……。『シスターズ・ブラザーズ』が話題を呼んだ、奇跡のデビュー作。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

怪物島 ヘル・アイランド

洋上の廃棄物が大量に流れ着く〈太平洋ゴミベルト〉。その調査に赴いたマゼラン号は台風に遭遇し、孤島に漂着することになった。一見平穏に見えた島にはあるものが棲みついていて……。想像を絶する怪物が迫りくる、新世代作家のモンスター・パニック巨編。b

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

点をつなぐ

コンビニチェーンでスイーツの商品開発に携わる28歳の女性が主人公。東京、地元、進路、恋人、仕事、服、デートコース、これまでのさまざまな選択は正解だったのだろうか? あくまで冷静に悩む主人公の姿は、同様に選択し続けるすべての働く人々の共感を呼ぶだろう。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

メンヘラ刑事

IQ190。趣味は、自殺方法の研究。国家試験トップ合格のエリート警部補・梅林寺凛々子は、研修生として兵庫県警の殺人犯捜査第一係に配属される。先輩刑事の竹山と対立しながらも事件を次々と解決していくが、警察官暴行事件の凶器から凛々子の指紋が検出され――。

鶴ヶ島コンビ二戦記

コンビ二が店舗ごとに代表2名を決めて戦う「コンビ二バトルオリンピック」。このトーナメントで優勝した店舗は、莫大なスポンサー収益と増客が約束される。全国6万店から選ばれた上位7チェーンの戦士(アルバイター)は、壮絶な戦いに身を投じるが……。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

指の骨

兵士の多くがマラリヤで命を失っていく南洋の野戦病院で、若き兵士が見たものとは? 戦争未経験の34歳が圧倒的なリアリティを持って太平洋戦争を描いた第46回新潮新人賞受賞作にして、芥川賞候補作。芥川賞の選考委員にも描写力や文学的センスは、高く評価された。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

ユグドラシルの樹の下で 2

ミズキ、アキト、ミーアからなるチーム「ヨイマチ」は、ネウサナトラム村でハンター活動に精を出していた。そこに、チームが知る剣姫の兄で隣国の次期国王がやってきて、娘のサーシャを預けていく。メンバーが増えたチームの異世界での冒険はどうなる?

しるしなきもの

日本一のヤクザ組織の長・早田征城と、妾腹の子・桂介。母を捨てた父を抹殺するため、早田組に入った桂介は、裏切り者であること、そして、決して知られてはならないもうひとつの秘密を抱えながらも着々とのし上がっていくが……。あらゆる常識を揺るがす衝撃の一作。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

少年探偵

《怪人二十面相》が犯行を重ね、恐怖と混乱が渦巻く帝都東京。その片隅で、少年・芳雄は命を懸けて“真実”を告発しようとしていた。時を同じくして、名探偵・明智小五郎がおよそ10年ぶりに復活。二十面相に挑戦状を叩きつける。乱歩生誕120年記念オマージュ第3弾。b

嗤う淑女

野々宮恭子のクラスに、中1の秋に転校してきた蒲生美智留。その美貌や明晰さに憧れる恭子だったが、二人はある秘密を共有する。27歳になった美智留は「生活プランナー」を名乗り、活動を始める。しかし、そのアドバイスに従った人々は、次々に罠に堕ちて……。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

筒井康隆コレクションⅠ 48億の妄想

日本を代表するSF作家にして文学界の巨人・筒井康隆。その「現在は手に入らない」作品を集めたシリーズの第1弾。処女長編の「48億の妄想」、年少読者向けの入門書「SF教室」などのほか、筒井家による幻の家族同人誌「NULL」も一部収録されている。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

精鋭

地域課に配属された新米警察官・柿田亮は、正義とは何かについて悩むうち、機動隊を志望する。温かく見守ってくれる上司や仲間に支えられながら、亮は少しずつ一人前の警察官に成長してゆき……。著者が初めて特殊急襲部隊(SAT)に挑んだ新しい警察小説。

  • ジャンル : 小説・エッセ
  • レビュアー : 朝宮運河

三成の不思議なる条々

関ヶ原の合戦から30年。戦の記憶も薄れかけた泰平の江戸で、亡き石田三成を知る人々を訪ね歩く町人がいた。敵対武将の家臣、三成の小姓、尼、和尚……。さまざまな視点で暴かれる、敗軍の将・三成の素顔と挙兵の真実。そして、町人が受けた「密命」の行き着く先とは?

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

素足の季節

高校に入学した香織は、読書と孤独が好きな内向的な少女。美人で成績優秀だが反抗的なマミに演劇部に誘われ入部し、ひょんなことからチェーホフ『かもめ』のアレンジ脚本を担当することになる。劇上演を目指す美しい少女たちの悲喜こもごもを描いた青春小説だ。

おまめごとの島

東京での苦く痛い思い出を胸に小豆島に渡った30代の超イケメン・秋彦のもとに、冷たい瞳の少女がやって来た。絶賛された小説現代長編新人賞受賞作の前作『お父さんと伊藤さん』同様に、家族や恋愛、職場の人間関係を巧みに練りこんだ、苦悩と笑いと涙の物語。b

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

図書館の魔女 烏の伝言

逃避行の果てに港町にたどり着いた地方官僚の姫君と近衛兵の一行。しかし姫君は囚われ、兵士たちの多くは命を失う。山中で姫と心の交流を深めていた男は、一羽の烏とともに行動し始める。さて姫君は救出されるのか? 話題のメフィスト賞作家によるファンタジー巨編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

朽ちないサクラ

被害届の受理を引き延ばし、ストーカー殺人を未然に防げなかったと新聞にスクープされた米崎県警平井中央署生活安全課。県警広報広聴課で働く森口泉は、親友の新聞記者・千佳が漏らしたのではと疑う。しかし、千佳が何者かに殺されて――。大藪賞作家、異色の警察小説。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

桑港特急

アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、小笠原父島で暮らす兄・丈二と弟・子温。丈二が18歳になった1849年、兄弟は夢と勇気を胸に、ゴールド・ラッシュに沸くサンフランシスコへ向かう。日本~中国~アメリカの国境を越えた家族愛と男たちの絆を描く冒険大長編。

恋路ヶ島サービスエリアとその夜の獣たち

四国と淡路島の境目にある、恋路ヶ島サービスエリア。ある夜、SAの売り子の理代子は、新入り清掃士・マキノの「静かな夜です。気をつけて」というひと言から、事件に巻き込まれていく。その夜、SAに集まったさまざまな“獣”たちが繰り広げる、ポップな長編ミステリー。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 石森康子

デブを捨てに

「デブを捨ててこい」。そう命じられた借金まみれの俺は、巨漢の女を車に乗せて北に向かった。目指すはデブの処分場だ――。暴力とユーモアを満載した表題作ほか、「いんちき小僧」「マミーボコボコ」など、最悪の泥沼にはまりこんだ者たちを容赦なく描いた作品集。b

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

花とアリス殺人事件

石ノ森学園中学校に転校してきた有栖川徹子(通称・アリス)。「花屋敷」と呼ばれて恐れられている隣の家には、不登校のクラスメイト・荒井花(通称・花)が住んでいた――。岩井俊二初の長編アニメーション映画を乙一がノベライズした豪華コラボレーション。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

黒崎麻由の瞳に映る美しい世界

誰もが気になってしかたがない存在感を持ちながら、誰も触れられなかった高校の同級生の黒崎麻由。文化祭の準備をきっかけに少しずつクラスに溶け込む黒崎だったが、そんな彼女のそばに僕はいたいと思った。えんため大賞優秀賞受賞の青春ストーリー。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

をちこちさんとわたし

浮世離れした青年・遠近さんと小さな家で同居生活を送っている「わたし」。過去の記憶を持たないわたしは、この家に監禁されているのだろうか。やがて静かな暮らしにも変化の時が……。『さようなら、うにこおる』で注目された新鋭による、はかなく美しい幻想物語。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

元気で大きいアメリカの赤ちゃん

白人夫妻に生まれたインクのように黒い赤ん坊の物語から、訪問販売員を納屋で飼う話まで。現実を縦横無尽に侵食する想像力が、読者をとんでもない所へと運んでゆく。『イースターエッグに降る雪』の著者による奇妙で不気味、美しいのにどこかユーモラスな短編集。

夕暮れ密室

待ちに待った文化祭の前夜、バレー部マネージャーの女子生徒が、セミナーハウスのシャワールームで遺体となって発見された――。『星の歌、風の口笛』の著者が多感な高校生男女の切ない想いを描いた傑作学園&青春ミステリー。斬新な密室トリックにも注目だ。

千日のマリア

  • 著者名 : 小池真理子
  • 発売元 : 講談社
  • 価格 : 1,620円
  • Amazonへ

人は老いて、死ぬ。だから、性と生に溺れる――。義母の葬式で、男が思い浮かべた女の姿とは。生と死、愛と性、男と女を見つめ続けた珠玉の8編を収録。『恋』『無花果の森』『沈黙のひと』などの作品で知られる名手・小池真理子の現在地を示す9年越しの最新作品集。b

宰相A

「おまえは日本人じゃない、旧日本人だ。そして我が国は今も世界中で戦争中なのだ!」作家Tが迷い込んだのは、国民が制服を着用し、平和的民主主義的戦争を行い、戦争こそ平和の基盤と宰相Aが煽る「もう一つの日本」だった。獰猛な想像力が放つ怪物的野心作!

サンティアゴの東 渋谷の西

人生に迷っている時に初恋の人と再会したサンティアゴ。家族について何も話してくれない婚約者の両親に初めて会いに向かった青森――。世界の片隅で、日本の片隅で、今日も誰かが小さな運命の一瞬を迎えている。温かい感動が降り積もる著者初の短編集。

幸せ嫌い

未婚のまま30歳を迎えた麻美は、母の又従姉妹・克子が経営する結婚相談所でアルバイトを始める。そこで彼女が出会ったのは一癖あるスタッフたちと、出入りのイケメン電器屋・緑川だった。相談所を訪れる人々との出会いの中で、麻美の結婚観にも変化が訪れて……。

死んでたまるか

負けてたまるか――。薩長に媚びず幕臣の意地を懸けて立ち上がった反骨の歩兵奉行・大鳥圭介。若き日、貪欲な知性でフランス式軍学を学んだ大鳥は伝習隊を率い激戦の旅を戦いぬく! 最後まで諦めぬ心で、榎本武揚や土方歳三にも信頼された指揮官を描く幕末大作。b

リバース

詐欺や横領といった知能犯と対峙する警視庁捜査二課第三知能犯捜査係。『ナンバー』『トラップ』でおなじみの“三知”が手がけるのは、原発事故で甚大な被害を被った福島を舞台にした詐欺。だが、事件の鍵を握る人物が殺害され、捜査する捜査一課と対立する。

無銭横町

田中英光の作に出会い、人生が変わりゆく10代最後の日々。優れた小説が甦らしめた少年の日の追憶。花冷えの夜道を歩いてひとときの幻影を追い、原稿用紙の束を前に呻吟する――。私小説への殉情、無頼派の矜持。デビュー10年、ますます冴えわたる最新6短編。

異邦人

京都に滞在中の菜穂は、ある画家の一枚の絵に魅せられる。彼女の名は白根樹。口がきけない画家と菜穂のドラマが動き始める――。『楽園のカンヴァス』『ジヴェルニーの食卓』『太陽の棘』などアートと人生の関わりを描いてきた著者による、渾身の最新長編。

神さまたちの遊ぶ庭

北海道を愛する夫の希望で、福井から大雪山国立公園のトムラウシに移り住んだ作家・宮下奈都家の1年間の記録である。大自然や人との関わりの素晴らしさだけではなく、現地で日常生活を築いていく様子やストレスに悩む姿もきちんと描かれていて、引き込まれる。b

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 工藤渉

恋するソマリア

講談社ノンフィクション賞受賞作『謎の独立国家ソマリランド』に続く、ソマリ探訪記第2弾。「普通は本一冊分の取材が終われば、その土地や民への関心も一段落するのだが、ソマリの場合だけは、むしろ強くなってしまったのだ」と、かの地の魅力が体当たりで示されている。

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 土田美樹

ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険

野良猫ボブと出会い、人生を取り戻した元ホームレスの青年ジェームズ。愛とユーモアにあふれた二人の暮らしは穏やかさに満ちていたが、さらなる困難が立ちはだかるのだった。世界中が感動したベストセラー『ボブという名のストリート・キャット』、待望の続編。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

まんが家さんの修羅場めし

締め切りと格闘し作品を生み出しているマンガ家たち(池田理代子、井上純一など)を徹底取材、特に仕事中(修羅場)の食事にフォーカスした。食べる時間(噛む時間)がもったいなくてお茶漬けの日々など、マンガ家の知られざる実態を描いたコミックエッセイ。

ある一年 京都ごはん日記2

日々おこる、出会いと別れ――。『京都ごはん日記』第2弾は、著者にとって長男・一日(ひとひ)くん誕生という、特別な時間が詰まった2010年2月1日〜11年1月31日の日記。特別付録「いしいしんじの京都地図」「『生と死』のレコードマップ」「美味しい店」つき。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 石森康子

オスカー・ワイルドの妻 コンスタンス 愛と哀しみの生涯

19世紀末の英国を代表する作家、オスカー・ワイルド。彼に愛され、不幸の底に落とされた、美貌の妻コンスタンス。彼女の波乱の人生と、夫妻の真実を、膨大な手紙や未公開資料をもとに追う。オスカーの同性愛発覚と投獄で破滅へと向かった愛と苦悩の生涯に心打たれる。

スコット親子、日本を駆ける 父と息子の自転車縦断4000キロ

インテルに勤めて11年、40歳の父は思った。「子どもたちとの夢の冒険を計画する」。そして決行された、北海道の宗谷岬から九州の佐多岬まで日本を縦断する自転車旅。ファミリー冒険家として自転車旅行を続ける著者の、冒険家人生の起点となった67日間の記録。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 土田美樹

満腹論

シンガーの坂本真綾が、世界中や日本国内を旅する中で出会った料理や、家族や友人と食べた思い出の料理、さらには仕事や日々の生活の中での出来事を綴った一冊。何気ないシーンのスケッチが心に響く、読めばおなかも心も満たされる満腹エッセイだ。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

男しか行けない場所に女が行ってきました

男性向けの雑誌で風俗店などを取材したレポートマンガを連載していた著者が、当時思っていたがメディアの制約で描けなかったあれこれを開陳した。ピンク映画館や密着型理髪店など「男しか行けない場所」の数々が、あくまで男性の欲望抜きで語られる様は痛快である。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

ぐるっとイタリア4000キロ!~船でめぐった港町~

  • 著者名 : 野村佑香/著 NHK-BS「ぐるっと長靴 ~イタリア半島 港町巡り」制作班、陣内秀信、玉井美子/監修
  • 発売元 : イースト・プレス
  • 価格 : 2,484円
  • Amazonへ
  • 楽天ブックスへ

ジェノヴァからヴェネツィアまで17の港町を巡る、NHK-BSの旅番組「ぐるっと」シリーズの紀行エッセイ・イタリア編。リポーターの著者が“海から目線”で街を見、そこに生きる人々と出会い、個性的な町の歴史を独自の視点で綴る。カメラに映らない舞台裏や写真も満載。

モルテンおいしいです^q^

シカゴから2泊3日の間、大陸横断鉄道でアメリカの荒野や森を駆け抜け、揺られ揺られてサンフランシスコへ。アメリカのラーメン事情やサンフランシスコのグルメ案内、旅で出会った不思議な人々や出来事。ちょっと違うアメリカが楽しめる作家夫婦の珍道中の記録だ。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

延長50回の絆 中京vs崇徳 球史に刻まれた死闘の全貌

2014年の8月。軟式野球の全国大会で、前代未聞の延長50回、4日間で延べ10時間18分におよぶ試合が行われた。史上最長となった試合を作り上げたのは、何だったのか。1398球を投げ合った両投手のバックグラウンドや指導者の声、試合経過を追ったノンフィクション。b

  • ジャンル : 教養・人文・歴史
  • レビュアー : 土田美樹

オカザキ・ジャーナル

『朝日ジャーナル』誌に連載された「週刊オカザキ・ジャーナル」と、宗教人類学者・植島啓司氏との往復通信「コトバのカタログ」という二大連載エッセイを完全収録。伝説のマンガ家・岡崎京子の底知れぬ力と魅力が横溢する、ファン必見のエッセイ集。解説は古市憲寿。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 田島薫

銀の街から

『朝日新聞』紙上で長年続く名物映画エッセイ連載が、2冊連続で待望の単行本化。邦画洋画を問わず、世界各国の多様な映画を1本ずつ取り上げ、作品のテーマや社会背景、監督の作意、役者の妙について、著者ならではの人生観や思索を交えて綴っている。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 朝宮運河

宿坊さんぽ

朝のおつとめ、座禅、尼僧修行など女ひとり旅でも楽しめる話題の宿坊で、モヤモヤした日常をリセットしよう。開創1200年を迎え盛り上がる高野山をはじめ、関東、京都の宿坊・体験スポットを訪問。1泊2日のプチ出家の楽しみ方がよくわかるコミックエッセイ!

諸行無常のワイドショー

バッシング・恋愛スキャンダル・ゴリ押し……。私たちが日々ワイドショーで目にする芸能人に関するニュースはさまざま。本書はそんなゴシップを辛酸なめ子流の視点を通して妄想した一冊。ワイドショーの向こうに、現代社会の抱えるさまざまな問題が見えてくるかも!?

美しい女性をつくる 言葉のお作法

何を伝えるのかも大切だが、同じくらい重要なのが上品で心遣いを感じさせる言葉で伝えることだ。本書は「反対する」「断る」など言葉選びの難易度が高い状況までカバーした、非常に使える作法本だ。言葉の選択と同時に、社会人としての基本的な考え方も身につくはず。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

はじめてのお遍路さん

若い女性たちの間でもブームとなっている「お遍路」。88カ所を全部回りきるのは決して楽ではない。そこで、女性一人でも安心して結願できるようにサポートするのが本書。遍路道、移動手段、遍路ルート上にある景勝地など情報盛り沢山なので、効率的に達成できるだろう。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

料理を変える つけ合わせバリエーション

目にも舌にも、メイン料理のおいしさを引き立てる「つけ合わせ」。じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、といった定番素材に加え、うどやれんこん、米など、32の素材別レシピを紹介。マッシュやピューレ、野菜グラタン、つけ合わせにもなるソースなど、ヒントが満載のレシピ集。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 石森康子

ゆる猫生活 猫たちとゆるく楽しくつきあう方法

猫と暮らす著者がその日常を写真と文章で綴った一冊。あくまで猫の写真が主役だが「猫が書いたのでは」と評されるほどの文章も楽しく、真の意味で癒される。人間より猫の数が多い宮城県・田代島や、ハノイの看板猫たちなど旅行先でのレポートも充実している。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

妖怪 ひみつ大百科

本当にいたかもしれない“いい伝え”の妖怪たちが大集合! 鬼や天狗など「山の妖怪」から、「海・川の妖怪」、「特別な場所の妖怪」、「人里の妖怪」、座敷わらしなど「家・屋敷の妖怪」まで、日本各地の妖怪を完全収録。それぞれの妖怪の豆知識やレア度、危険度もわかる。

大人らしさって何だろう。

大人と呼ばれる年齢になると改めて意識する「大人らしさ」。ホテルや航空会社での要人接遇の経験から「話し方」などを教えるスクールを立ち上げた著者が、口角を上げることから胸を張れる生き方まで40項目にまとめた「大人らしさ」。「人付き合い」「価値観」など全8章。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 土田美樹

ナポリ食堂「ダイーサ」のまかないイタリアン

「まかない飯」=あるもので手間をかけずに、もちろん美味しく、満足できるメニューをコンセプトに、人気行列店のオーナーシェフが家によくある食材でつくる、「超かんたんイタリアン」。あまったパスタの利用法や、パンでつくるピッツアなど、料理が苦手な人も必見。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 石森康子

はじめての男の婚活マニュアル

  • 著者名 : 男の婚活研究会/著 パートナーエージェント/協力 おちまさと/企画プロデュース
  • 発売元 : 秀和システム
  • 価格 : 1,944円
  • Amazonへ
  • 楽天ブックスへ

知らず知らずのうちに、NG行為を取っていませんか? 婚活に悩む男性のため、シーンごとに丁寧かつ細かくアドバイスしてくれる、ありそうでなかった男性向けのマニュアル。楽しいイラストがふんだんに使用されていてわかりやすく、成功が期待できそうだ。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 桑島まさき

オリーブオイル “冷えとり”レシピ

“万能オイル”といわれるオリーブオイルと旬の食材を使う体質改善メニューを集めたレシピ集。体を温める「お豆腐のおこげあんかけ」、血流を改善する「アヒージョ」、腎機能促進の「切り干し大根の坦々麺風」など、悩み別の美味しい料理で健康+キレイを手に入れよう。b

飛田和緒さんの「食パン」ごはん ひだパン

朝のバタバタ、子どもの送り迎えや習い事や塾の前に、パクッと頬張れて、ちゃんとおいしい。日々の生活の中から出てくる、肩肘張らないレシピで女性読者に大人気の著者が、「食パン」ごはんのレシピを教えてくれる一冊。普段のパン食がもっと楽しくなる!b

プチ・パリにゃん

パリで暮らす猫たちを撮影した大人気シリーズ「パリにゃん」、待望の最新刊。今回は生後3週間から10カ月までの子猫たちにスポットを当て、小さくて愛らしい姿を追っている。これからどんなパリにゃんに育っていくのか。想像するだけで楽しい気持ちになれる一冊。

銭湯の番台が心がけている常連さんが増える会話のコツ

目指すべきは「感じがいい」接客。廃業寸前の銭湯を引き継ぎ、半年で来店者数5割増、売り上げを2倍にした、浅草「日の出湯」4代目が教える、お客さまとのコミュニケーションのコツとは。「お客さまに心地よくなってもらい」、世代を超えて会話がはずむヒントが満載!

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 石森康子

GO WILD 野生の体を取り戻せ!科学が教えるトレイルラン、低炭水化物食、マインドフルネス

  • 著者名 : ジョン・J・レイティ、リチャード・マニング/著 野中香方子/訳
  • 発売元 : NHK出版
  • 価格 : 2,376円
  • Amazonへ
  • 楽天ブックスへ

山の中を走り(トレイルラン)、炭水化物に依存せず、野生の覚醒した脳を目指す(マインドフルネス)……。本書は、人間としての健康や幸福にはつながらない現代の生活から、狩猟採集生活を送っていた祖先の姿に近づくための方法論が詰まった革命的な一冊である。

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

金なし!コネなし!才能なし!でも 人生を後悔しない“僕が選んだ生き方”

国内外で活動するスプレーアートアーティストYOSHIが、「人生を心から楽しんで生きる」方法を伝授。高校受験失敗やブラック企業就職を経て自分の夢を現実に変えてきた半生を振り返りながら、“成幸者”になるためのヒントやセルフブランディングの秘訣などを披露する。

ネムリユスリカのふしぎな世界 この昆虫は、なぜ「生き返る」ことができるのか?

体の水分を失い、カラカラに乾燥した状態の幼虫に水を与えてやると、1時間足らずで生き返るというネムリユスリカ。超高低音も放射線もへっちゃらというこの驚くべき昆虫の秘密を、独立行政法人農業生物資源研究所の研究者が解き明かした興味深い一冊。

  • ジャンル : IT・科学・医学
  • レビュアー : 田島薫

新種の冒険 びっくり生きもの100種の図鑑

  • 著者名 : クエンティン・ウィーラー、サラ・ペナク/著 西尾香苗/訳
  • 発売元 : 朝日新聞出版
  • 価格 : 3,024円
  • Amazonへ
  • 楽天ブックスへ

世界にはまだ知られていない珍しい新種の生きものがいる。とても小さいもの、巨大なもの、美しいが無気味なものなど、今世紀に発見された変な生きもの100種を選定し紹介する。それらのリアルな生態を通して、生命の多様性への理解や認識が深まることだろう。

プロカウンセラーの共感の技術

専門的な技術指南書を思わせるタイトルだが、誰もの日常で役立つ小さな心がけが42編収められたヒント集。京都大学でカウンセリングルーム室長を務める大学教授が、「共感」というキーワードをベースにさまざまな事例を出しながら、円滑な対人関係のコツを解説している。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 土田美樹

ぼくは、世界一楽しいサラリーマン

会社は、きみの武器だ。「思い切り仕事ができる上に、資金繰りも気にしなくていいサラリーマンは、この世でいちばん自由でいちばん楽しい職業」という著者が、社内の異端児に贈る究極のバイブル。人生の主導権を取り返し、会社をやめずに自由に働くための89の言葉。

  • ジャンル : ビジネス・社会・経済
  • レビュアー : 石森康子

新版 アフォーダンス

21世紀の人間研究のキーワードとして、人工知能からモノづくり、アートまで、多様な領域で注目を集める「アフォーダンス理論」。新しい「知の方法」である同理論をわかりやすく解説したロングセラーが、20年ぶりの大改訂を加えて登場。「知性の本質」に迫る決定版だ。

セロ弾きのゴーシュ

金星音楽団のゴーシュは、うまくセロが弾けず、楽長にしかられてばかり。演奏会も近づき、夜中までセロの練習をしていると、奇妙なお客たちがやってきて……。あの名作が新しい絵とともに生まれ変わった。サイズもコンパクトなかわいらしい絵本に仕上がっている。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 工藤渉

サザエさんえほん わかめちゃんとおまわりさん

  • 著者名 : 長谷川町子
  • 発売元 : 朝日新聞出版
  • 価格 : 860円
  • Amazonへ

マンガ『サザエさん』は、特に昭和時代、家族そろって楽しめる国民的な作品だった。その世界を絵本化したシリーズが、原画からの再現で40年ぶりに復刊。サザエさん一家の日常、ご近所づきあい、人と人の繋がりの深さなど懐かしく参考になることばかりだ。b

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 桑島まさき

たんていネズミ ハーメリン

オフリー通り33番地の屋根裏に住む、小さな白いネズミのハーメリン。ハンドバッグやメガネ、ペットの金魚などなくし物で困る町の人を助けて回るハーメリンに、人々は感謝の宴を設けるが……。賢く活発なハーメリンに、行動する勇気をもらえる絵本。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 土田美樹

ぷんぷんヒグマ

雨を避けようと洞穴にやってきたヘラジカやライオン、シマウマにヒツジ。奥で寝ていたヒグマが起こされて、怒り始めたから大変! 雨の中に追い出された動物たちは、さてこれからどうする? オーストラリア児童図書賞受賞作家が描く、躍動感あふれる動物絵本。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 田島薫

サムとデイブ、あなをほる

  • 著者名 : マック・バーネット/文 ジョン・クラッセン/絵 なかがわちひろ/訳
  • 発売元 : あすなろ書房
  • 価格 : 1,620円
  • Amazonへ
  • 楽天ブックスへ

おじいちゃんの家の庭で、穴を掘り始めたサムとデイブ。頑張り屋のふたりは、「すっごいものを見つけるまで」下に、橫に、斜めに、掘って掘って、どんどん掘り進む。へとへとになって深い眠りに落ちたふたりが、行き着いた場所は? 意外性あふれるラストが楽しい絵本。

  • ジャンル : 絵本・こども・図鑑
  • レビュアー : 石森康子

ジャパノロジー・コレクション 和菓子 WAGASHI

知っているようで知らない日本の文化をオールカラーで伝える「ジャパノロジー・コレクション」の第1弾。目にも舌にもおいしい和菓子の歴史や種類などが豊富な写真や図版と、わかりやすい文章で楽しみながら理解できる。同時発売の『妖怪 YOKAI』もおすすめだ。b

  • ジャンル : 趣味・実用・カルチャー
  • レビュアー : 工藤渉

世界がジャパニーズマンガを描いてみた 第2回サイレントマンガオーディション受賞作品

セリフのない短編マンガ作品を海外から年に一度募集し、マンガでの演出力を審査する地球規模の国際漫画賞。第2回は「最高の笑顔」が募集テーマ。世界65の国と地域から609点の応募があった。国境を超えた巧みなマンガ表現に思わず感嘆させられる。

  • ジャンル : コミック
  • レビュアー : 田島薫

サイレンと犀

今を詠う若い歌人の瑞々しい作品を紹介する「新鋭短歌シリーズ」。第2期第2陣(3冊)のひとつ。日常のなんでもない一瞬を切り取り、特に大きな話題にならないと思えるものを通して、人生や生命といった普遍的テーマについて問いかける。深みのある作品ばかりだ。

もう一度読みたい 教科書の泣ける名作 再び

表紙に描かれている『スーホのしろいうま』をはじめ、『よだかの星』や『少年の日の思い出』など、小・中学校の教科書に採択された短編や詩が計14編。各作品には、簡単な著者紹介と教材としての使い方がポイント解説されている。懐かしむもよし、新たな味わいを楽しむもよし。

  • ジャンル : 小説・エッセイ
  • レビュアー : 土田美樹

※最新の価格はストアでご確認ください。

人気記事ランキング

ダ・ヴィンチ×トレインチャンネル

特集

ダ・ヴィンチニュースの最新情報をチェック!

雑誌ダ・ヴィンチ

BOOK OF THE YEAR2016特集
2016年12月6日発売  定価650円


ページの先頭へ