瑛太「俳優として、坂元裕二さんの一言一言を信じています」

あの人と本の話 and more

2017/10/6

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、映画『リングサイド・ストーリー』で売れない役者を演じる瑛太さん。今作以外にも何かと縁のあるプロレスについて、主演ドラマ『最高の離婚』『それでも、生きてゆく』でタッグを組んだ脚本家・坂元裕二の『往復書簡 初恋と不倫』について語ってもらった。

瑛太さん
瑛太
えいた●1982年東京都出身。2001年ドラマ『さよなら、小津先生』で俳優デビュー。坂元裕二脚本の主演ドラマ『それでも、生きてゆく』『最高の離婚』が話題に。出演映画『ミックス。』(10月21日)、『光』(11月25日)、『友罪』(2018年5月)が公開を控える。また2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』に大久保利通役で出演予定。
ヘアメイク:KENICHI for sense of humour(eight peace) スタイリング:猪塚慶太

 実はプロレスと関わることの多い瑛太さん。ドラマ『まほろ駅前番外地』では覆面レスラーに扮し、『最高の離婚』でもDDTプロレスリングの高木三四郎社長に技をかけられ、『ハロー張りネズミ』では新日本プロレス・後藤洋央紀選手と共演。プロレスというものを、瑛太さんはどう見ているのだろう。

「命がけで、ものすごく肉体を使う舞台、みたいな……常に見られることを意識して“演じている”ということでもありますよね。だから皆さん、すごく演技がうまかったです。自然でしたね」

 今回選んだ本『往復書簡 初恋と不倫』は、やはり俳優として「自分が演じるなら」と想像しながら読んだという。

「それで最後まで読んだら……もうこれ、すでに朗読劇がやられているんですよね(巻末に公演記録がある)。だから、読み終わった時、実はちょっとイラっとしてしまって(笑)。しかもキャストの方たちがすごくいいですよね。今回再演した時は太賀さんだったんですか。……またいい俳優さんじゃないですか。やりたかった!」

 本気で悔しがるほどに、坂元さんのセリフへの、瑛太さんの思い入れは強い。

「今まで味わったことのないような感覚に陥ることができるし、俳優として坂元さんの一言一言を信じています。また僕を書いてほしいなあと思います」

 ただ、坂元さんをよく知るだけに、こんな弊害が……。

「僕は基本的に、顔を明かしていない作家さんのものを読むほうが好きなんですよ。その人の顔が浮かんでしまうので。この本(『往復書簡 初恋と不倫』)を読んでいても、女の人のセリフなのに、坂元さんの顔がずっと浮かんでいて……それだけセリフが“坂元さん”だということなんですけどね(笑)」

(取材・文:門倉紫麻 写真:干川 修)

 

映画『リングサイド・ストーリー』

映画『リングサイド・ストーリー』

監督:武 正晴 出演:佐藤江梨子、瑛太、有薗芳記、田中要次/高橋和也/近藤芳正、余 貴美子ほか 配給/彩プロ 10月14日(土)ロードショー
●売れない役者・ヒデオを信じて支えるカナコは、プロレス団体の裏方、その後K1の広報として働くことに。だがヒデオは仕事をすっぽかすうえ、K1チャンピオンに喧嘩をふっかけ、リングで対決することに……。プロレスラー・黒潮“イケメン”二郎、格闘家・武尊の演技も光る。
(c)2017 Ringside Partners