村上虹郎「チンタは花形だと思った。役者として演じてみたいシーンのオンパレードでした」

エンタメ

公開日:2021/8/22

小説 孤狼の血 LEVEL2 (角川文庫)

著:
その他:
出版社:
KADOKAWA
発売日:
村上虹郎

 ついに公開された映画『孤狼の血 LEVEL2』。柚月裕子さんによる「孤狼の血」シリーズを原作にした、映画完全オリジナルストーリーが展開される話題作だ。前作では広島を舞台に、刑事と暴力団との激しい衝突が描かれた。続編となる本作の舞台も広島であり、そこで前作以上の抗争が活写される。

 主人公を務めるのは、松坂桃李さん演じる刑事・日岡。前作で亡くなった刑事・大上の意志を受け継ぎ、暴力団たちに迫っていく。

 そんな日岡のスパイとして暗躍するのが、青年・チンタ。演じるのは若手実力派俳優として知られる村上虹郎さんだ。作中ではどこか危なっかしい雰囲気を漂わせ、物語が大きく動き出す事件の中心人物となる役どころでもある。そんなチンタを、村上さんはどのように演じたのだろうか。

(取材・文=五十嵐 大 写真=Atsuko Tanaka)

advertisement

映画オリジナルキャラのチンタに、柚月裕子さんからもお墨付きが

――チンタ役のオファーを受けたとき、どんなお気持ちでしたか?

村上虹郎さん(以下、村上):台本を読んだとき、花形だと思ったんです。役者ならば一度は演じてみたいシーンのオンパレードでした。ただ、完成した映画を観てみると、全部が良かったのでチンタが霞みそうだなって(笑)。共演者のみなさんの勢いを感じて、「もうちょっと足し算をして演じれば良かったかな?」と思うくらい。でも、あらためて良い役をいただいたと思っています。

――チンタは原作に登場しない、映画のオリジナルキャラクターです。そんなチンタにどのようにアプローチされたんですか?

村上:台本を読んだときのインスピレーションで良いのかな、と思いました。こんな風に言うと簡単に聞こえてしまうかもしれないんですけど、台本を読んでみたらチンタとのシンクロ率が結構高かったんです。作品によってはそれがないこともあって。でも、チンタは思い描きやすかった。だから役作りも難しくはなかったですね。

――村上さんから見たチンタ像とは?

村上:チンタは変化していく男です。物語前半ではまだ覚悟もできていないし、どちらかというとチャーミングなところが目立つ。でも物語が進むにつれて覚悟を決めるんです。ただ、強い男たちがたくさん出てくるなか、チンタには肉体的な強さがありません。代わりに、辛抱できる強さ、我慢強さを持っている。家庭環境も複雑だし、背負っているものがあるからかもしれない。ダメな部分もあるんですけど、きっと「チンタ、カッコいいな!」って思ってもらえるはずです。

 原作の柚月さんにご挨拶したとき、「チンタ、めちゃくちゃ良かったです!」と仰ってくださって。原作にはいないオリジナルキャラクターなので、なんとなく柚月さんとの間に距離を感じていたんですけど、ふたりで感想を話し合う時間も作れて、ものすごく興奮しましたね。

全シーン、全セリフに新しい気づきがあった

村上虹郎

――無鉄砲なところもあるチンタを、姉・真緒は非常に心配しますよね。衝撃的なシーンも多い本作において、チンタと真緒とのやりとりは「きょうだい愛」が伝わってくるシーンでした。

村上:姉ちゃん(真緒)を演じた西野さんは、撮影の途中から参加されたんです。たしか、他のドラマの撮影も入っていたと思うんですけど……。現場でお会いしたら、髪の毛を染めていて、気合が“ぶち”(編集部注※広島・山口などの方言で「とても」の意味)入っている感じだったんです。そこまで気合を入れて来ているのに、ぼくが変な遠慮をしちゃいけないなと思い、いち早く距離を縮めました。コメント撮りを一緒にやったり、タバコを吸う練習を一緒にしたりして。

――きょうだい役だからこそ、ですよね。本作を最後まで観ると、そんな真緒に秘められた強さも感じられる気がしました。

村上:姉ちゃん(真緒)は強い人だと思います。ラストシーンの姉ちゃんを観たら、「あぁ、そうくるのか……」って感じますよね。

――でも、「強さ」とは何なのか。本作ではそれも考えさせられました。

村上:「強さ」を定義するのは難しいですね……。ただ、強ければ幸せになれるのかと問われると、それはわからない。自分だけが強くて生き残ったとして、大切な仲間が全員亡くなっていたとしたら、そんな状況を幸せとは言えないですしね。チンタはチンタで弱いところも強いところもある。そんなことも感じてもらえるかなって。

――チンタを演じ切ってみて、得られるものも多かったのではないでしょうか?

村上:全シーン、全セリフに新しい気づきがありました。それと、男にとって『孤狼の血』みたいな作品に出演して、役柄を演じ切るのって夢みたいなことじゃないですか。だから、ひとつ夢が叶ったな、とも思いました。あらためてそういう場を与えてくださったことに感謝しています。ただ、白石監督のことは1回じゃ掴み切れなくて。もはや白石組中毒なので、今後もまたご一緒したいです。

――最後に本作のファンへメッセージをいただけますか?

村上:前作を観た方はもちろんですけど、仮に観ていなくても、本作は楽しめる仕上がりになっています。日岡は前作の流れをしっかり継承しているものの、本作は本作で別物として成立しているかな、と。出てくるキャラクターも含めて。なので、前作を観ていない方も気負わずに楽しんでもらえるとうれしいです。

スタイリスト=二村 毅(hannah)  ヘアメイク=橋本孝裕(SHIMA)

【プロフィール】
むらかみ・にじろう●1997年3月17日、東京都生まれ。2014年、映画『2つ目の窓』でデビュー。以降、映画を中心にドラマ、舞台と幅広く活躍。現在、大パルコ人④マジロックオペラ「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」に出演中(東京~8/31、地方公演あり)の他、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』への出演も控えている。

映画『孤狼の血 LEVEL2』

映画『孤狼の血 LEVEL2』
原作:柚月裕子「孤狼の血」シリーズ 監督:白石和彌 脚本:池上純哉 出演:松坂桃李、鈴木亮平、村上虹郎、西野七瀬ほか 配給:東映 8月20日(金)全国ロードショー ●3年前、暴力組織の抗争に巻き込まれ命を落とした刑事・大上。その後を継ぎ、刑事・日岡は広島の裏社会を治めていた。しかし、刑務所から出所した要注意人物によって、秩序が崩れていく。絶体絶命の窮地を、日岡は乗り切れるのか――。
(c)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会
公式サイト:https://www.korou.jp/

あわせて読みたい

この記事で紹介した書籍ほか

小説 孤狼の血 LEVEL2 (角川文庫)

著:
その他:
出版社:
KADOKAWA
発売日:

孤狼の血

出演:
監督:
プロデュース:
Writer:
出版社:
発売日: