【2024年】動画配信サービス(VOD)おすすめランキング!【徹底比較】 Amazon Prime Video、NETFLIX、U-NEXT…結局どれがいいの?

エンタメ

更新日:2024/1/31

Netflix

 Netflix、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、Hulu……。今の時代、パソコンやスマートフォンがあれば、いつでもどこでも動画配信サービスで映画やドラマが楽しめる。おかげで世の中には様々なVOD(ビデオ・オン・デマンド)が存在するものの、逆にサービスがありすぎてどれを使えばいいのか迷ってしまう人も多いだろう。

 各サービスの特徴は大きく異なるうえ、月額プランもピンからキリまである。もちろん費用が安いに越したことはないが、配信されている作品数にもこだわりたいもの。またドラマ、映画、アニメ、バラエティなど、“何を”見たいかによってサービスの選び方は大きく変わってくる。

「じゃあ結局、自分にはどれが合っているの?」と悩める人に向けて、本記事では初心者におすすめしたいVODをランキング形式でご紹介。基本情報はもちろん、各サービスの機能やスペックもまとめてみたので、ぜひVOD選びの参考にしてほしい。

advertisement

VOD比較表

サービス名 月額料金 配信本数 得意ジャンル 無料体験期間 サービスの特徴
Netflix 広告つきスタンダード月額790円、スタンダード月額1,490円、プレミアム月額1,980円(いずれも税込) 海外ドラマ、オリジナル作品 海外ドラマや映画のラインナップが豊富。オリジナル作品も充実しているうえ、月額料金は3つのプランから選べる。好みの作品を教えてくれるレコメンド機能つき。
Amazonプライムビデオ 月間プラン600円、年間プラン5,900円(いずれも税込) 30日間 ドラマ、映画、アニメなど、コスパ良く映像コンテンツが楽しめる。また、Amazonの配送特典やAmazon Music Primeをはじめとするデジタル特典つき。
Hulu 月額1,026円(税込) 10万本以上 日本テレビ作品、海外作品 1カ月 コスパ良く様々なジャンルの動画を視聴できる。中でも日本テレビ作品と海外作品のラインナップが豊富。
ABEMAプレミアム 月額960円(税込) およそ3万本以上 エンタメ、オリジナル番組 2週間 オリジナル番組や日本初上陸の番組など、ABEMAでしか視聴できないコンテンツが盛りだくさん。「追っかけ再生機能」や「見逃しコメント機能」などのシステム面も充実。
Disney+(ディズニープラス) 月額990円、年額9,900円(いずれも税込) 2万1000以上 ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィック 過去の名作や話題作はもちろん、ディズニーの最新作をいち早く視聴できる。
Lemino(旧dTV) 月額990円(税込) 18万本以上 韓流・アジアのドラマ、韓流・アジアの映画 31日間 作品ラインナップが充実しており、特に韓流・アジア作品に力を入れている。契約なしの無料プランでも一部映像コンテンツが視聴可能。
U-NEXT 月額2,189円(税込) 270000本(見放題作品:24万本、レンタル作品:3万本) ※2022年12月14日時点 映画(邦画・洋画)、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメの見放題作品数は国内トップクラス 31日間 業界No.1の見放題作品数を誇る。毎月付与されるポイントで有料コンテンツも視聴可能。
TVer(ティーバー) 無料 ドラマの見逃し配信 ドラマやバラエティ、アニメなど、毎週700番組以上を無料で視聴できる。
dアニメストア 月額550円(税込) 5500作品以上 アニメ 31日間 アニメの配信本数が業界トップクラスに多いうえ、最新TVアニメの見逃し配信も充実。原作コミックやライトノベルの購読、グッズの購入も可能。
FODプレミアム 月額976円(税込) 8万本以上 フジテレビ系列の作品 8万本以上の対象作品が見放題。特にフジテレビ作品が充実している。プラスαで200誌以上の雑誌が読み放題。会員登録不要の「FOD見逃し無料」も実施中。
TELASA(テラサ) 618円~(見放題プラン)/単品レンタル可能 約1万本 テレビ朝日作品 2週間 ドラマは過去のシリーズも含め「全話配信」の品揃えに強く、アニメも最大級の品揃え。加えて映画は韓国、タイなどのアジア作品も幅広く配信中。

VOD(ビデオ・オン・デマンド)とは

 まずビデオ・オン・デマンド、通称「VOD」とは、毎月定額で好きな作品を見ることができる動画配信サービスのこと。わざわざお店にDVDを借りに行かなくても、ドラマや映画、アニメ、バラエティなどの映像コンテンツを楽しめるようになる。いわば、レンタルビデオ店のネットバージョンのようなものだ。

 VODはインターネットを通して利用するサービスなので、スマートフォンやパソコン、タブレットはもちろん、ネットに接続すればテレビでも視聴可能。スマートフォンがあれば外出先でもドラマや映画が見られるようになり、テレビを利用すれば家族みんなで配信作品を視聴することもできる。好きなときに好きなものを楽しめるのが、VOD最大の特徴だろう。

テレビでVODを利用するためには?

 スマートフォンやタブレットで動画配信サービスを利用する場合は、NetflixならNetflix専用のアプリ、U-NEXTならU-NEXT専用のアプリといった具合に、まずはそれぞれのアプリをダウンロードしよう。そこから自分のアカウントでログインすれば、配信作品が見られるようになる。

 一方、テレビでVODを利用する場合はインターネットへの接続が必要。方法はいくつかあるが、簡単なのはネットコンテンツを利用できる「スマートテレビ」、または「Fire TV Stick」といったネット接続機器を利用することだ。それさえ済めば、あとはスマートフォンやタブレットと同じようにテレビで映像コンテンツが楽しめる。

 ちなみに「Fire TV Stick」は、テレビに挿すだけで動画配信サービスが使えるようになるデバイス。既存のテレビでVODサービスを利用したい場合は、この「Fire TV Stick」を用意しよう。

複数端末で同時視聴が可能

 実は動画配信サービスの多くは、複数の端末で同時視聴ができる。たとえばAさんがテレビで視聴しているとき、同時にBさんはスマートフォンで、Cさんはパソコンで視聴…といったことも可能だ。

 ただし同時視聴できる端末数は限られているうえ、中には同時視聴できない動画配信サービスもあるので、他の人とサービスを共有したい人は注意しよう。

通信料を抑えることができるオフライン再生

 VODはインターネットを通して利用するサービスなので、当然そこには通信料が発生する。しかし作品をスマートフォンやタブレットにダウンロードすることで、外出先でも通信料を気にせず、かつ電波のないところでも映画やドラマが楽しめるようになるのが“オフライン再生”だ。

 ただオフライン再生ができるかどうかは、サービスによってまちまち。できたとしてもダウンロード非対応の作品があったり、ダウンロード済みコンテンツの視聴期限やダウンロードできる数にも制限が定められていたりするので、オフライン再生に興味がある人はあらかじめ確認しておくといいかもしれない。

VODの選び方

 VODとひと言でいっても、その動画配信サービスの種類は実に様々。代表的なところでいえば、Netflix、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、Huluなどがあり、それぞれ月額料金も大きく異なる。加えてサービスによって「アニメが豊富」「見放題作品が多い」「ドラマに強い」「オリジナル作品が充実している」などの特徴があるため、“何を基準にするか”がVOD選びの肝になってくるだろう。そこでVODを選ぶ際に注目しておきたいポイント5選を紹介していく。

価格&コスパの良さで選ぶ

 まず、多くの人がVOD選びの“基準”にしているのが「月額料金」。VODの料金相場は月額500~2,500円程度で、料金によって受けられるサービスの質や量も変わってくる。

 たとえばAmazonプライムビデオは月額600円(税込)、年間プラン5,900円(税込)でサービスが受けられるが、これがU-NEXTだと月々2,189円(税込)。Amazonプライムビデオと比べてかなり高く感じるだろう。

 ただその分、U-NEXTの配信本数はかなり充実しており、見放題作品数は業界No.1を誇る(GEM Partners調べ/2023年9月)。そのほか、雑誌や漫画、ライブ映像、ミュージカルなども見放題の対象になっているため、人によってはU-NEXTもコストパフォーマンスが良いと感じるはず。だからこそ月額が安いという理由だけで判断するのではなく、サービス内容を精査することが大切だ。

興味のあるジャンルの充実度で選ぶ

 国内ドラマ、海外ドラマ、映画、アニメ、バラエティ、オリジナル作品など、VODを利用して何を視聴したいかは人によって違う。実のところVODは各サービスによってジャンルごとの充実度が異なるので、もし自分の見たい作品や興味のあるジャンルが決まっている場合は、それぞれの得意分野を把握しておこう。

 アニメを例に挙げると、U-NEXTの見放題作品数はおよそ5200作品、dアニメストアは5500作品とかなり充実しているが、対してAmazonプライムビデオはおよそ700作品、Netflixは1000作品ほどといわれている。もしVODを通して様々なアニメを視聴するのが目的なのであれば、U-NEXTやdアニメストアを選ぶべきなのは一目瞭然。そのうえで月額プランを比較してみると、また料金の見え方も変わってくるだろう。
※アニメ作品数は2023年8月時点

総合的なバランスに優れたサービスを選ぶ

 逆にこれといった見たいジャンルがない場合は、料金や配信動画本数など、総合的にバランスのとれたサービスを選びたいところ。

 たとえばドラマや映画、アニメなどのジャンルを幅広く扱っているのは、U-NEXT、Netflix、Amazonプライムビデオ、Huluあたり。VODの料金相場がだいたい月額500~2,500円であることを考慮すると、月額1,000円前後で利用できるNetflix、Amazonプライムビデオ、Huluが候補となる。さらにそこから作品数や興味の有無、プラスαで受けられるサービスなどを比較していくことで、自分に合った動画配信サービスにたどり着けるはず。

プラスαのサービス内容で選ぶ

 実はVODサービスの中には、動画配信とは別にプラスαのサービスが受けられるものがある。たとえばU-NEXTは月額2,189円(税込)で映画やドラマ、アニメなどの映像コンテンツが見放題になるうえ、190誌以上の雑誌も読み放題。加えて毎月付与されるポイント(1200ポイント)を活用すれば、有料の電子書籍などを購入することができる。

 またAmazonプライムビデオにも、様々なプライム会員特典が。そもそも毎月600円(税込)の支払いはAmazonプライムの会員費にあたり、その会員特典の1つがプライムビデオだ。ほかにもAmazon Music Prime、Amazon Photos、Prime Readingなどのデジタル特典に加え、通販においてお急ぎ便やお届け日時指定便などの配送特典もつく。

「映像コンテンツだけではなく、漫画や音楽も楽しみたい」といった人は、こういったプラスαのサービスで決めるのも1つの手かもしれない。

各サービス比較

 ここからは各動画配信サービスの機能やスペックを比較してみよう。本記事ではメジャーどころであるNetflix、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、Hulu、Disney+、Lemino(旧dTV)、dアニメストア、ABEMAプレミアム、TVer、FODプレミアム、TELASAの全11サービスをピックアップ。それぞれのサービス内容や月額料金をまとめてみた。

Netflix

Netflix

月額料金 広告つきスタンダード月額790円、スタンダード月額1,490円、プレミアム月額1,980円(いずれも税込)
配信本数
得意ジャンル 海外ドラマ、オリジナル作品
無料体験期間
サービスの特徴 海外ドラマや映画のラインナップが豊富。オリジナル作品も充実しているうえ、月額料金は3つのプランから選べる。好みの作品を教えてくれるレコメンド機能つき。
人気の作品 「梨泰院クラス」「愛の不時着」「赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。」「今際の国のアリス」など
同時視聴 料金プランによって台数が異なり、プレミアムプランでは最大4台まで同時視聴可能。
ダウンロード機能 広告つきスタンダードは不可。スタンダードは2台のデバイスにダウンロード可能で、プレミアムは6台のデバイスにダウンロードできる。デバイス1台あたり最大100作品のダウンロードが可能。
オフライン再生 広告つきスタンダードのみ不可
支払い方法 クレジットカードもしくはデビットカード、デジタルウォレット、携帯電話の請求に追加

「イカゲーム」や「愛の不時着」などオリジナル作品や、充実した海外ドラマを楽しみたい人におすすめ

 

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ

月額料金 月間プラン600円、年間プラン5,900円(いずれも税込)
配信本数
得意ジャンル
無料体験期間 30日間
サービスの特徴 ドラマ、映画、アニメなど、コスパ良く映像コンテンツが楽しめる。また、Amazonの配送特典やAmazon Music Primeをはじめとするデジタル特典つき。
人気の作品 「次元大介」「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」「沈黙のパレード」「バチェラー・ジャパン」「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」「ザ・ボーイズ」など
同時視聴 最大3台の端末で同時視聴可能。ただし同じ動画は最大2台まで。
ダウンロード機能 最大25作品、保存期間は30日間
オフライン再生 可能
支払い方法 クレジットカード、携帯決済、あと払い(ペイディ)、PayPay(ペイペイ)、Amazonギフトカード(※クレジットカードの使用を選択した場合のみ)、パートナーポイントプログラム(※JCBブランドのクレジットカードで会費を支払う場合に限る)

料金を安く抑えて「幅広く色々な作品が見たい」という人にもおすすめ

 

Hulu

Hulu

月額料金 月額1,026円(税込)
配信本数 10万本以上
得意ジャンル 日本テレビ作品、海外作品
無料体験期間 1カ月
サービスの特徴 コスパ良く様々なジャンルの動画を視聴できる。中でも日本テレビ作品と海外作品のラインナップが豊富。
人気の作品 「世界の果てまでイッテQ!」「月曜から夜ふかし」「ウォーキング・デッド」「神の雫/Drops of God」「君と世界が終わる日に」など
同時視聴 不可
ダウンロード機能 1アカウントにつき25作品がダウンロード保存可能。保存期間は最大30日間。
オフライン再生 可能
支払い方法 クレジットカード、PayPay、LINE Pay、d払い、au かんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、Google Play 決済、PayPal、Hulu チケット、iTunes Store 決済、Amazon アプリ内決済など

ドラマの本編に加えてオリジナルストーリーが楽しめたり、海外ドラマの国内最速配信に力を入れているため、ドラマ好きにおすすめ

 

ABEMAプレミアム

ABEMAプレミアム

月額料金 月額960円(税込)
配信本数 およそ3万本以上
得意ジャンル エンタメ、オリジナル番組
無料体験期間 2週間
サービスの特徴 オリジナル番組や日本初上陸の番組など、ABEMAでしか視聴できないコンテンツが盛りだくさん。「追っかけ再生機能」や「見逃しコメント機能」などのシステム面も充実。
人気の作品 「今日、好きになりました。」「GIRL or LADY ~私が最強~」「チャンスの時間」「しくじり先生 俺みたいになるな!!」など
同時視聴 最大2台の端末まで可能
ダウンロード機能 最大25作品。ABEMAプレミアムであり、番組の視聴期間内であれば何度でもダウンロード視聴できる。
オフライン再生 可能 ※ただし完全なオフライン再生ではないため、視聴開始時はインターネットへの接続が必要
支払い方法 クレジットカード、ドコモ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、アプリストア決済

オリジナルのエンタメ番組が豊富! バラエティが好きな人には◎

 

Disney+(ディズニープラス)

Disney+(ディズニープラス)

月額料金 月額990円、年額9,900円(いずれも税込)
配信本数 2万1000以上
得意ジャンル ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィック
無料体験期間
サービスの特徴 過去の名作や話題作はもちろん、ディズニーの最新作をいち早く視聴できる。
人気の作品 「ホーンテッドマンション」「東京リベンジャーズ」「ロキ」など
同時視聴 最大4台の端末で可能
ダウンロード機能 対応するスマートフォン・タブレット10台までダウンロード可能
オフライン再生 可能
支払い方法 クレジットカード、PayPal

ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックの作品が大好きな人にはうってつけ!

 

Lemino(旧dTV)

Lemino(旧dTV)

月額料金 月額990円(税込)
配信本数 18万本以上
得意ジャンル 韓流・アジアのドラマ、韓流・アジアの映画
無料体験期間 31日間
サービスの特徴 作品ラインナップが充実しており、特に韓流・アジア作品に力を入れている。契約なしの無料プランでも一部映像コンテンツが視聴可能。
人気の作品 「ペントハウス」「7人の脱出」「パンダさんとハリネズミ」「ワン・ザ・ウーマン」など
同時視聴 1つの契約で同時に4台まで視聴できるが、同じ作品を同時に視聴することはできない。
ダウンロード機能 最大25作品、個別課金作品はダウンロード件数に制限なし
オフライン再生 可能
支払い方法 クレジットカード払い、dポイント充当、Leminoプレミアムプリペイドカード、ドコモの回線契約がある場合は電話料金合算払いが可能

コスパ良く韓流・アジアの作品を楽しみたい人向け

 

U-NEXT

U-NEXT

月額料金 月額2,189円(税込)
配信本数 270000本(見放題作品:24万本、レンタル作品:3万本) ※2022年12月14日時点
得意ジャンル 映画(邦画・洋画)、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメの見放題作品数は国内トップクラス
無料体験期間 31日間
サービスの特徴 業界No.1の見放題作品数を誇る。毎月付与されるポイントで有料コンテンツも視聴可能。
人気の作品 「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」「ゴジラvsコング」「マスカレード・ナイト」「わたしの幸せな結婚」など ※一部有料作品あり
同時視聴 1つのアカウントで同時視聴は不可だが、ファミリーアカウント(最大3アカウント)の追加が可能。
ダウンロード機能 あり。視聴期限は最大48時間。
オフライン再生 可能
支払い方法 クレジットカード、キャリア決済、楽天ペイ、Amazon.co.jp、AppleID、Google Play、ギフトコード/U-NEXTカード

見放題作品数No.1! 視聴するものに困らない。映画好きにおすすめ

 

TVer(ティーバー)

TVer

月額料金 無料
配信本数
得意ジャンル ドラマの見逃し配信
無料体験期間
サービスの特徴 ドラマやバラエティ、アニメなど、毎週700番組以上を無料で視聴できる。
人気の作品
同時視聴
ダウンロード機能 なし
オフライン再生 不可
支払い方法

無料で見逃し配信を視聴したい人向け。なお配信は期間限定なので要注意!

 

dアニメストア

dアニメストア

月額料金 月額550円(税込)
配信本数 5500作品以上
得意ジャンル アニメ
無料体験期間 31日間
サービスの特徴 アニメの配信本数が業界トップクラスに多いうえ、最新TVアニメの見逃し配信も充実。原作コミックやライトノベルの購読、グッズの購入も可能。
人気の作品 「呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変(第2期)」「陰の実力者になりたくて! 2nd season」「葬送のフリーレン」など
同時視聴 不可
ダウンロード機能 あり
オフライン再生 可能
支払い方法 クレジット払い、電話料金合算払い、dポイント

とにかくアニメ! アニメ! アニメ! な人におすすめ

 

FODプレミアム

FODプレミアム

月額料金 月額976円(税込)
配信本数 8万本以上
得意ジャンル フジテレビ系列の作品
無料体験期間
サービスの特徴 8万本以上の対象作品が見放題。特にフジテレビ作品が充実している。プラスαで200誌以上の雑誌が読み放題。会員登録不要の「FOD見逃し無料」も実施中。
人気の作品 「コンフィデンスマンJP」「僕の姉ちゃん」「マチネの終わりに」など
同時視聴 不可
ダウンロード機能 最大25作品。1つのアカウントにつき2デバイスまでダウンロードすることができる。なお保存期間は最大48時間。
オフライン再生 可能
支払い方法 クレジットカード決済、iTunes Store決済、Google Play課金、Amazon決済、d払い決済、au かんたん決済・au PAY・UQ mobile、au テレビパックプラン、My SoftBank認証、楽天ペイ、あと払い(ペイディ)

フジテレビ系の名作、話題作を制覇したい人はFODプレミアム一択!

 

TELASA(テラサ)

TELASA(テラサ)

月額料金 618円~(見放題プラン)/単品レンタル可能
配信本数 約1万本
得意ジャンル テレビ朝日作品
無料体験期間 2週間
サービスの特徴 ドラマは過去のシリーズも含め「全話配信」の品揃えに強く、アニメも最大級の品揃え。加えて映画は韓国、タイなどのアジア作品も幅広く配信中。
人気の作品 「バイオハザード:デスアイランド」「すずめの戸締まり」「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」「ザ・フラッシュ」など
同時視聴 不可
ダウンロード機能 最大25作品
オフライン再生 可能
支払い方法 auかんたん決済、d払い、ソフトバンクまとめて支払い、クレジットカード、アプリ内課金

テレ朝系作品に興味がある人、現在放送中のテレ朝系作品をもっと楽しみたい人へ

ランキング形式で各サービスを紹介

 ここまで様々な動画配信サービスを紹介してきたが、その中で初心者におすすめなのはどのサービスなのか。月額料金や配信本数、サービスの特徴などを考慮した結果をランキング形式で発表していこう。

第1位:Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオ

 第1位はAmazonプライムビデオ。何より月間プラン600円(税込)、年間プラン5,900円(税込)で様々な映像コンテンツが楽しめるという、コスパの良さは何ものにも代えがたい。映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリーなどの主要ジャンルをひと通り押さえているため、「幅広く色々な作品が見たい」という人にもおすすめ。

 またリーズナブルな料金設定でありながら、オリジナル作品も多数配信している点はポイントが高い。たとえば、恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」が視聴できるのはAmazonプライムビデオだけ。同番組は成功を収めた1人の独身男性・女性のパートナーの座をめぐり、複数の異性たちが競い合う恋愛リアリティ番組で、現在シーズン5まで配信されている。

 そのほか、密室笑わせ合いサバイバル「HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル」やオリジナルドラマ「ザ・ボーイズ」などの人気作も目白押し。もっとオリジナル作品に力を入れている動画配信サービスはほかにもあるが、VOD初心者であればむしろこのくらいの作品数がちょうどいいかもしれない。

 おまけに動画配信サービスだけでなく、プライム会員特典に含まれるAmazon Music Prime、Amazon Photos、Prime Readingなどのデジタル特典や、通販におけるお急ぎ便、お届け日時指定便といった配送特典までついてくるため、まさに一石数鳥。たとえ動画をほとんど視聴しなかったとしても、これだけのサービスが受けられるのであれば月額600円(税込)は非常にお得だろう。

 ちなみに2023年3月に発表された「Appliv TOPICS」の「定額制動画配信サービスに関する調査レポート」によると、「利用したことがある定額制動画配信サービス」第1位にAmazonプライムビデオが選ばれている。しかも「現在利用している」「過去に利用したことがある」と回答したのは664人のうち480人。つまり回答者の約7割がAmazonプライムビデオ利用者であった。

 コスパが良く、様々なサービスも受けられるうえ、多くの人が使っているという安心感まである……との理由から、おすすめランキング第1位に堂々ランクイン!

第2位:Netflix

Netflix

 第2位はNetflix。Amazonプライムビデオ同様、映画、ドラマ、アニメ、バラエティなど様々なジャンルを幅広く扱っている点もさることながら、質の高いオリジナル作品が充実している点が◎。たとえば最近注目を集めたオリジナル作品でいえば、すでに続編の制作が決定している実写版「ONE PIECE」や話題沸騰の相撲ドラマ「サンクチュアリ-聖域-」、アニメ化も果たした赤楚衛二主演の映画「ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~」などなど……。

 ちなみに2024年には鈴木亮平主演の実写版「シティーハンター」、2023年12月14日(木)からは北村匠海主演のドラマシリーズ「幽☆遊☆白書」が配信される予定だ。

 また独占配信中の韓国ドラマも目白押しで、日本でもドラマ化されて話題を呼んだ「梨泰院クラス」や爆発的ヒットとなった「愛の不時着」、配信開始1カ月で1億4200万世帯が視聴したといわれる「イカゲーム」もNetflixでしか見られない。

 これだけ話題作が揃っていながら、月額が3つのプランから選べるのは魅力的。広告つきスタンダードは月額790円(税込)で、文字通り広告がつく代わりにこれだけリーズナブルな価格でサービスを受けることができる。動画をダウンロードできないといった弱点があるにはあるが、お試し感覚で利用したい人にはもってこいだろう。

 そのほか、スタンダードは月額1,490円(税込)、プレミアムは月額1,980円(税込)となっており、この2つに関しては広告が一切入らない。またプレミアムプランの場合、「UHD 4K」と「HDR」の最高画質で動画視聴を楽しめるほか、空間オーディオにも対応。最高の状態で動画を楽しみたい人は“プレミアム”、特にこだわりがない人は“スタンダード”といった感じに、自分の好みに合わせて料金プランを選べるのは、VOD初心者にとって嬉しいポイントだ。

 おまけにNetflixには独自の「レコメンド機能」が搭載されており、これまでの利用状況などをもとに、数あるタイトルの中からユーザーが見たいと思われる作品を推測してくれる。おかげで悩むことなく、好みの作品にたどり着くことができそうだ。

 オリジナル作品や海外ドラマの充実度、3つのプランから選べる月額料金など、あらゆる面を考慮した結果、Netflixがランキング2位にランクイン!

第3位:Hulu

Hulu

 月額1,026円(税込)でおよそ10万本以上の作品が楽しめるHuluが第3位にランクイン。ドラマやアニメ、映画など、王道のジャンルをひと通り網羅している点もさることながら、何といってもその魅力は日本テレビ系の作品が豊富に揃っている点が挙げられる。

 たとえば最終回で驚愕の平均世帯視聴率40.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したドラマ「家政婦のミタ」やバカリズム脚本の超話題作「ブラッシュアップライフ」、映画化も果たした「あなたの番です」など、一世を風靡した人気ドラマが目白押しだ。

 またドラマ本編とは別に、Huluだけでしか見られないオリジナルストーリーも満載。「東京タラレバ娘」のスピンオフ「東京ダラダラ娘」や「だが、情熱はある」のオリジナルストーリー「たりてるふたり」、「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」の“涙の卒業式”を描いた「3年A組-今から皆さんだけの、卒業式です-」など、ドラマをひと味もふた味もおもしろくするコンテンツがラインナップされている。現在放送中のドラマや、これから放送されるドラマもより楽しめるようになるだろう。

 さらにHuluの強みとして、海外ドラマの国内“最速”配信に力を入れている点も忘れてはならない。8月11日(金)からは海外の大ヒットドラマ「THE FLASH/フラッシュ」のファイナルシーズンとなるシーズン9が最速見放題独占配信された。ほかにもイギリスで放送されたばかりのスラッシャーコメディドラマ「WRECK/レック」や、話題のディストピアドラマ「ANNA/アンナ」を見られるのはHuluだけ。

 逆に映画の作品数が少なかったり同時視聴ができなかったりと、少なからず弱点はあるものの、ドラマ好きであればHuluを全力でおすすめしたい。

第4位:Lemino(旧dTV)

Lemino(旧dTV)

 第4位のLeminoは、NTTドコモのdTVが2023年4月よりサービス名称を改め、リニューアルしたことで生まれた動画配信サービス。作品本数もリニューアルをきっかけに、12万本から18万本以上にパワーアップし、様々な映像コンテンツが月額990円(税込)で楽しめるようになった。

 しかもLeminoはドコモのアカウントさえあれば、月額会員(Leminoプレミアム)の契約がなくてもサービスを利用することができる。つまり無料で映像コンテンツが楽しめるのだ。もちろん使える機能や視聴可能な作品は限られてくるうえ、広告の視聴が必要になってくるものの、逆にそれらが気にならなければ無料プランでも十分に満足できるはず。実際にSNSなどで反応を見ると、無料で視聴できる作品数やジャンルの充実度はおおむね好評だった。

 またLeminoプレミアムの無料トライアルも実施しているため、まずはフリー会員になってみて、気に入ったらLeminoプレミアムの無料トライアルへ。さらにそこでも気に入ったらいよいよ本契約…といった感じに段階を踏めるのが◎。VOD初心者からしてみれば、かなり試しやすいのではないだろうか。

 映像コンテンツもオリジナル作品や韓流、映画、スポーツ、アニメ、音楽・ライブなど豊富に揃えており、その中でも特に韓流・アジアの作品が充実している。話題の最新韓国ドラマ「7人の脱出」をはじめ、人気俳優アン・ヒョソプ初の時代劇「ホン・チョンギ」や、韓国で2022年最高視聴率を記録したドラマ「財閥家の末息子~Reborn Rich~」といった人気作を独占配信しているほか、生駒里奈主演の国内ドラマ「にがくてあまい」や日向坂46の4期生による成長バラエティ「日向坂になりましょう」、K-POP音楽バラエティ「let me Know K-POP!」などのLeminoオリジナル作品も満載。アジア系の作品が好きな人は、きっと気になる動画が見つかるだろう。

 さらにLemino独自のシステムとしては、作品を見終わったときの感想をスタンプで記録できる機能「感情スタンプ」が搭載されている。胸キュン、わくわく、げらげら、ジーン、ほっこりといったスタンプが用意されており、他のユーザーがつけたスタンプを頼りに作品を探すことも可能だ。サービス開始からまだ日は浅いものの、VOD初心者の心強い味方となるはず。

第5位:Disney+(ディズニープラス)

Disney+(ディズニープラス)

 第5位は、Disney+(ディズニープラス)。ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックの名作・話題作が月額990円(税込)、もしくは年額9,900円(税込)で見放題になるという、ファンにはたまらない動画配信サービスだ。

 しかもDisney+は、劇場公開作の配信開始が早いことで知られている。たとえば2023年6月9日(金)に上映されたディズニー実写映画「リトル・マーメイド」は、9月20日(水)から配信スタート。ほかにも8月4日(金)公開の「マイ・エレメント」は11月1日(水)に配信開始、9月1日(金)に公開した映画「ホーンテッドマンション」に至っては10月27日(金)から配信されていた。ディズニーの最新作を公開から1年も待たずして見られるのは非常に嬉しい。

 もちろん最新作だけでなく、「トイ・ストーリー」や「美女と野獣」、「アナと雪の女王」「モンスターズ・インク」「パイレーツ・オブ・カリビアン」といった不朽の名作も充実している。加えて配信作品はディズニー関連だけにとどまらず、日本のアニメや韓国ドラマ、邦画などもラインナップ。柳楽優弥主演の映画「ガンニバル」や韓国ドラマ「ビッグマウス」、アニメ「東京リベンジャーズ」や「四畳半タイムマシンブルース」など、ここでしか見られない独占配信中の作品も多数存在する。

 これだけのラインナップが月額990円(税込)ですべて見放題。しかも年額9,900円(税込)のプランを選べば、実質2カ月分が無料になるのでもっとお得に。さすがにコスパが良すぎて心配になるレベルである。現にネット上でも「ディズニー好きにはコスパ最強」「Disney+コスパ神すぎて草」といった声が数多く上がっていた。ファンにとっては、まさにもってこいの動画配信サービスだろう。

第6位:ABEMAプレミアム

ABEMAプレミアム

 ABEMAはアニメや海外ドラマ、映画などの王道ジャンルに加えて、ABEMAの独占オリジナル番組や日本初上陸の番組など、多彩なジャンルの番組を24時間365日放送する動画配信サービス。いわば、テレビチャンネルとVODが1つになった形態だ。

 一部の作品は登録不要、かつ無料で視聴できるものの、これが月額960円(税込)の有料プラン「ABEMAプレミアム」になると料金が発生する分、ABEMAプレミアム対象作品もすべて見放題に。無料プランの約3倍、およそ3万本もの作品が楽しめるようになるという。

 たとえば現役高校生たちの恋愛模様を追いかけた「今日、好きになりました。」シリーズは、中高生から絶大な人気を博すABEMAオリジナルの恋愛リアリティショー。無料プランだと1~3話のエピソードしか見られないが、プレミアム会員は全話見られるようになるうえ、ABEMAプレミアム限定の番外編も視聴可能となる。

 対して人気お笑いコンビ「千鳥」がMCを務めるABEMAオリジナルバラエティ番組「チャンスの時間」は一定期間だけ最新話が視聴可能で、そのほかのエピソードはプレミアム会員にならないと視聴できない。ABEMAオリジナルの婚活番組「GIRL or LADY~私が最強~」も5話以降はプレミアム対象作品……といった具合だ。

 そのためABEMAの番組が自分に合うかどうかわからない人は、試しに無料プランから始めてみるといいかもしれない。そういった融通がきく点も、初心者におすすめしたいポイントの1つ。

 またABEMAプレミアムでは、見逃し配信も広告なしで視聴できるようになるほか、様々な機能が使用可能となる。通信料をほぼゼロにできる「動画ダウンロード機能」をはじめ、放送中の番組でも最初から視聴できる「追っかけ再生機能」や、放送時に投稿されたコメントを見逃し視聴などのときにも確認できる「見逃しコメント機能」が使えるため、よりストレスなく快適に番組を楽しめるだろう。

 エンタメやバラエティなどを思いっきり楽しみたい人には、うってつけ!

第7位:U-NEXT

U-NEXT

 U-NEXTの見放題作品数は業界No.1。他の動画配信サービスと比べてみてもその差は歴然で、U-NEXTの見放題作品数が100%だとすると、Amazonプライムビデオは38%、Huluは29%、FODは23%、Netflixは22%、Disney+は9%となるそうだ(GEM Partners調べ/2022年11月時点)。

 中でも映画の作品数が充実しており、洋画・邦画の見放題対象作品は1万6200本。レンタル作品も含めると1万7400本に及ぶ。もはや映画の宝庫と呼べるだろう。

 一方、映画の次に充実しているのが、アニメ作品だ。その数はアニメ専門の定額制動画配信サービス「dアニメ」に引けを取らないほどで、実に5200本もの見放題作品がラインナップされている(レンタル作品を除く)。映画やアニメをメインに視聴しつつ、ときにドラマやライブ配信など、ジャンルを横断して楽しみたい人には、ぜひおすすめしたい動画配信サービスだ。

 ただこれだけの作品数が揃っているため、他の動画配信サービスと比べると月額料金が少々高め。利用料は月額2,189円(税込)と、Amazonプライムビデオのおよそ3.5倍、Netflixのプレミアムプラン以上の金額にはなるが、U-NEXTで楽しめるのは動画視聴だけではない。

 というのもU-NEXTでは、まず190誌以上の雑誌がすべて読み放題。加えてU-NEXTアプリでは3万話以上(2023年10月27日時点)の無料漫画を楽しめるうえ、漫画や書籍、ライトノベルを購入することが可能だ。もちろん作品を購入する際には別途料金が発生するものの、U-NEXTから毎月付与されるポイントは、最新映画のレンタルや漫画の購入にも使える。“観る”と“読む”が1つのアプリで管理できる点や、ポイントを使えば追加費用をかけることなく最新作や漫画が読めることなどを考慮すると、人によっては月額2,189円(税込)でもかなりお得だと感じるのではないだろうか。

 ちなみに毎月もらえるポイントは1,200ポイント。ポイントは映画チケットの交換にも使えるため、かなり使い勝手がいい。

 VOD初心者にとっては少しハードルの高い月額料金ではあるが、それを補って余りある価値は十分あるだろう。U-NEXTも31日間の無料トライアルを実施しているので、気になる人はぜひ試してみてはいかがだろうか。

第8位:dアニメストア

dアニメストア

 dアニメストアは、国内トップクラスを誇るアニメ専門の動画配信サービス。月額550円(税込)とリーズナブルな価格ながら、配信されているアニメの作品数は実に5,500本を超える。「とにかくアニメが見たい」「アニメが視聴できれば十分」という人には、真っ先におすすめしたいサービスだ。

 またdアニメストアで楽しめるのはアニメだけではない。dアニメストアではアニメの原作となった漫画やライトノベルも楽しむことができる。もちろんすべて読み放題とはいかないが、電子書籍を購入すると毎月最初の1冊に対してdポイントが70%分還元されるという嬉しい特典つき。さらに無料で読める漫画も1万エピソード以上あり、その中には話題のアニメ「葬送のフリーレン」や「薬屋のひとりごと」などの原作コミックスも含まれている。

 おまけにdアニメストアではグッズも購入可能。各社のアニメ関連商品を豊富に取り揃えているうえ、公式通販サイトそのものは非会員ユーザーでも利用できる。ときどき期間限定でキャンペーンを実施することもあり、最近でいえば10月27日(金)~10月29日(日)の3日間にわたって、グッズの購入者にポイント10倍が付与されるキャンペーンが行われていた。1つのアプリで動画視聴、漫画購読、グッズ購入ができるdアニメストアは、アニメファンにとって心強い存在になるだろう。

 ただdアニメストアは言わずもがなアニメ専門のサービスであるため、ドラマなどの実写化作品も見たいという人にはおすすめできない。別の動画配信サービスを探すか、あるいはAmazonプライムビデオとdアニメストアを併用してみてもいいかもしれない。

 Amazonプライムビデオには「dアニメストア for Prime Video」と呼ばれる有料チャンネルがあり、dアニメストアに加入すると使うことができる。端的にいえばAmazonプライムビデオを通して、dアニメストアに配信されている作品を視聴できるようになるのだ。

 メリットとしてはdアニメストアではできなかった同時視聴ができるようになったり、支払い方法が増えたりと様々だが、月額料金はプライム会員費用月額600円(税込)+dアニメストア月額550円(税込)の計1,150円(税込)とお得になるわけではない。おまけにAmazonプライムビデオ上でdアニメストアの配信作品をすべて視聴できるわけではないので、検討する際には十分注意しよう。

第9位:TVer

TVer

 第9位は民放公式テレビ配信サービスであるTVer。同サービス最大の特長は、何といっても“無料”で利用できる点だろう。無料で映像コンテンツが楽しめる代わりに、動画の合間にCMが流れてくる。テレビでドラマやバラエティを見るときと同じ感覚だ。

 TVerで配信されているのは、主に現在放送中のドラマやバラエティ、アニメ、報道・ドキュメンタリーなど。番組の最新話が放送されるたびに、TVerでもその番組が見られるようになるため、「番組を見逃してしまった!」というときにはかなりありがたい。

 ただし最新話が更新されると、その都度過去のエピソードが見られなくなってしまうので要注意。たとえば10月期の新ドラマ「パリピ孔明」は10月29日時点で第5話まで放送されているが、TVerで視聴できるのは第1話~第3話と最新話の5話だけ。第4話はすでに見られなくなっている。

 一方でバラエティに関しては、その都度最新のエピソードが更新されるため、前週の回を見ようとしたらもう視聴できなくなっていた……となることがたびたびある。このように他の動画配信サービスと違って、まとめて視聴することができないので注意しておきたい。

 またTVerでは現在放送中の番組だけでなく、過去の名作ドラマが期間限定で配信されることも。「名作ドラマ特集」と題して2023年11月現在配信されているタイトルは、「真犯人フラグ」「あなたの番です」「私たちはどうかしている」「10の秘密」などなど。ただ、こちらも全エピソードが視聴できるわけではなく、新しいエピソードが更新されるたびに古い回が見られなくなってしまう。そのため「休日にドラマを一気見したい!」という人には、あまり向いていない。

 逆に現在放送中のドラマやバラエティを日々追っている人には、無料で様々な番組が楽しめるTVerはかなりおすすめ。「お気に入り登録」機能を使えば、番組の最新エピソードが「お気に入り」に随時追加されるようになるため、見たい番組の管理がしやすいのも1つのメリットといえるだろう。「なんでもいいから動画配信サービスをとりあえず試したい」という人は、まずはTVerから始めてみてもいいかもしれない。

第10位:TELASA(テラサ)

TELASA(テラサ)

 やはり初めてVODを試すからには、お手頃な価格で様々な映像コンテンツを楽しみたいもの。TELASAは、月額618円(税込)でドラマやバラエティ、アニメ、映画などが見放題になる動画配信プラットフォームだ。

 配信本数はおよそ1万本と、他の動画配信サービスに比べるとやや少なめではあるが、何よりTELASAはテレビ朝日系の人気作品が充実している。たとえば大人気「相棒」シリーズや、社会現象を巻き起こした「おっさんずラブ」シリーズはもちろんのこと、「TRICK」や「バーテンダー」、「家政夫のミタゾノ」、「M 愛すべき人がいて」など人気作から話題作まで盛りだくさん。

 加えてTELASA限定のオリジナルドラマや人気ドラマのスピンオフ作品なども展開されており、「相棒」シリーズからは「とりしらべ」「杉下右京はここにいる」「冠城亘はここにいる」といったオリジナルエピソードを配信中。一方、人気バラエティ番組「あざとくて何が悪いの?」からも地上波で放送されたエピソードに加え、地上波未公開を含むTELASA限定完全版やTELASA特別企画の映像を公開している。テレビ朝日系の作品を今より何倍も楽しめるに違いない。

 またテレビ朝日系の番組以外にも、アニメや映画、アジア作品などを続々と配信中。現在は11月3日(金・祝)より公開の映画「ゴジラ-1.0」にちなんで、「ゴジラ」シリーズを一挙配信している。「ゴジラ VS モスラ」や「ゴジラ VS デストロイア」といった過去の名作から「ゴジラvsコング」「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」など最近の話題作まで、充実したラインナップだ。

 他の動画配信サービスと比べると全体の配信本数は劣るものの、それを感じさせないほど作品のバリエーションは豊富。月額618円(税込)でこれだけ視聴できるのは、むしろお得なのかもしれない。それこそ「相棒」シリーズなどはAmazonプライムビデオでも配信されていないので、テレビ朝日系の作品に興味がある人はTELASAがぴったり。まずは初回2週間の無料トライアルを試してみることをおすすめしたい。

第11位:FODプレミアム

FODプレミアム

 フジテレビが運営するFODの有料サービスであるFODプレミアム。同サービスでは月額976円(税込)で、8万本以上に及ぶ対象作品が見放題となる。そしてそのほとんどが、フジテレビ系作品であることが最大の特徴だ。

 もちろん他局のアニメや海外の作品も多数配信されているが、ドラマや映画、バラエティなどの国内作品はすべてフジテレビ系作品。その数は1万本以上に及び、「古畑任三郎」シリーズや「ガリレオ」、「Dr.コトー診療所」「ショムニ」「踊る大捜査線」、「ウォーターボーイズ」「ロングバケーション」などの過去の名作ドラマはもちろん、現在放送中の話題作まで勢ぞろいしている。

 またドラマだけでなく、バラエティのラインナップも豊富で、10月9日(月・祝)からは伝説的バラエティ「めちゃ×2イケてるッ!」の傑作選を順次配信中。「めちゃ×2イケてるッ!修学旅行で超×4+1いい感じスペシャル!!」や「フェニックス岡村隆史~134日ぶりに奇跡の生還!~」など、めちゃイケ世代にとっては懐かしの“神回”が目白押しだ。

 さらにFODプレミアムでは動画視聴だけでなく、週刊誌や女性誌など200誌以上の雑誌が読み放題。もちろん追加料金はかからないので、日頃から雑誌を購読する人にとってはかなりお得に感じるだろう。

 実は雑誌に加え、漫画も一部無料で読めるのだが、基本的にはコインの購入が必要となってくる。ただコインの使用額に応じてステージが変動し、ステージが上がるたびに翌月還元率もアップしていく仕組み。たとえばFODプレミアム会員は、翌月還元率10%からスタートするも、ブロンズに上がると翌月還元率は12%に、シルバーになると翌月還元率は14%までアップする。最高位であるダイヤモンドになれば還元率は20%になるので、普通に漫画を買うよりも少しお得に購入することが可能だ。

 フジテレビ系作品に興味のない人や他局のドラマも視聴したい人には、あまりFODプレミアムはおすすめできないものの、そうではない人は一度試してみる価値はあるかもしれない。FODそのものは、プレミアム会員にならなくても一部の動画を視聴できるので、まずは一度サイトを覗いてみよう。

無料トライアルがおすすめ

 動画配信サービスの多くは、およそ2週間~1カ月の期間で“無料トライアル”を設けている。文字通り期間中は無料でお試し体験ができるうえ、試してみてピンとこないようであれば、そのまま解約してもOK。解約料金も発生しないので、VOD初心者にはぜひ活用してもらいたい。

 ただしトライアル期間をすぎると、自動的に有料会員へ移行して料金が発生する場合もある。「解約し忘れて料金がかかってしまった!」ということは珍しくないため、十分注意しておこう。以下にそれぞれの無料期間をまとめてみた。

・ABEMAプレミアム:2週間
・TELASA(テラサ):2週間
・Amazonプライムビデオ:30日間
・Lemino(旧dTV ):31日間
・U-NEXT:31日間
・dアニメ:31日間

契約不要で一部の映像コンテンツを楽しめるサービスも

 また期間限定ですべてのサービスを試せる無料トライアルとは少し違うが、一部の映像コンテンツを無料で楽しめる動画配信サービスも存在する。たとえばABEMAの場合、プレミアム対象作品は視聴できないものの、それ以外のテレビ番組やオンデマンド作品は無料で視聴可能。一方、Lemino(旧dTV)は契約せずに一部無料で楽しめるコンテンツが用意されており、FODも見逃し無料配信に関しては会員登録しなくても視聴できる。

VODを利用するうえでの注意点

 定額制で様々な映像コンテンツが楽しめるVODだが、その裏にはいくつかの注意点がある。後で後悔しないように、下記の注意事項を念頭に入れておこう。

動画を見なくても毎月料金が発生する

 動画配信サービスは定額制なので、毎月料金が必ず発生する。それはつまり、映像コンテンツを100本視聴した月も、1本しか見ていない月も、発生する月額料金は同じということ。使う頻度によっては高くつく場合もあり、「1カ月の間に映画を1本視聴するかしないか」くらいの頻度であれば、レンタル店でDVDを借りたほうが断然お得。VODを利用する前には、現在の視聴頻度と月額料金を照らし合わせてみるといいかもしれない。

ポイントや追加料金がかかる場合がある

 基本的に月々の支払いでほとんどの映像コンテンツを楽しむことができるが、最新作などの一部作品を視聴する際には、ポイントや追加料金がかかる場合があるので注意しよう。

 たとえばU-NEXTを例に挙げると、同サービスには見放題作品とレンタル作品の2種類があり、前者は月々の支払いで見放題に。一方で後者は1本ごとに追加料金が発生する。ただしU-NEXTの場合は毎月1200ポイントが付与されるので、そのポイントを使ってレンタル作品を借りることも可能。このようにサービスによっては別途料金がかかるコンテンツもあるので、そのうえで自分にとってメリットのあるサービスなのかを判断していくことが大切になる。

無料トライアルは期間をすぎたら自動で課金される

 無料トライアルの期間中は料金がかからないとはいえ、期間をすぎると自動的に有料会員に移行してしまうので要注意。契約する意志がない場合は、必ず無料トライアルの期間中に解約手続きを進めよう。

結論~結局、初心者には何がおすすめなのか?~

 VOD初心者がどのサービスを利用するべきかで迷ったときには、本記事で紹介したランキングのTOP3であるAmazonプライムビデオ、Netflix、Huluのいずれかを検討してみてほしい。

 まずは何より「その動画配信サービスの得意ジャンルが自分に合っているかどうか」に注目しておきたいところ。極端な話、ディズニー作品にそこまで興味がない人がDisney+に加入してもあまり意味がない。

 クオリティの高いオリジナル作品を楽しみたい人はNetflix、国内外のドラマを網羅したい人にはHuluがおすすめ。どちらにも当てはまらない人は、主要ジャンルをひと通り押さえているうえ、コスパの面でも文句なしのAmazonプライムビデオから始めてみるといいかもしれない。

 ちなみにほかの動画配信サービスのおすすめポイントは、以下の通り。

・U-NEXT
見放題作品数No.1! 視聴するものに困らない。映画好きにおすすめ

・ABEMAプレミアム
オリジナルのエンタメ番組が豊富! バラエティが好きな人には◎

・Disney+(ディズニープラス)
ディズニー、ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィックの作品が大好きな人にはうってつけ!

・Lemino(旧dTV)
コスパ良く韓流・アジアの作品を楽しみたい人向け

・TVer
無料で見逃し配信を視聴したい人向け。なお配信は期間限定なので要注意!

・dアニメストア
とにかくアニメ! アニメ! アニメ! な人におすすめ

・FODプレミアム
フジテレビ系の名作、話題作を制覇したい人はFODプレミアム一択!

・TELASA(テラサ)
テレ朝系作品に興味がある人、現在放送中のテレ朝系作品をもっと楽しみたい人へ

最後に

 数が多いだけではなく、得意ジャンル、月額料金、サービスの内容など、それぞれ特徴が異なるVODの中から、自分に合ったサービスを探すのはなかなか大変。現在何かしらのVODを契約している人の中には、何個も何個も試した結果、ようやく今のサービスに落ち着いたという人も多いはずだ。それだけ現在はVODの選択肢が豊富である。

 とはいえVODの多くに無料トライアルが用意されているので、考えるよりまずは行動。興味のあるサービスを試してみるところから始めてみてはいかがだろうか。実際に体験してみて初めてわかることもあるかもしれない。

あわせて読みたい