京都怪談 おじゃみ【文庫版】

2013/6/25

『幽』怪談文学賞審査員一同感嘆! 吉野朔実による解説漫画付き!
 
京言葉、京女を京都生まれの著者が書く「ザ・京都怪談」・女の皮の下の情念を見事に描き出す筆致・新たに書き下ろし一篇を収録!
じゃみ、じゃみ、じゃみ。夫と五歳の一人息子と、京都の古民家で暮らす「私」は家の押入れや壁の隙間を這い回る、“異形の家族”を飼っている。それは私の過去の罪の証――。息子とも夫ともあんまり仲良うしたらあかん、“おじゃみ”がへんにし起こすさかい。あっというまにみんな居らんなってしまう――。