「人には抜かないトゲがある」辻村深月×藤巻亮太対談

文芸・カルチャー

2014/9/15

『太陽の坐る場所』(辻村深月/文藝春秋) 公開中の映画『太陽の坐る場所』の舞台は、原作者・辻村深月の故郷でもある山梨県。主題歌の『アメンボ』を歌う藤巻亮太(レミオロメン)も山梨県出身、しかも、偶然にも辻村さんの故郷の隣町出身で、今は合併して二つの町は同じ市になっているという。さらには同学年だという二人が、やはり同郷と... 続きを読む