今年で30周年! コミティアに行ってみた【画像あり・イベントレポート】

マンガ

公開日:2014/11/25

 2014年11月23日(日)、東京ビックサイト内で、自主制作漫画誌展示即売会「コミティア」が開催された。今年で30周年を迎えるこのイベントは、自主制作漫画を描く人と読む人の交流の場となっている。また、30周年を記念して出版された『コミティア30thクロニクル』(双葉社)の最終巻、3巻も当日に発売された。

会場内に設置された販売ブースでは、参加者が次々と本を購入していた

 皆、自らが生み出したキャラクターでブースを彩っており、オリジナルキャラクターへの愛が感じられた。また、今回コミティア30周年記念企画として、お座敷・展示中心イベント「コミティアX4」、世界のマンガを紹介するイベント「海外マンガフェスタ2014」も同時開催されていた。
 コミティアには、サークルだけでなく印刷会社なども出展しており、印刷技術の解説、グッズやオリジナルキャラクターのイラストの展示なども行っていた。

▲印刷・製本会社ポプルスでは、3Dプリンターでオリジナルのフィギュアも作れるようだ

▲会場内には、サークル参加者が出している新刊を立ち読みできるスペースも

 ブースも、創作物の世界観に合うようそれぞれ工夫が凝らされており、見ているだけでも楽しめる空間となっていた。ほんの少しではあるが、ご紹介しよう!

▲1つの世界が出来上がっている「駅前末屋」さんのジオラマ。別世界を覗き見ているようなわくわくした気持ちにさせてくれる

▲ゴシック好きにはたまらないアクセサリーを販売していたのは、「nepetalacid07」さん。ここでしか買えないアイテムが買えるのも、コミティアの魅力

▲「ロリとら!!」さんのブース。可愛い女の子が見たい!という願望をがっつり叶えてくれる、うさみみのキャラクター“うささん”は必見!?

▲可愛い猫の電車に思わず足を止めてしまった。ゆるキャラチックな動物たちが並ぶ「みみぶくろ」さんのブースは、癒しオーラ全開!

▲ミニチュア好きにはたまらない、ドール用グッズがずらり! 1つ1つとても丁寧な作りで、思わずコレクションしたくなる

▲愛らしい、思わず抱きしめたくなるキャラクターのグッズを販売していた「へーひゅ!!」さん。これの他にも、クッションやバッグも売られていた

▲「幻想堂」さんの美麗な複製原画。ファンタジー好きにはたまらない、幻想的かつ繊細なイラストで多くの人を魅了していた

▲思わず二度見して立ち止まったら、快く撮影に応じてくれた「SQUARE×2」のお2人。じわじわくる、なぜか可愛く思えてくる愛嬌たっぷりのキャラクター

 他にも、とても多くの魅力的な作品ばかり。占いをしている人や自分の作品を朗読している人もいた。初めて行っても充分楽しめる空間となっていた。参加者に話を聞いてみると、「ここに来るといつも新しい発見があります!」、「二次創作は苦手なので、オリジナルだけのコミティアが好きです」、「好きなイラストレーターさんと交流できる、素晴らしいイベントだと思っています」と楽しそうに話してくれた。

 オリジナルは知らない作品だらけでよく分からない、と敬遠しがちな人も多いが、知らなくても見て回るだけで価値がある。一度参加すると、二度、三度と行きたくなること間違いなし! まだ行ったことのない人は、次回はぜひ参加してみよう! 次回の開催は、2015年2月1日(日)。

文=月乃雫