ファーストフードでできたてを食べる方法!……がズルい

暮らし

2015/6/27

 ズルい生き方を知りたい。『週刊少年ジャンプ』ならば、ズルきは罰せられ、友情と努力があれば勝利できる。そういうふうにできている。だが、現実は『週刊少年ジャンプ』のようにはいかないのである。友情と努力があっても、勝利できないこともある。だから、多少ズルくたっていいのだ。

ズルい知恵袋』(日本博識研究所/宝島社)という本がある。「知ってる人だけトクをする あなたの人生はもっとラクになる!!」とのサブタイトルを引っ提げ、ビジネスや恋愛、金銭、生活などのあらゆるジャンルを網羅した、302個ものズルく賢く生きる方法を紹介してくれている。……はずなのだが、第1章の「ラクして評価を上げるビジネステクニック」(ビジネス編)を見てみると、「仕事の能率が10倍アップするGoogle活用テクニック」、「プレゼンで沈黙しても問題なし! 沈黙を“間”に変えて一発逆転」など、ビジネス書に載っていそうなテクニックが並んでいる。ははーん、「ズルい」と目を惹く冠をつけたタイトルなだけで、実際はお役立ち豆知識本なんだな。ズルい。なんともズルいタイトルである。

 ところが、読み進めていくと、お役立ち豆知識に紛れて、ちらほらと本当に“ズルい”テクニックが掲載されていることに気付く。例えば、こんな調子である。

「ホテルの有料オプションを無料にしよう」:ホテルの有料オプション、例えば有料の映画を「間違ってボタンを押した」と言い張って、料金を取り消させる。

「ホテルの便利ワザ」:冷蔵庫のミニバーを使ったときは、ホテル外の店で同じ飲み物を買って補充すると料金を請求されずに済む。

「空いてるのが高い部屋ばかりのラブホテルで安い部屋に泊まる」:実はラブホによっては、安い部屋が空いているのに使用中ということにして、高い部屋から埋めようとしていることがある。フロントで「この部屋はいつ頃空きますか?」と交渉すれば、部屋を用意してくれることもある。

「ファーストフードで、できたてを食べる」:ピクルス抜き、レタス抜き、オニオン抜き、トマト抜きなどの、ちょっと特殊な注文をすると、作り置きでなく、注文用に作ったできたてのハンバーガーが食べられる。

「メーターをガン見してタクシーに安く乗る」:メーターに横棒が数本表示されていることがある。この横棒がすべて消えると料金が加算されるので、消える前に車を停めてもらおう。

 ……せこい!

 とはいえ、本書の7割以上を占めているのは、ズルくもなくせこくもなく、本当のお役立ち情報。筆者が最も気に入ったのは、「家で簡単に炭酸ヘッドスパができる方法」と、「普通のマグロを大トロにする方法」の2つ。でも、詳細はここでは公開しないことにする(ズルい)。

取材・文/朝井麻由美