シティーハンター30周年記念、愛蔵版が発売! 特典はなんと、新作アニメ!?

アニメ・マンガ

2015/8/5

 今年2015年はナニかと復活の年である。まず30年ぶりにマッドマックスが復活(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、14年ぶりにジュラシックパークも復活(『ジュラシック・ワールド』)。ターミネーターも復活(『ターミネーター :新起動/ジェ二シス』)。あのフリーザ様さえも復活し、驚くべき興行収入を叩き出した事も記憶に新しい(『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)。

 そして、そんな並み居る猛者が復活する中、ついにあの男も復活する!

 “新宿の種馬”こと、伝説の凄腕シティーハンター・冴羽獠(さえば りょう)である。なんと今年で生誕30周年を迎える本作。続編的な位置付けである『エンジェル・ハート 2ndシーズン(以下A・H)』とは別に、今回30周年記念としてそのルーツとなる『シティーハンター(以下C・H)』が愛蔵版『シティーハンター XYZ Edition』(北条司/徳間書店)として復活する。7月18日に第1巻が発売され、以降毎月20日に刊行予定だ(全12巻)。しかも、特典ではオリジナル声優陣による『C・H』の新作短編アニメDVDも用意されているという。

 ちなみに、アナタがもし「他の復活作品に比べるとスケールが…」と思ったとしたらそれは大間違いである。なぜなら獠のもっこりはイモータン・ジョーよりマッドでマックスだし、最凶のインドミナス・レックスよりもデカイ。さらにはT-800よりもタフで、蘇ったフリーザよりも執念深いのだ。真実はぜひとも本編で見て頂くとして、まず今回この愛蔵版に触れて改めて感じた『C・H』の魅力をいくつかピックアップしてみたい。

 本作は新宿に住むシティーハンターと呼ばれる凄腕の便利屋、冴羽獠を中心とする物語だ。『C・H』最大の魅力はやはりシンプルにカッコイイところだろう。『A・H』とは対照的にハードボイルドでシリアスなシーンも多く、ちょっと若かりし頃の獠の姿を存分に楽しむことができる。銃の超絶技巧ぶりも凄まじく、“試合中のボクサーの耳の穴に弾丸をブチ込む”、“弾丸が敵を貫通して第三者に命中するのを防ぐため、自分の掌を貫通させて威力を弱めて撃つ”など序盤のエピソードからシビれる展開がてんこ盛りである。もちろんこの頃からいわゆる“北条美人”は確立されており、現在とはややタッチの違う古き良き北条美人が多数見られるのも本作ならでは。

 また冴羽獠の代名詞でもあり、おませな少年たちの心を鷲掴みにした“もっこり”や香の100tハンマーといったギャグパートの切れ味も鋭い。シリアスなシーンとのコントラストは抜群である。全体としては『A・H』シリーズはどちらかと言うとハートウォーミングな満足感が突出している印象だが、『C・H』ではカッコよさ・お色気・ギャグ・アクション・人情といったオールラウンドな満足感を味わえるはずだ。

 加えて、今回の愛蔵版ではスペシャルな特典も見逃せない。ジャンプ・コミックスではカクテルの様な美しい色合いのカバー画が印象的だったが、愛蔵版では各巻それぞれX・Y・Zをイメージしたデザインに獠たちが配されるというモダンな雰囲気に刷新している。背表紙は完全描きおろしで、全巻揃えることでひとつなぎの絵になる仕掛けだ。

 最大の目玉となるのは全巻購入特典として“新作の短編アニメ『獠のプロポーズ』DVD”か、“複製原画セット”を選ぶ事ができる点だ。特典アニメは実写、アニメ、モーションコミックス等、様々な表現方法を取り入れたモーショングラフィックアニメという新しい映像になっているそうで、北条司氏の美しい描線を存分に活かした内容に仕上がっているという。原画は言わずもがな、超美麗である。さらに各巻には北条司氏による全エピソード解説と、ロングインタビューも付属するという大盤振る舞いで、ファンならずとも手に入れて損はない仕様になっている。

 今年10月には『A・H』の実写ドラマも放送されるということで、大々的に盛り上がりを見せる本シリーズ。そのルーツとなる本作も、ぜひこの機会にコレクションして頂きたい。

文=すぎやまなつき

■『シティーハンター XYZ Edition
著:北条司
価格:1,600円(+税)
発売日:2015年7月18日(土)
発売:徳間書店
発行:ノース・スターズ・ピクチャーズ
巻数:全12巻
※以後、毎月20日に2巻ずつ発行(9月、12月は19日発売)