「君が代」を歌うべきか排除すべきか 肯定論でも否定論でもない新しい“第三の道”の提唱

社会

2015/10/11

『ふしぎな君が代 (幻冬舎新書)』(辻田 真佐憲/幻冬舎)  毎年の入・卒業式や、オリンピックを筆頭とするスポーツの世界大会があるたびに議論を巻き起こす、国歌「君が代」。保守派とリベラル派が賛否の矢玉を浴びせ合うさまにうんざりした少なからぬ人は、「君が代」を「面倒くさい歌」と感じているかもしれない。  主に、「君が代... 続きを読む