本田翼&山本美月で『少女』実写映画化! 原作者・監督・ファンもふたりの起用にご満悦!?

映画

2016/1/8


 『告白』「北のカナリアたち」(原案「二十年後の宿題」/『往復書簡』収録)『白ゆき姫殺人事件』と、次々に作品が映画化されてきた作家・湊かなえ。2016年、また一冊、湊作品の映画化が決定した。その作品は、長編ミステリーの『少女』で、主演には本田翼&山本美月という人気若手女優ふたりが抜擢された。少女たちの衝撃的な夏休みを描いた同作の映画化に、原作ファンからは「湊かなえで1番面白かった作品が実写化!」といった声が上がっている。

 湊のデビュー作は、終業式後のホームルームで、女性教師が我が子を殺した犯人である少年を指し示す『告白』。デビュー作とは思えぬ完成度を見せつけ、2009年「第6回 本屋大賞」を受賞した。同賞の発表会の席で、「5年後も作家であること。5年後の代表作が『告白』だけでないことを心に誓って、今日をスタートと思ってがんばりたい」と、作家としての抱負を語った湊が、その思いをぶつけるかのように書いたのが、2作目の『少女』だ。

 『少女』の主人公は、由紀と敦子という高校2年生の2人の少女。由紀は、転校生の「親友の自殺を目撃したことがある」という告白を自慢のようにも感じ、また「自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたい」と思っていた。対する敦子は、自殺を考えたことがあり、「死体を見たら、死を悟ることができ、強い自分になれるのでは」と思案していた。そして、それぞれ目的を果たすため、夏休みを利用し、由紀は小児科病棟へ、敦子は老人ホームへとボランティアに向かうのだった―。

 由紀の視点、敦子の視点で描かれる物語が、やがて繋がっていく、累計発行部数100万部突破の『少女』。2016年秋公開となる映画で由紀を演じる本田翼は、2015年、月9ドラマ「恋仲」や映画「起終点駅 ターミナル」でヒロインを務めたことが記憶に新しい。一方、敦子役の山本美月は、1月17日(日)から始まる有栖川有栖原作のTVドラマ「臨床犯罪学者 火村英生の推理」に出演するほか、6月公開予定の映画「貞子 vs 伽椰子」では主人公・倉橋有里を演じる。映画のクライマックスのシーンを見た原作者・湊は「由紀というキャラクターは、誰よりも強くて、誰よりも弱い… 最初に本田さんが演じると聞いたときから、『ぴったり!』だと思っていました」「一見ふわふわした感じで… 弱さの中に自分を隠している子。山本さんのイメージとも相まって、敦子に合っているなと感じました」と語っている。

 映画「しあわせのパン」「ぶどうのなみだ」などで知られる、『少女』の監督・三島有紀子も「(本田は)じっくり見るとどこか『怒りの感情』を秘めた表情を感じられることがありました。そこをしっかり前面に押し出すことで、本人が映像をみて『怖い!』と言ってしまうくらい、三白眼ベースの知的で繊細な“由紀”――(山本は)とても気を遣う、細かいところまで周囲を見ている方。であって、根の部分は明るくて男前なので、素で“敦子”を演じられるのではないかと思っていました。作品では、人間の脆さを表現しながら、かっこいい敦子ができ上がった」と高く評価している。

 そんなふたりは、自身の作品に対し「撮影中は毎日、監督から“挑戦状”をもらっている感覚――1カ月弱の撮影期間でしたが、毎日が物凄く濃厚で『あれ、これって今日の出来事だっけ!?』とわからなくなるほどでした」(本田)、「監督から『だんだん(敦子は)こう思ってくる』と耳元でささやかれると、なぜか本当にそう思えてくるんです。その影響か、撮影期間中に勉強のためにほかの作品を観ることがあったのですが、敦子寄りのキャラクターに感情を入れ込んでしまって…。心が無防備というか、傷つきやすい状態になることもしばしばありました」と語った。

 『少女』映画化については、原作ファンからの「やったぜ」「絶対観る!」「わたし、原作持ってるううう~、嬉しい」「楽しみ! ラストの衝撃!」「最後どうなるかわからんけど、面白そう」「好きなものばっかり詰まっとるやないか!」などの声や、主演ふたりのファンからの「両方めっちゃかわいい。こんなかわいい女の子見たことない」「美月ちゃんの勢いが止まらない!」「本田翼は本当にかわいいな」「俺得キャスティング」といった声が上がっている。

 ほかにも「共演も楽しみやけど、三島監督がこの題材をどう演出してるかも楽しみ」「三島有紀子監督のイメージにない感じだから、なんだかとても気になってる」「今度本買おうっと」「湊さんの映画化はハズレなし」「『告白』<『北のカナリアたち』<『白ゆき姫殺人事件』と、どんどん面白くなってるから『少女』には超期待してます」などの声が見られる。この映画で湊を初めて知ったという方は幸せかもしれない。秋に向けて、湊作品を完全制覇する喜びを味わえるのだから。

映画「少女」
公開日:2016年秋
原作:湊かなえ
監督:三島有紀子
出演:本田翼、山本美月


■『少女
著:湊かなえ
価格:619円(+税)
発売日:2012年2月16日
出版社:双葉社