岸本斉史「チョコレートを食べた事のあるすべての人に読んで欲しい」天才ショコラティエ・小山進×絵画の魔術師・にしのあきひろによる絵本発売

文芸・カルチャー

2016/4/7

 日本を代表する世界的なショコラティエ・小山進と、お笑い芸人であり、絵画制作でも高い評価を受ける・にしのあきひろがコラボレーションして製作された絵本『The Lost Treasure-失われたアルアコの秘宝』が2016年4月1日(金)に発売された。

『The Lost Treasure-失われたアルアコの秘宝』は、“チョコレート”にまつわる壮大な愛と冒険を描いた物語絵本。発売にあたり、『NARUTO -ナルト-』作者の岸本斉史からもコメントが寄せられている。

チョコレートを食べた事のあるすべての人に読んで欲しい物語。そして何よりチョコレートが食べたくてしかたなくなる、そんな大冒険の物語。漫画家・岸本斉史

 古代よりアルアコの王宮に伝わり、アルアコの秘宝といわれた「白いカカオ」と「カカオのミイラ」。美しいアルアコの王女コパルとともに奪われたその秘宝を めぐり、主人公ハイメと協力者のショコラティエ・ススムらは、4つの宝からなる珠玉のチョコレートづくりを成功させ、8人の魔女を撃退。2つの宝とともに 500年以上もの昔から魔女の館に捕えられていたアルアコの王女コパル姫を取り戻す。至宝のカカオをめぐり、悠久の時を越えて展開する―。

 天才ショコラティエ・小山進が紡ぐロマン溢れる物語を、様々なジャンルでクリエーターとして躍進するにしのあきひろが彩る『The Lost Treasure-失われたアルアコの秘宝』。チョコレートとともに、あなたの大切な人に贈ってみるのもいいかもしれない。

■『The Lost Treasure-失われたアルアコの秘宝
作:小山進
絵:にしのあきひろ
価格:1,600円(+税)
発売日:2016年4月1日(金)
発売元:双葉社

小山 進
1964年京都市生まれ。2003年、兵庫県三田市に「パティシエ エス コヤマ」をオープン。2011年、世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」に初出展。フランスで最も権威あるショコラ愛好家「C.C.C.」のコンクールでは、最高位獲得と同時に「外国人部門最優秀ショコラティエ賞」を受賞。以後、最高位を5回、最優秀賞を3回受賞するなど、日本を代表するパティシエ・ショコラティエ。

にしの あきひろ
1980年兵庫県生まれ。1999年に梶原雄太と漫才コンビ「キングコング」を結成。「NHK上方漫才コンテスト」最優秀賞など受賞も多数。現在多くのレギュラー番組や漫才ライブ・ソロトークの独演会などで活躍する一方、演劇やショートムービーの脚本・演出、クレイアニメの製作も手掛ける。絵本作家としても『Dr.インクの星空キネマ』『オルゴールワールド』などの名作を精力的に世に送りだし、クリエーターとしても躍進中。

※掲載内容は変更になる場合がございます。