9割が「離婚して良かった!」と回答!? 40代シングルマザーのリアル

恋愛・結婚

2016/6/18

 今年に入って芸能人の不倫問題が相次いでいる。離婚を決めたカップル、離婚をしなかったカップル、その解決法はそれぞれである。そんな相手の浮気やDVなど夫婦間トラブルは、程度の差はあれ誰しも感じながら生活しているだろう。では、離婚をし、シングルマザーとなることを決めた女性は、その選択をどう思っているのだろうか? 現在発売中の『GLOW(グロー)』7月号では、「40代シングルマザー白書」と題して、40代シングルマザー300人に調査。離婚のいきさつや生活、子どもについてなど、シングルマザーのリアルに迫っている

シングルマザーの選択に9割強が正解だったと回答!

「シングルマザーを選択して正解だった? 後悔している?」との問いに対して、92.3%の人が正解だったと回答! 後悔している人はわずか7.7%という結果に。そして「シングルマザーになった理由は?」との問いには、自分から離婚を切り出した人は全体の7割で、その原因はもっとも多いのは性格の不一致であった。


選択する際に一番不安だったこと第1位はお金

「シングルマザーを選択する際、一番不安だったこと」は62.7%の人が「経済上の不安」と回答。次いで、子どものメンタル、仕事、子どもの教育、自分のメンタル、住居という結果に。第1位の「経済上の不安」を解決法は、「市の福祉の担当者さんに相談したり、ハローワークで職を探した」「まず稼ぐ。あと公的な補助金制度を利用」「ファイナンシャルプランナーに相談した」「まわりの人のアドバイスやブログなどを読んで知識を得た」など、とにかく働きながら、制度を利用することで乗り切った人が多数のよう。

一番大変なことは「親が自分ひとりであること」

一方「シングルマザーとして一番大変なこと」を尋ねると、お金に関する意見もある中、もっとも多かった意見は「親が自分ひとりであること」。「すべての責任をひとりで負わなくてはならない重圧」「子どもに対して叱る、甘やかすの両方が一度にできない」「自分の代わりがいないので、体調の悪いときはかなりきつい」など、シングルマザーの選択に後悔はないけれども、「子どもが頼れるのは自分ひとりである」という重圧は相当のようだ。

 平成23年全国母子世帯等調査によると、母子世帯は123.8万世帯、父子世帯は22.3万世帯で、合わせるとひとり親世帯は150万世帯を超えている。「私は大丈夫♪」と思っていても、いつどうなるかは分からない…。「40代シングルマザー白書」でそのリアルを覗いてみてはいかがだろうか。

『GLOW』7月号誌面では、「大人の着やせ新常識」と題して、ウエストインやハイウエスト、体型別細見えの方法などを伝授! その他、「湿気に負けない時短メイク&ヘア」「おしゃれなエスパ&大人のかごバッグ」「40歳からの楽&早ダイエット」など、夏に向けて今だからこそ参考にしたいコンテンツばかり。

 またブランドアイテム特別付録は、「ロッタ・ヤンスドッター トレー3枚セット」。オーガニックで洗練されたデザインのテキスタイルとオリジナルの生活雑貨が注目を集めるロッタ・ヤンスドッターとのコラボによって、テーブルが華やぐ大人気北欧柄のトレーが完成! 食器トレー、貴重品トレー、アクセトレーの豪華3枚セットで、スタッキングできるから収納場所に困らないのも嬉しいポイント。『GLOW』7月号限定アイテムなので、売り切れてしまう前にゲットしよう!

img04

■『GLOW』7月号
発売日:2016年5月28日(土)
特別定価:800円(税込)
出版社:宝島社
⇒公式サイトはこちら