手持ちのカメラとスマホで撮れる、おいしいかわいい料理写真の撮り方

暮らし

2016/10/23

 誰もが気軽に料理を撮ってSNSにアップする時代。おいしい料理をもっとおいしそうに撮って共有したい、おいしそう! すてき! と言われたい。そんな人のすべての願いをかなえる、『おいしいかわいい料理写真の撮り方(手持ちのカメラとスマホで撮れるフードスタイリングと撮影の本)』が2016年10月20日(木)に発売された。

 著者は、大人気の料理写真教室・スタイリング教室で大評判のカメラマン・佐藤朗とフードスタイリストの小坂桂。教室での生徒との対話の中から導き出した「これを押さえればまちがいなくかわいい写真になるツボ」を惜しみなく披露している。

    img02
    img03

 難しいカメラ用語は一切なしで、教室での語り口調そのまま。巻頭の作例と撮影データを真似するだけでもOK。また、撮影機材も一眼レフからミラーレスカメラ、そしてスマホでも対応できるような構成。直観的に理解しやすい「こんな写真が撮りたい」から入る章や、ちょっとだけプロのお仕事現場の様子がわかるお話も添えられている。

    img04
    かわいいしかない。ガーリーなおいしさ
    img05
    おいしいをいっぱい! 持ちよりパーティテーブル
    img06
    海外のスイーツ写真みたい あえてトーンを落としてクールに表現
    人気の #おしゃピク 作例も

佐藤朗(さとう・あきら)
書籍、雑誌、広告など各種メディアで活躍するかたわら、料理専門の写真教室フェリカ・スピコを主宰。基本の撮影テクニックから上級者向けのライティング技術や画像処理など、料理撮影に特化した教室はどれも人気。

⇒料理専門の写真教室「felica Spico(フェリカ・スピコ)」

img09

小坂桂(こさか・かつら)
書籍、雑誌、WEB、広告、商品パッケージなど、さまざまな媒体のフードスタイリングを担当。felica spicoでは、フードスタイリング講座も開催している。

⇒「小坂桂」公式サイト

※掲載内容は変更になる場合があります。