スタジオカラー10周年展にファン大盛り上がり!「エヴァにゴジラに監督不行届… なんて豪華な展示会!」

エンタメ

2016/10/30

 「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズで知られる庵野秀明が代表取締役を務める、株式会社カラーの10周年記念展「株式会社カラー10周年記念展 ~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~」が2016年11月23日(水)から11月30日(水)にかけて開催される。この知らせにファンたちは「これはエヴァオタとして必ず行かなければ…」「安野モヨコ描き下ろし番外編もめっちゃ気になる!」「エヴァにゴジラに監督不行届… なんて豪華な展示会!」と大盛り上がりだ。

 同展では、初展示を含む「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの原画や設定資料の展示、期間限定で公開された「桜流し(ヱヴァ:Qバージョン)」のミュージックビデオの特別上映、短編アニメーションシリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の原画・資料の展示などが行われる。また、庵野による実写作品「シン・ゴジラ」に登場するゴジラの3形態の雛型も登場する。

 さらに、株式会社カラーの取締役で、庵野の妻でもある安野モヨコが同展のために描き下ろした『監督不行届』番外編「おおきなカブ(株)」を、スタジオカラーがアニメーション化して上映することが決定している。『監督不行届』は、庵野秀明と安野モヨコという“オタク界の頂点・アンノ夫妻”の結婚生活を元にした安野によるコミックエッセイ。2人のディープな日常がつづられ、庵野のオタクっぷりを初めて世に知らしめた作品でもある。同作は「庵野監督のオタクっぷりが可愛らしくて…」「エヴァ好きにもオタクにも、もちろん普通の人にもおすすめなほのぼの夫婦エッセイ。純粋に面白い!」「夫婦ってやっぱり似てくるものだよな…」と大好評。そんな2人の共同作を見れるとあって「もうこれだけで、観に行く価値あるって思うよね!」と注目を集めている。

 日本を代表する庵野監督が率いるスタジオカラー、そして日本オタク界の頂点“アンノ夫婦”の事を隅々まで知ることのできる同展は、日本のアニメ・漫画ファンにとっては見逃せないイベントだ。

「株式会社カラー10周年記念展 ~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~」
開催期間:2016年11月23日(祝・水)~11月30日(水)
時間:11:00~21:00
※最終入場は20:00
会場:ラフォーレミュージアム原宿
住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階
料金:500円(税込)
主催:株式会社カラー
協賛:株式会社映像センター 株式会社丹青ディスプレイ
協力:ラフォーレ原宿
⇒「株式会社カラー10周年記念展」特設サイト