堤真一がさえないヒーロー、小泉今日子が鬼嫁に!? 藤子・F・不二雄『中年スーパーマン左江内氏』ドラマ化決定にファン歓喜

エンタメ

公開日:2016/11/6

 『ドラえもん』でおなじみの日本を代表する漫画家、藤子・F・不二雄のヒーロー漫画『中年スーパーマン 左江内氏』が日本テレビの土曜ドラマとして2017年1月期に放送されることが決定した。藤子・F・不二雄唯一の“大人ヒーロー”物語のドラマ化とあって、「なんていうチョイス!」「これは見ざるを得ない」と早くも話題沸騰中だ。

 『ドラえもん』『パーマン』『オバケのQ太郎』『キテレツ大百科』『エスパー魔美』など、挙げればきりがないほどの名作漫画を生み出してきた藤子・F・不二雄。川崎市に「藤子・F・不二雄ミュージアム」が建てられるほどの国民的漫画家だが、『中年スーパーマン 左江内氏』という作品については「なにこれ知らなかったんだけど!!」「大人向けっぽい感じのも描いてるんだ」という驚きの声もあがっている。

 同作は、平凡で冴えない中年サラリーマンの左江内がある日、スーパーマンを自称する男からその役割をいやいやながら引き継がされてしまうという設定。鬼嫁と思春期の娘と息子をもつ父親が家庭や世界の問題に立ち向かう物語とあって、主人公と同世代のサラリーマンたちからの支持も集めている。

advertisement

 今回のドラマ化で主人公の左江内を演じるのは映画やドラマなどで幅広く活躍する実力派俳優・堤真一。園子温監督の「地獄でなぜ悪い」ではヤクザの親分として和服姿を披露してくれたが、今回はヒーローとしてスーパースーツ姿に挑戦。公式サイトのコメントでは「実際に着てみて、『何て格好させるねん』と(笑)」と語っており、堤の新たな姿にも注目が集まっている。

 そして、妻・円子を演じるのは歌手・女優の小泉今日子。鬼嫁役を演じることに関しては「個人的には、完全なるミスキャストだと思っています(笑)」とコメント。アイドル時代の可愛らしいイメージもまだまだ残っている小泉だけに、こちらも見たことのない一面を見せてくれそう。

 ドラマ版は「スーパーサラリーマン 左江内氏」というタイトルで土曜の夜9時から放送予定。藤子・F・不二雄や各俳優たちの知られざる一面が覗けるドラマになりそうだ。

■ドラマ「スーパーサラリーマン 左江内氏」
原作:藤子・F・不二雄
脚本・演出:福田雄一
音楽:瀬川英史
プロデューサー:高明希、柳内久仁子
出演:堤真一、小泉今日子
制作協力:日テレアックスオン
放送:日本テレビ/毎週土曜日 21:00~/2017年1月期放送予定
⇒ドラマ「スーパーサラリーマン 左江内氏」公式サイト