『るろうに剣心』新章・北海道編始動にファン大興奮!!「るろ剣のみんなにまた会えるのか…!」「まじで嬉しすぎる!」

アニメ・マンガ

2016/12/18

 和月伸宏による大人気漫画『るろうに剣心‐明治剣客浪漫譚‐』(以下、『るろうに剣心』)の新章・北海道編が来春よりスタートすることが2016年12月2日(金)発売の『ジャンプSQ.』1月号で発表された。この知らせにファンたちは「長い時を超えて、るろ剣のみんなにまた会えるのか…!」「北海道編新章はまじで嬉しすぎる!」「“幻の”とまで言われてたのに…これは現実なの!?」と大興奮のようだ。

 『ジャンプSQ.』1月号には、『るろうに剣心』番外編として『-るろうに剣心・異聞‐ 明日郎 前科アリ』(以下、『るろうに剣心・異聞』)後編が掲載されていた。剣心、弥彦、薫と懐かしのキャラクターも登場。久しぶりに作品の中で活躍する剣心の姿に「あぁ…また剣心と一緒に時を刻んでいけるのか」「子供だった俺も、パパになったぞ剣心よ」「あれから約18年…月日は早いな。剣心は全く変わらないけど」と月日が流れる速さをしみじみと感じる人も。

 さらに最後のページでは、この外伝こそ新章『るろうに剣心・北海道編』の序章であったことが明かされ、ファンは「るろ剣新章と知ってから、頭の中が緋村剣心でいっぱいいっぱい…」「わたし生きててよかった」「ぁぁああすごくすごくすごく見たかった北海道編!! 嬉しすぎるやばい涙!!!」とプチパニック状態のようだ。

 『るろうに剣心・北海道編』は、作者の和月が度々構想を語っていたことでも有名。彼らと来春、北海道の地で再び会えることを楽しみにしていよう。