ジャンプ最新号表紙で連載陣が『ONE PIECE』20周年をお祝い!! 空知英秋と仲間りょうが描いたニコ・ロビンに思わずツッコミ!?

マンガ・アニメ

2016/12/17

    img01
    『週刊少年ジャンプ』2・3合併号(集英社)

 2016年12月12日(月)に発売された『週刊少年ジャンプ』2・3合併号では、同誌連載陣の描いた『ONE PIECE』のキャラクターが表紙を飾り「眼福すぎる! 雑誌の表紙買いとか初めてした!」と話題になっている。

 今回の表紙は『ONE PIECE』連載20周年を記念したもの。表紙にも「仮装で祝おう20周年!!」と書かれているように、サンジに扮する『僕のヒーローアカデミア』の主人公・緑谷出久や、『ハイキュー!!』の日向翔陽によるチョッパーの仮装などが描かれている。「すごい可愛いチョッパーがいると思ったら日向くんじゃん!」「サンジが出久くんなのは足技つながりかな?」と反響を呼んでいる。

 他にも『ブラッククローバー』田畠裕基と『鬼滅の刃』吾峠呼世晴が描くゾロをはじめ、ナミやウソップ、フランキーといったお馴染みのキャラクターが描かれており、「吾峠先生はゾロだろうな! 三刀流似合ってる!」「ミウラタダヒロ先生のナミさん可愛すぎ!」と絶賛の声が続出。

 一方で、『銀魂』空知英秋と『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』仲間りょうが描くニコ・ロビンが一際異彩を放っている。ニコ・ロビンはこの両名しか描いていないということもあり「この2人のせいでロビンちゃんがネタ枠みたいになってるwww」という声が。

 ちなみに今回の表紙、向かって右側には本家・尾田栄一郎によるルフィが半分だけ描かれており、「次号とつながる表紙だ! もう半分は…?」との文言もあることから、次号でも何かしらの企画が用意されていることが予想される。「今ジャンプで連載している作家は大体登場したし… 次号はどんな感じの表紙になるんだろう?」とファンは期待に胸を膨らませているようだ。