70年代のパロディ作品を扱う企画展に注目集まる!「絶対面白いやつだこれ」

マンガ

公開日:2017/1/17

 2017年2月18日(土)から4月16日(日)にかけて、東京ステーションギャラリーで企画展「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」が開催される。これには「絶対面白いやつだこれwww」「すげー興味がそそられる」「あああ! これはなんともすばらしい企画!」と高い関心が寄せられている。

 1960年代中頃から日本のアーティストが頻繁に実践し、70年代に入るとテレビや雑誌などを通じて社会的に流行した「パロディ」。この展示では日本語として定着し、それでいてなお不明瞭なパロディという技術または形式を、当時の視覚文化を通じて振り返ることができる。

 赤瀬川原平や横尾忠則など、時代を彩ったアーティストから知られざる作家までの絵画、マンガ、グラフィックなど約300点の作品が展示される予定。それらの中には赤瀬川がつげ義春の漫画『ねじ式』をパロディした『おざ式』、長谷邦夫が『ねじ式』と『天才バカボン』をミックスしてパロディした『バカ式』、『巨人の星』と『ゲゲゲの鬼太郎』をミックスしてパロディした『ゲゲゲの星』、楳図かずおの『おろち』をパロディした『おそろち』などがある。

 会期中には南伸坊夏目房之介会田誠ら豪華な顔ぶれによるトークイベントも開催される。こちらもファンならば是非聞きたい貴重なイベントとなることだろう。

■企画展「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」
会期:2017年2月18日(土)~4月16日(日)
開館時間:10:00 ~ 18:00 金曜日は20:00まで開館
入館料:一般900円、高校・大学生700円、中学生以下無料
会場:東京ステーションギャラリー
◆「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」東京ステーションギャラリー公式サイト
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201702_parody.html