ひき肉が一瞬でステーキに変わる!? 120万アクセス超えスーパー主婦「みきママ」のワザがスゴイ

食・料理

2017/3/21

 肉が食べたい。そんな気分の日はないだろうか。今日はステーキといきたいところだが、ステーキ肉はそれなりのお値段……。思わず二度見するスゴイレシピを発見した。ブログが1日平均120万超PVのスーパー主婦「みきママ」のなんちゃってステーキを紹介しよう。

◆家に帰ってから10分“究極のスーパーステーキ”の作り方


1、牛豚合いびき肉300gをトレーにギュッギュッ&塩こしょうをパパッ。


2、フライパンにパカッと出して、裏にも塩こしょうをパパッ。


3、両面をこんがり焼く。

 市販のステーキソースをかけたら、もう合いびき肉とは言わせない。見た目も味もステーキだ!

 テレビの料理番組でもひっぱりだこ、レシピ本が累計150万部突破というみきママ、驚きのワザはこれだけに留まらない。

◆一見ふつうに見える麻婆豆腐、実はいっさい包丁を使っていない


    写真は離乳食への取り分けシーン

みじん切りのねぎは、フォークで切り込みを入れ、はさみで切っている。


ひき肉とねぎを熱したあとに入れる豆腐は木べらでカット。

 主婦の願望「洗い物を減らしたい」に応えている。実家が中華料理店というだけあって、味も本格的だ。

 ワザを駆使すれば、料理はまだまだ時短できる。3人の子どもを育てながら、朝から晩まで料理研究を続けるみきママは、離乳食も大人メニューも手間を抜き、工夫を重ねる。赤ちゃんの離乳食も作らなくちゃ、パパのごはんはどうしよう……。献立を考えるのも作るのもイヤなときに、ぜひ参考にしたい。

 スーパー主婦「みきママ」の最新刊。赤ちゃんから大人まで大満足のレシピだけではなく、電子レンジで薄焼き卵を作るワザや、鍋を使わずにスパゲティを作るワザ(しかもおいしい)など、子どもがいなくても取り入れてみたいテクが満載だ。もちろん離乳食については、初期のフリージングから、中・後期の取り分けまで身近で簡単で役に立つ。時短できたら自分時間が増える、そう願いたい。