綾野剛×和久井健の豪華対談がマガジン17号で実現! ボツタイトル案に思わず綾野の本音がポロリ!?

アニメ・マンガ

2017/4/2

    img01
    『週刊少年マガジン』17号(講談社)

 2017年3月29日(水)に発売された『週刊少年マガジン』17号では、『新宿スワン』などでお馴染みの漫画家・和久井健と綾野剛の豪華対談が掲載されている。

 今回の対談は和久井の新作漫画『東京卍リベンジャーズ』が、2017月3月1日(水)発売の『週刊少年マガジン』13号より連載を開始したことを記念して実現。和久井のデビュー作品である『新宿スワン』実写映画で主演を務めている綾野が駆け付けた。対談は3ページにわたって行われ、タイトルの決定秘話や綾野が作品に抱いた感想などが語られている。

 タイトルの決定秘話では、同漫画のタイトルが鳥をモチーフにしていないという綾野の指摘が。確かに和久井のこれまでの作品タイトルを見てみると、『新宿スワン』を始め『セキセイインコ』や『デザートイーグル』など、鳥の名前が入っている。

 この指摘を受けた和久井は、鳥をモチーフにしたボツタイトル案を紹介していったのだが、綾野は思わず「ダサッ!」と発言してしまう。プライベートでも親交のある和久井と綾野のならではの和気あいあいとした雰囲気に、読者からは「この歯に衣着せぬ物言いに2人の仲の良さが垣間見える」との声が上がった。

 その他、同対談では『東京卍リベンジャーズ』について、実際に作品を読んだという綾野の感想を交えながら語られた。どうやら綾野は同漫画が映像化されたときの芝居を想定しながら読み進めたとのことで、“俳優”ならではの視点で作品を語っている。

 さらに話は綾野の「少年漫画」に対する思いや、映画「新宿スワン」にまで及び、対談は3ページとは思えない盛りだくさんな内容に。豪華な対談を見逃さないようにしよう!