読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

綾野剛

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
あやの・ごう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1982年、岐阜県生まれ。出演作に映画『ルパン三世』『闇金ウシジマくん2』、ドラマ『すべてがFになる』など多数。映画『新宿スワン』『Sー最後の警官ー奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE』に出演。

「綾野剛」のおすすめ記事・レビュー

綾野剛主演映画「楽園」の本予告解禁! 野田洋次郎&上白石萌音の主題歌に歓喜の声

綾野剛主演映画「楽園」の本予告解禁! 野田洋次郎&上白石萌音の主題歌に歓喜の声

 綾野剛主演映画「楽園」の本予告が公開。RADWIMPSの野田洋次郎がプロデュースを手がけた主題歌も解禁となり、「1人1人の表情が印象的な映像だった」「作品の雰囲気にぴったりな音楽」と注目を集めているようだ。  人気作家・吉田修一の短編2本を原作とした同映画。綾野はある町で起きた少女失踪事件の容疑者・中村豪士を演じ、ほかにも失踪した少女の親友・湯川紡役の杉咲花、田舎の集落で孤独に生きる男性・田中善次郎役の佐藤浩市など豪華俳優陣が名を連ねている。  予告映像はY字路で分かれる少女2人の映像から始まり、犯人扱いされる豪士や「どうしてお前は生きてる」と理不尽に責められる紡の姿が。町では新しい連続殺傷事件が起こり、追い詰められた善次郎が火のついた松明を手にどこかへ向かうカットも映し出された。  予告のバックで流れているのは、野田が作詞・作曲した楽曲を上白石萌音が歌う主題歌「一縷」。見た人からは、「佐藤さんはもちろん綾野さんも杉咲さんも迫真の演技だってことが伝わってくる」「追い詰められていく3人の心境に楽曲がマッチしてて切ない」「予告だけで苦しくなるほどレ…

全文を読む

映画「楽園」の“超特報”動画公開! 主演・綾野剛に「表情の演技がすごい」と期待の声続出

映画「楽園」の“超特報”動画公開! 主演・綾野剛に「表情の演技がすごい」と期待の声続出

 綾野剛主演映画「楽園」の“超特報”動画が公開。物語の始まりとなるY字路や人が炎に包まれる衝撃的なシーンが登場し、「綾野さんの表情の演技がすごい」「こういう重厚な映画を待ってた」と注目を集めている。

 映画の原作となるのは、『悪人』『怒り』など数多くの人気作を生み出してきた吉田修一の短編2作品。ある町のY字路で起きた幼女誘拐事件と、限界集落で孤独に生きる男性の狂気の物語が絡み合うストーリーだ。綾野は誘拐事件の容疑者として追われる青年・豪士を演じ、誘拐された女の子の幼なじみ・紡役に杉咲花、新たな事件を起こす男性・善次郎役に佐藤浩市も出演。さらに柄本明、村上虹郎、片岡礼子といった実力派の俳優陣が名を連ねている。

 解禁となった特報は、ランドセルを背負った少女2人が田んぼの真ん中の道を歩く場面からスタート。少女たちがY字路で別れた直後に映像が切り替わり、大人たちが少女を探し回る事件現場へと変化する。事件から12年後、成長した紡の隣に佇むのは容疑者だった豪士。動画の後半ではスクランブル交差点の人混みや事件関係者を囲むマスコミ、燃え盛る人を取り囲み唖然と見つめ…

全文を読む

綾野剛「私はあなたを忘れません」芥川賞受賞作『影裏』が綾野&松田龍平出演で映画化!

綾野剛「私はあなたを忘れません」芥川賞受賞作『影裏』が綾野&松田龍平出演で映画化!

 第157回芥川賞受賞作『影裏』が映画化されることが決定。綾野剛と松田龍平が出演することも明らかになり、「この2人の共演は嬉しすぎる!」「どんな雰囲気の作品になるんだろう…」と注目を集めている。

 主人公の今野は、転勤のために移り住んだ岩手で同僚の日浅と出会う。意気投合した2人は少しづつ親交を深めていくが、ある日突然日浅が会社を退職。しばらく経った頃に再会を果たすものの、離れていた分の心の距離はなかなか縮まることがなかった。ある日今野は日浅が行方不明になったことを知り、周囲の人々の話を聞くうちに彼の裏の顔を垣間見ることになる―。

 作者の沼田真佑は、デビュー作で芥川賞を受賞した驚異の新人作家。読者からは「淡々とした文章で、スッと頭に入ってきて心地よかった」「震災を取り上げているのに悲劇的じゃないところが好印象」「とても新人とは思えない文章力に驚かされる」と絶賛の声が続出。

 映画の監督は、「るろうに剣心」「億男」などの大友啓史が担当。今野を綾野剛、日浅を松田龍平が演じ、撮影はすべて岩手県で行われた。綾野は今野という役について、「これほど愛おしく苦しく刹…

全文を読む

「人はなぜ、罪を犯すのか?」 綾野剛、杉咲花、佐藤浩市出演で吉田修一『犯罪小説集』映画化!

「人はなぜ、罪を犯すのか?」 綾野剛、杉咲花、佐藤浩市出演で吉田修一『犯罪小説集』映画化!

(C)2019「楽園」製作委員会

 『悪人』や『怒り』など、多数の著書が映像化されている人気作家・吉田修一。新たに『犯罪小説集』の映画化が決定し、ネット上で「今から待ち遠しい」「絶対観に行く!」と早くも期待の声が上がった。

 吉田自ら「こんなにも物語をコントロールできず、彼らの感情に呑み込まれそうになったのは初めて」と語る同作。2016年に発表された短編集で、「人はなぜ、罪を犯すのか?」がテーマになっている。

 吉田作品最高傑作との呼び声も高く、読者から「犯罪者の手記? と思うほどリアル」「人間の持ってる汚い部分、悲しみなどを見事にえぐりだしてる」「突き刺さる珠玉の小説集」と評されている同作。映画は「楽園」というタイトルで公開され、主演には『怒り』の実写版でも好演を見せた綾野剛が抜擢された。

 青田に囲まれたY字路――。ある夏の日、幼女誘拐事件が起こった。未解決のまま、住民の胸には罪悪感だけがしこりのように残り、事件直前まで被害者と一緒にいた紡は心に深い傷を負った。 それから12年後――、再びそこで2つの悲劇が起こる。少女が行方不明となり、町営住宅で暮…

全文を読む

綾野剛「過去最大の難関に立ち向かおうとしています」『ハゲタカ』連ドラ化に大反響

綾野剛「過去最大の難関に立ち向かおうとしています」『ハゲタカ』連ドラ化に大反響

『ハゲタカ』 上巻(真山仁/講談社)

 真山仁の小説『ハゲタカ』が綾野剛主演で連続ドラマ化され、2018年7月からスタートすることが分かった。この発表に原作ファンからは、「綾野剛好きとして俺得すぎる」「夏の本命ドラマきたー!」と歓喜の声が巻き起こっている。

 原作は2004年に発表され、累計230万部突破のベストセラーとなった経済小説。外資系投資ファンドを率いる鷲津政彦が、不良債権を抱えた“大銀行”や経営不振の“名門企業”へ次々と買収劇を仕掛ける姿が描かれた。

 今回のドラマ化で監督を務めるのは、ドラマ「相棒」シリーズなどを手がけている和泉聖治。テレビ朝日の連続ドラマ初主演を飾る綾野が、“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも鮮やかに勝利していく鷲津役に挑む。

 ドラマでは、原作小説『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』で描かれた壮絶な企業買収の物語に加え、オリジナルエピソードも登場。真山がドラマのため書き下ろした原案をもとに、2018年という“現代”を生きる鷲津の姿が描かれるという。真山は「『ハゲタカ』の登場人物たちは、日本人の誇りの復活を叫び、希望を追い求…

全文を読む

綾野剛「宣伝不可能な作品が生まれようとしています」 映画「パンク侍、斬られて候」特報に反響続出

綾野剛「宣伝不可能な作品が生まれようとしています」 映画「パンク侍、斬られて候」特報に反響続出

 町田康『パンク侍、斬られて候』が、宮藤官九郎脚本、綾野剛主演で映画化されることが決定。アクション満載な特報動画も公開され、「これはキャスト全員カッコよすぎる」「長髪の綾野剛、色気がとんでもない…!」と歓喜の声が続出している。

 同作は、江戸時代の浪人・掛十之進が、自らまいた種によって大惨事に巻き込まれていく物語。十之進は奇妙な宗教団体「腹ふり党」がはびこる黒和藩に現れ、超人的な剣さばきを活かして藩の“腹ふり党対策要員”として仕官することに。しかし十之進の適当で不真面目な性格が発端となり、腹ふり党や藩の重臣たちの思惑が絡みあう予想だにしない事態へと発展してしまう―。

 映画では十之進を演じる綾野の他に北川景子、東出昌大、染谷将太、浅野忠信、豊川悦司といった豪華俳優陣が出演することが明らかになっている。

(C)エイベックス通信放送

 特報動画は猿の大軍が屋根の上を飛び交う場面から始まり、12人のキャラクターたちが次々と登場。宙に浮く豆、北川の踊り、浅野の体に刻まれたうずまき模様など謎の多い映像は、「猿のインパクトがすごいwww」「特報だけでものすごく濃…

全文を読む

「超豪華!!」綾野剛×宮藤官九郎×石井岳龍『パンク侍、斬られて候』実写映画化に大反響!

「超豪華!!」綾野剛×宮藤官九郎×石井岳龍『パンク侍、斬られて候』実写映画化に大反響!

(C)エイベックス通信放送

 町田康の傑作小説『パンク侍、斬られて候』が、主演・綾野剛、脚本・宮藤官九郎、監督・石井岳龍で実写映画化される。この知らせにファンからは、「ぎゃーーー!! 超豪華! ありがとう!!」「そんなの面白いに決まってるよ!」と期待の声が続出中だ。

 同作は、芥川賞作家・町田が2004年に発表した作品。江戸時代を舞台にしながらも、現代に近い口語による滑稽な会話の応酬に特異なキャラクター、驚きに満ちたストーリー展開とド肝を抜く大団円で、「意味のわからない圧倒的な迫力。クセになる」「次々と意味のわからない展開が襲ってくるのにほんっっとうに面白い…」「小説でしか得ることのできない快楽が詰め込まれた一冊」と多くのファンを魅了している。

 そんな同作の主演を務めるのは、さまざまな役柄を演じ、実力派俳優の名をほしいままにする綾野剛。さらにユニークな登場人物同士の掛け合いや巧妙な駆け引きを得意とする希代のストーリーテラー・宮藤官九郎が脚本を務める。これにはファンも、「宮藤官九郎と綾野剛って考えうる限り最高のチョイス」と大興奮。

 監督は、『狂い咲き…

全文を読む

「号泣した」ドラマ「コウノドリ」7話、子宮摘出手術と向き合う吉田羊の演技に絶賛の声

「号泣した」ドラマ「コウノドリ」7話、子宮摘出手術と向き合う吉田羊の演技に絶賛の声

『コウノドリ』21巻(鈴ノ木ユウ/講談社)

 綾野剛主演ドラマ「コウノドリ」の第7話が2017年11月24日(金)に放送された。今回は子宮全摘出という重い決断を迫られた小松留美子(吉田羊)のエピソードが描かれ、「羊さんのお芝居に号泣した」「小松先生が素敵すぎる」と視聴者から感動と絶賛の声が相次いでいる。

 第7話では、腹痛を訴え倒れた小松が子宮腺筋症と卵巣チョコレート嚢胞という病気を患っていることが判明。診察したサクラ(綾野)と四宮(星野源)は子宮の全摘出を勧めるが、独身で子供を持たない小松は迷いを捨てきれない。妊娠した元同級生や、同じ職場で子供を持つ祥子(江口のりこ)と恵美(松本若菜)の姿を見ながら、小松は“母になる人生”と“母にならない人生”について考えるのだった。

 ある日の夜、サクラは仕事終わりに小松を連れ出し、ピアニストのBABYとして一度演奏しに来たことがあるという店へ。小松のためだけに店のピアノで特別な演奏をプレゼントしながら、「頑張ってる小松さんも好きだけど、頑張ってない小松さんも大好きです」と、彼女の決断を応援する。その言葉を聞いた…

全文を読む

「綾野剛」のおすすめ記事をもっと見る

「綾野剛」のレビュー・書評をもっと見る

「綾野剛」の本・小説

綾野剛 2009▶2013▶

綾野剛 2009▶2013▶

作家
綾野剛
出版社
幻冬舎
発売日
2013-01-25
ISBN
9784344023215
作品情報を見る
ユリイカ2012年9月臨時増刊号 総特集=平成仮面ライダー 『仮面ライダークウガ』から『仮面ライダーフォーゼ』、そして『仮面ライダーウィザード』へ・・・ヒーローの超克という挑戦

ユリイカ2012年9月臨時増刊号 総特集=平成仮面ライダー 『仮面ライダークウガ』から『仮面ライダーフォーゼ』、そして『仮面ライダーウィザード』へ・・・ヒーローの超克という挑戦

作家
白倉伸一郎
國分功一郎
高岩成二
井上敏樹
宇野常寛
川上弘美
井上伸一郎
福士蒼汰
井上正大
綾野剛
出版社
青土社
発売日
2012-08-08
ISBN
9784791702428
作品情報を見る
Otome continue Vol.3

Otome continue Vol.3

作家
山口 賢貴
桑野 晃輔
御徒町 鳩
ギンナナ
ゴールデンボンバー
千葉雄大
古原 靖久
竹内佐千子
綾野剛
早乙女太一
木村了
片岡 義朗
えすとえむ
やまだないと
*pnish*
雁須磨子
出版社
太田出版
発売日
2010-11-13
ISBN
9784778312374
作品情報を見る

「綾野剛」人気の作品ランキングをもっと見る

「綾野剛」の関連画像・写真

「綾野剛」の関連画像・写真をもっと見る