宮澤佐江「家族にすら話せなかった話も収められています」SNH48移籍からAKB48グループ卒業、そして現在に至る “成長記録”

エンタメ

2017/4/8

    img01
    『これさえあれば。』(宮澤佐江/ぴあ)

 2016年にAKB48グループを卒業し、テレビ、映画、舞台で活躍している宮澤佐江の書籍『これさえあれば。』が、2017年4月8日(土)に発売された。

 同書は、2012年12月に「ウレぴあ総研」でスタートした宮澤佐江の連載「ミラチャイ」の中から、人気の高かった回などを厳選して収録。“ミラクル・チャイナ・ドリーム”略して“ミラチャイ”というタイトルどおり、SNH48への移籍に始まりSKE48の兼任、デビュー10年目にしての卒業に至るまでのAKB48グループでの軌跡、ヒロインを演じる舞台「王家の紋章」再演を控えた現在の活躍、そして未来に広がる夢と可能性を凝縮して掲載している。

    img02

 また「王家の紋章」初演・再演での共演者、平方元基とのスペシャルトークも収録。壮絶だったという稽古で、果たして2人はどのように打ち解け合っていったのか? 再演を前に改めて強い絆を感じさせる2人の言葉は見逃せない。

SNH48への移籍直後から、SKE48の兼任、選抜総選挙からAKB48Gの卒業、そして卒業後の1年間もずっと。約5年にわたって毎月取材を続けてもらい、すんなりとはいかなかった“デコボコ道”のような経験や、そのときのリアルな思いがすべて詰まった、“宮澤佐江の成長記録”であり、集大成の一つとも言える作品です。

気持ちが上向きのときも、落ち込んでいるときも、一番身近にいる家族にすら話せなかった話も収められています。私に少しでも興味をもってくださった方はもちろん、いろいろな道を歩き始めた方、それぞれの道の途中にいる方にも、是非手に取っていただきたいです。宮澤佐江

    img03

 そのほか、リーダーに就任した時の気持ちや卒業後の心境、秋元才加と大島優子という「ふたりの心友」について赤裸々に語っている同書。AKB48を飛び出した先にあったものとはなんなのだろうか。

    img04

<コンテンツ>
はじめに
・SNH48への移籍とAKB48 32ndシングル選抜総選挙
・頼れる家族の支え
・メンバーとのコミュニケーションのとりかた
・上海劇場こけら落とし公演、そして劇場公演デビュー
・舞台「クザリアーナの翼」での経験
・SKE48の兼任とリーダー就任
・SKE48劇場公演初出演
・AKB48 37thシングル選抜総選挙
・SKE48でのはじめての生誕祭
・初主演ミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」
・DIVAとして最後のライブ、そして解散
・ふたりの心友
・ラスト総選挙
・AKB48劇場での思い出
・卒業発表とまわりの反応
・「奇跡は間に合わない」への思い
・卒業コンサートを振り返って
・卒業後の心境
・卒業後、はじめてのファンミーティング
・ミュージカル「王家の紋章」
・「王家の紋章」キャストのみなさんから学んだこと
・これからのこと
Special Talk 宮澤佐江×平方元基
おわりに

※掲載内容は変更になる場合があります。