一戸建てのマイホーム、どうせ売るなら高く売りたい! 知識ゼロでも相場の3割増しを実現する住宅売却のメソッド

社会

2017/5/16

 得する住宅売却のメソッドを紹介した『相場の3割増を実現! “お荷物”マイホーム高値売却術』が、2017年5月12日(金)に発売された。

 長年住んでいたマイホームを売るには大きな決断が必要となる。取引は高額になるうえ、多くの人にとってチャンスは人生に1度きり。だからこそ、絶対に損をしたくないと誰もが思うもの。

 しかし、不動産市場の供給過多や人口減による住み手の減少、経年劣化による価値の下落など、せっかく売りに出した物件が安く買い叩かれてしまうケースは少なくない。そこで同書は、戸建て住宅を売却する際に損をしないための秘訣を徹底解説。

 ボロボロになったマイホームを売却して、新しい家に住みかえたい。親の相続で譲り受けた物件を処分したい―。ムダのない“相場の3割増し”を実現する売却プランの立て方から物件の査定方法、「営業力はあるか?」「リフォームの提案は?」など、高値売却を実現する不動産会社の選び方、各種手続きやマーケティングに至るまで、不動産売却に関するテクニックを余すことなく紹介。取引後の手続きや買主とのトラブルを防ぐ秘訣、スムーズな引渡準備のポイントも掲載している。

 「取引後に後悔したくない」。そんなマイホーム売却の教科書となることを目指した同書は、マイホーム売却を検討中ならば必読だろう。また将来を見据えての予習にもなるので、知識ゼロからのスタートでも後悔しない物件売却の高額取引も夢ではない。

池田洋三(いけだ・ようぞう)
1969年生まれ。宮崎県出身。株式会社Hope Home代表取締役兼IGJ池田洋三行政書士事務所所長。宅地建物取引士など不動産関連資格に加えて、行政書士、ファイナンシャルプランナー(FP)、建築士の資格をもつ異色の不動産コンサルタント。その幅広い知識を活かして、住宅購入や売却などの不動産業のみならず、顧客1人ひとりの人生設計に合わせたファイナンシャル・プランを提案、高い評価を得ている。公認不動産コンサルティングマスター、宅地建物取引主任者、CFP認定ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、2級建築士、フラット35適合証明技術者、耐震診断、耐震改修技術者、応急危険度判定士、公認不動産コンサルティングマスター、CFP認定ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、2級建築士、耐震診断、耐震改修技術者、適合証明技術者(フラット35)、応急危険度判定士、宅地建物取引主任者。

※掲載内容は変更になる場合があります。