『ONE PIECE』連載20周年記念ムック本7月7日発売決定! エースが主人公の公式小説の扉絵は寺田克也が描き下ろし!

マンガ

公開日:2017/6/10

    img01.jpg
    『ONE PIECE magazine Vol.1』(集英社)
    (C)尾田栄一郎/集英社

 『ONE PIECE』連載20周年を記念して刊行されるムック本『ONE PIECE magazine Vol.1』が、2017年7月7日(金)に発売されることが決定した。続報を待ちかねていたファンからは「楽しみすぎる! 早く7月になって欲しい!」と期待の声が続出している。

 3カ月連続で刊行されるこのムック本では、作者の尾田栄一郎の描きおろし漫画やカラーイラスト、尾田自身に迫るロングインタビューや初の公式連載ノベライズ『ONE PIECE novel A』を掲載。ノベライズはルフィの兄・エースが主人公となっており、旅立ちから死まで、本編では語られなかったエースの人生が描かれる。小説の扉絵を描きおろすのは、漫画やキャラクターデザイン、小説の挿絵など多くのメディアで活躍するイラストレーター・寺田克也。この夢のコラボレーションは「寺田先生のワンピ絵!?」「寺田克也先生がワンピース描くとどんな感じなんだろう」と大きな話題に。

 さらに、麦わらの一味の各キャラにスポットを当てた短篇小説『ONE PIECE novel Straw Hat Crew』や、ルフィ、エース、サボの幼少期のエピソードを新たな表現で再構築、絵本化した『ONE PIECE picture book 光と闇と ルフィとエースとサボの物語』なども連載される。

 ほかにもアシスタントの目から見た尾田栄一郎や、ワンピースファンの日常を描いた漫画、麦わらの一味の各キャラの個性を引き出したコーナーなど様々な企画が満載。綴じ込み付録には本物仕様で作られたリアル調の手配書ポスターも登場し、「エースの小説だけじゃなくて幼少期の絵本まで!? サービス精神旺盛じゃん…」「リアル手配書が付録って! 豪華かよ!!」「とりあえず2冊買うし場合によっては3冊買います!」とその豪華さに驚きと感動の声が後を絶たない。

 連載作品だけでなく、表紙とカラーポスターも3号連続描きおろしで登場。今までにない新たなアプローチで『ONE PIECE』を楽しめる、ファンなら見逃せないムック本だ。