新海誠の15年間を完全網羅!『ほしのこえ』から『君の名は。』まで、450点を一挙に展示! 企画書や資料、主題歌と「言葉」で振り返る!

アニメ・マンガ

2017/6/28

    img01.jpg

 大ヒットを記録した映画『君の名は。』の監督・新海誠の15年間の軌跡をたどる展覧会「新海誠展」が、静岡県大岡信ことば館で2017年8月27日(日)まで開催中。その後、長野、東京、北海道、福岡など全国を巡回する予定だ。

 新海は2002年に個人で制作した短編作品『ほしのこえ』で商業デビュー。それから15年、“美しく壮大な世界ですれちがう男女の物語”を鮮やかに描き続け、世代や国境を超えて多くの人々を惹きつけ続けている。

 同展は、新海のデビュー15周年を記念し、絵コンテや作画、企画書、設定資料や美術背景など貴重な資料約450点を一挙に展示し、作品の制作過程を紐解いてゆく。また、新海作品の大きな特徴である「言葉」も同展の大きなみどころ。各作品から選りすぐった印象的なセリフや、モノローグ、キャッチコピーなどを様々な展示方法で紹介する。

    img02.jpg

 新海作品を彩ってきた主題歌も、歌詞と共に「指向性スピーカー」を用いて展示。映像に寄り添い、作品をより際立たせる音楽にも注目したい。作品の大きな魅力である風景描写も大画面で展示。各作品からカテゴリー分けされた様々なシーンを存分に味わうことができる。

    img03.jpg

 デビュー作『ほしのこえ』から、『雲のむこう、約束の場所』、今なお熱狂的に語り継がれる『秒速5センチメートル』や『星を追う子ども』、デジタル時代の映像文学と言うべき『言の葉の庭』、そして『君の名は。』までを完全網羅した同展。新海誠とその作品の魅力に触れ、さらなる発見を楽しもう。

    img04.jpg

■「新海誠展」
<静岡>
日時:2017年6月3日(土)~8月27日(日) 10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場:大岡信ことば館
料金:大人1,300円/学生・シニア(60歳以上)1,000円/小中高生700円
公式サイト:http://shinkaimakoto-ten.com/

<長野>
日時:2017年9月2日(土)~10月29日(日)
会場:小海町高原美術館

<東京>
日時:2017年11月11日(土)~12月18日(月)
会場:国立新美術館

<北海道>
日時:2018年1月3日(水)~2月25日(日)
会場:札幌芸術の森美術館

<福岡>
日時:2018年7月21日(土)~9月24日(月)
会場:北九州市漫画ミュージアム

以後、全国巡回予定

※掲載内容は変更になる場合があります。