「面白すぎて電車の中で聴くもんじゃねえな」椿いづみ『俺様ティーチャー』24巻限定版ドラマCDに反響続出!

マンガ・アニメ

2017/7/27

 連載10周年を迎えた『俺様ティーチャー』最新コミックス24巻が、2017年7月20日(木)に発売された。同時発売の初回限定版にはドラマCDが付属し、ファンからは「キャストも物語も面白くて爆笑してしまったwww」「ドラマCD聴いて俺ティーがますます好きになった!」と大きな反響が起こっている。

 現在『花とゆめ』に連載中の同作コミックスで、ドラマCDが付属した限定版が発売されるのは初めて。同日に発売された掲載誌『花とゆめ』16号は連載10周年を記念して主人公・黒崎真冬がクラッカーを鳴らした表紙となっており、同誌にもドラマCDを付属。コミックスのCDが「サイドA」、同誌のCDが「サイドB」と分けられ、それぞれ別のストーリーを収録している。

 ドラマCD2種について作者の椿いづみはツイッターを通して「聞きどころ」を解説しており、サイドA収録の第2・3話は椿による書き下ろしシナリオに。第3話の「東校生の138話キャラコメンタリー」は、タイトル通り真冬が在籍していた東校生が第138話を読みながらコメントしたもので、椿は「憧れのキャラコメが出来て嬉しい!」と綴っている。読者からは「ドラマCDでこんなに笑ったの俺様ティーチャーが初めてだわ」「ドラマCDも本編も最高!」「愛され感満載のエピソードですね」「面白すぎて電車の中で聴くもんじゃねえな」といった反応が続出しており、多くの“俺ティー”ファンを楽しませているようす。

 声優はサイドA・Bともに共通で、真冬役の喜多村英梨、早坂香役の水島大宙を筆頭に杉田智和や三宅健太ら人気声優が出演。これまでのキャラに加え今回初音声化となるキャラクターボイスも楽しむことができ、「このキャストでアニメ化希望!」「声優さんの熱演がすごいwww」などの声が相次いでいる。

 ドラマCD付き『花とゆめ』は一部店舗で既に売り切れていることがファンから報告されている。コミックスも初回限定版とあってレアアイテムになりそうだ。