片手をポケットに入れると存在感を強調できる!? 聞き手を退屈させない「プレゼンに効くジェスチャー」

ビジネス

2017/9/21

 すぐに使えるビジネスプレゼンに効くジェスチャーを紹介した、『プレゼンのパワーを最大限にする50のジェスチャー』が2017年9月7日(木)に発売された。

 プレゼンテーションの内容も構成もしっかり準備しているはずなのに、聞き手がいつも退屈してしまう。企画がなかなか通らない。会議が盛り上がらない…。その原因は「ジェスチャー不足」にあるかもしれない。そこで誰でもできるちょっとした「しぐさ」を1つ、2つ加えてプレゼンするだけで、プレゼンのパワーを引き出して簡単に相手を夢中にさせられるようになる。

 同書の著者は欧米で活躍するコミュニケーション学の第一人者、ヨッヘン・バイヤー。「手のひらを見せると、率直さが伝わる」「斜めにうなずくと、注意を引きつけられる」「片手をポケットに入れると、存在感を強調できる」「手を一瞬こすり合わせると、期待感を示せる」など、相手の注意を引きつけられる全50のテクニックを紹介していく。

ビジネストーク・就活の自己アピール・会合のスピーチですぐに使える
・一目置かれる9つのテクニック
・信頼される8つのテクニック
・モチベーションを高める7つのテクニック
・人前で上がらない10のテクニック
・反応を読む9つのテクニック
・組み合わせの7つのテクニック

 誰にでもできる簡単な仕草を身につけるだけで、プレゼンのパワーが最大限に。デキるビジネスマンを目指す人はぜひ手に取ってみてほしい。

ヨッヘン・バイヤー
ドイツシュヴェービッシュ・グミュント教育大学・教授学教授としてボディランゲージの指導と研究に携わる。米国ミシガン州グランドバレー州立大学コミュニケーション学科ならびに運動科学科をはじめ、各種教育機関で教鞭をとった経験をもつ。現在は職業選択指導(新卒者向け・転職者向けともに)も行っている。経営者向けのボディランゲージコーチとしてのキャリアも長い。

※掲載内容は変更になる場合があります。