100円ショップの〇〇で冷凍庫の中スッキリ! 台所しごとが劇的に楽になる習慣

ライフスタイル

2017/9/19

 台所しごとが劇的に楽になる数々の「習慣」をまとめた、『やる気の続く台所習慣40』が2017年9月8日(金)に発売された。

 著者はNHK「助けて! きわめびと」など各メディアで大反響の料理家・高木ゑみ。「効率が上がり、自分の時間が増えた」「イライラがなくなり、笑顔が増えた」「毎日の献立がスムーズに決まるようになった」など、これまで料理教室の生徒1,000人以上を笑顔に変えてきたノウハウを1冊にまとめている。

 例えば毎日悩んでしまう「献立」については、「無印のカレンダー管理」でマンネリ知らずのルーティンに。また「買い物と保存編」では買い出しが「週1回」で済む新鮮な食材の選び方や、食材を「100円ショップのブックエンドで『立てて保存』して冷凍庫の迷子をなくす」テクニックなどを紹介している。ほかにも「ひと味足りない」を助ける味つけの足し算ルールを掲載した「調理編」や、ストレス知らずの消耗品管理を教えてくれる「掃除とリセット編」など、様々な場面で役に立つ“習慣”がてんこ盛り。

 同書で紹介されている40個の習慣は、すべて料理教室の生徒から寄せられた「リアルなお悩み」がベースになっている。毎日の台所しごとに取り入れれば、あなたの台所の「やる気」が復活してキッチンに立つのが楽しくなっていくはず。

 献立から調理、収納まで今日からできるコツを惜しみなく紹介した1冊。もう台所で悩みたくないという人は同書を手に取ってみよう。

高木ゑみ
料理家、おもてなしプランナー。2008年、慶應義塾大学文学部美学美術史学科卒業。イギリス、オーストリア、アメリカへの留学で世界各国の料理に出会い、大学在学中から様々なレストランの厨房で調理の修行を開始。2008年10月~2010年4月まで、マカロン由香の料理教室、出張料理アシスタント。2009年3月「エコール辻東京」辻フランス・イタリア料理マスターカレッジ卒業。2009年からは美容と健康を軸に、「おうちでレストランのようなおもてなし料理」を提案すべく、ホームレストランプロデューサーとして「おもてなし料理教室」を主催。メニュー、商品開発、出張料理も行う。著書に『恋をかなえる 手づくり彼チョコ』、メニュー開発に、会員制ダイニング「六本木マテリオ」、中目黒「焼き肉JAPAN」、商品開発にハレノヒ新商品「ペロパン軽井沢」などがある。

※掲載内容は変更になる場合があります。