舞台は全ての欲を飲み込む街、歌舞伎町…上田竜也主演ドラマ「新宿セブン」に反響続々

エンタメ

2017/10/19

 2017年10月13日(金)深夜に、KAT-TUNの上田竜也主演ドラマ「新宿セブン」第1話が放送された。同ドラマの1話は「めっちゃ良かった! 攻めてる!」「上田くんも中村くんもいい演技するなぁ」と好評だったようだ。

 上田演じる新宿歌舞伎町「七瀬質屋」の店主・七瀬が、物の真贋を見極めると同時に依頼人の悩みや事件も解決していく姿を描いた同ドラマ。合法・非合法のありとあらゆる物が持ち込まれる「七瀬質屋」を営む七瀬は、第1話では部下の健太(中村倫也)と共に轟組長の愛人・明日香(片山萌美)のマンションを訪れる。七瀬の昔なじみで轟組幹部の鮫島(駿河太郎)曰く、明日香が組の金に手を付けたため、それ相当の金品がないか鑑定してほしいという。しかし七瀬は、鮫島と明日香が共謀して金を横領しようとしていたことに気がついて…。

 同話では、銃を突きつけられた七瀬が華麗に相手を殴り倒す様子も。また、口が悪く粗暴な振る舞いを見せながらも男気たっぷりの上田演じる七瀬の姿に、「拳銃を突きつけられても身じろぎしない胆力、腕っぷしも強そうで、男がいくつになっても憧れるヒーロー像だった!」「めちゃくちゃかっこいい… 低い声もセクシー!!」と大興奮。

 また、あるきっかけで七瀬質店で働くことになった健太役の中村にも、「一見普通の青年な健太くんがなんで七瀬と一緒にいるのかめちゃくちゃ気になるな」「中村倫也くんの自然体の演技がすごくいい!」「中村倫也、終始お目々がきゅるきゅるしてる。可愛い」と注目が集まっていた。

 ドラマ冒頭では、ネットで有名なセーラー服を着たおじさん、通称セーラー服おじさんが登場し、視聴者も思わず「セーラー服おじさん出て来たwww」「マジか(笑)思わず巻き戻したwww」と大爆笑。その他にも、餃子屋の女主人役に夏木マリ、餃子屋のアルバイト役としてアーティストの家入レオなど個性豊かな面々が出演している。

 上田のワイルドで男気たっぷりな姿が視聴者を魅了した同作が、どのような物語を描いていくのか要注目だ。

■ドラマ「新宿セブン」
放送:毎週金曜 深夜0:12~
原作:観月昴、奥道則
監督:藤井道人、植田泰史、佐藤源太、山内大典
出演:上田竜也、中村倫也 ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/shinjuku_seven/