奥浩哉の新連載決定にファン歓喜!「次はどんな世界を見せてくれるのか」

アニメ・マンガ

2017/11/19

 2017年11月10日(金)に発売された『ビッグコミックスペリオール』23号に、奥浩哉の新連載告知が掲載された。この発表にファンから「超楽しみなんですけど!」「嬉しすぎてどうすればいいか分からない」と大きな反響が巻き起こっている。

 同誌の告知ページによると、12月8日(金)発売の同誌2018年1号から奥の『GIGANT(ギガント)』がスタート。その後、石川優吾の『BABEL(バベル)』、鳥島灰人の『この恋はツミなのか!?』、山本亜季の『賢者の学舎』が始まり、4号連続で新連載が掲載されることに。また、『アイアムアヒーロー』で知られる花沢健吾のタイトル・掲載号未定の作品が登場することも発表された。

 奥の『GIGANT』の告知には、「『GANTZ』、『いぬやしき』… 天才・奥浩哉が贈る、今、再びの『G』は… ボーイ・ミーツ・ガール!!?」という気になるコピーが並び、新作の登場人物と思われる謎の女性キャラクターが。

 これまでに奥作品はデビュー作の『変』、『GANTZ』や『いぬやしき』が実写化・アニメ化されており、幅広い人気を獲得。2014年に『イブニング』で連載が始まった『いぬやしき』は2017年7月に連載が終了したばかりで、アニメ化に続いて2018年には実写映画が公開される。絶えず熱い支持を受ける奥の新連載がスタートするとあって、ファンは興奮を隠しきれないようす。「こんな短いインターバルで新作が読めると知って、テンション激アガり」「次はどんな世界を見せてくれるのかすっごく気になる!」「タイトルの時点で興奮が止まらないんですけど!!」「スペリオール定期購読決定だな」といった声が溢れ返った。

 魅惑的な世界観を見せ続ける奥。ファンなら新連載のチェックを忘れずに!