「ヌード NUDE」展で“最もエロティック”な大理石像「接吻」日本初公開!「接吻」をテーマにしたオリジナル漫画も公開予定

マンガ・アニメ

2017/12/26

img01

 2018年3月24日(土)から「横浜美術館」で開催される「ヌード NUDE」展でオーギュスト・ロダンの大理石彫刻「接吻」が日本初公開となる。さらにその彫刻「接吻」に隠された秘密を、『ロダン「接吻」の秘密』と題して漫画化されることが決定した。

テーマは「ヌード」大理石像<接吻>日本初公開
 同展のテーマは「ヌード」。人間にとって最も身近といえるこのテーマに、西洋の芸術家たちは絶えず向き合い、挑み続けてきた。美の象徴、愛の表現、内面を映しだす表象としてヌードはいつの時代においても永遠のテーマとしてあり続けている。そして時には、批判や論争の対象になることも。同展は、英国「テート」が誇る近現代美術コレクションから「ヌード」をテーマにした絵画、彫刻、版画、写真などを紹介。日本初公開となる“最もエロティック”な大理石彫刻「接吻」も見逃せない。

「ヌード NUDE」展タイアップ漫画執筆決定!
 大理石彫刻「接吻」をテーマに、その題材や作品背景に迫るオリジナル漫画が公開されることになった。作者は人気漫画家・あべ美幸で、彫刻に彫り出された2人の男女はなぜ情熱的な瞬間を迎えたのか、そのエピソードを紐といていく。2018年2月に展覧会公式サイトにて公開予定。さらに、2018年4月下旬頃発売予定の『エメラルド春の号』に掲載される。

 漫画で楽しく「接吻」について学んだあとは、展覧会に行って本物の雰囲気を味わおう。

■「ヌード NUDE-英国テート・コレクションより」概要
開催日程:2018年3月24日(土)~6月24日(日)
開催場所:横浜美術館
開催時間:10:00~18:00
※5月11日(金)、6月8日(金)は20:30まで ※入館は閉館の30分前まで
休館日:木曜日、5月7日(月) ※5月3日(木)は開館
観覧料(税込):一般1,600円(1,400円/1,500円)、大学・専門学校生1,200円(1,000円/1,100円)、中学・高校生600円(400円/500円) ※()内は前売料金/団体料金
※前売券の販売は2018年1月20日(土)から3月23日(金)まで
※小学生以下無料
※65歳以上は1,500円(要証明書、美術館券売所でのみ販売) ※団体は有料20名以上
(横浜美術館券売所でのみ販売、要事前予約 TEL:045-221-0300)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※観覧当日に限り「ヌード」展の観覧券で「横浜美術館コレクション展」も観覧可
主催:横浜美術館、読売新聞社、テート
◆「ヌード NUDE」展公式サイト:https://artexhibition.jp/nude2018/

あべ美幸
漫画家。宮城県出身。代表作『SUPER LOVERS』はコミックス11巻まで刊行中。2016年~2017年にかけてTVアニメ化もされた。また同じく連載中の『八犬伝―東方八犬異聞―』は16巻まで刊行中で、TVアニメ化のほかミュージカル舞台化もされた。KADOKAWAにて刊行中のシリーズは累計490万部。現在、雑誌『エメラルド』にて上記2作品を連載中。

※掲載内容は変更になる場合があります。