堀江貴文に学ぶ、飲食店経営の最新のキーワードとアイディアがここに集結!

エンタメ

2018/1/14

『グルメ多動力』(堀江貴文/ぴあ)

 まちの繁華街や目抜き通りには飲食店がずらり。SNSによるフード写真の投稿やお昼のグルメ番組のおかげもあり、昨今は空前のグルメブームと言っても過言ではない。このような世の趨勢にもかかわらず客足がなかなか増えない、あるいは飽きられて客足が減少傾向にあるといった飲食店も少なくはないはずだ。

 そんな飲食店経営者の悩みを解決するのに一役買ってくれるであろう新刊、『グルメ多動力』(堀江貴文/ぴあ)が刊行された。本書が指南するのは、流行り廃れのサイクルが一層はやくなった今日でも生き残ることができるような人気飲食店の作り方だ。

 本書は10章からなっており、第1章から第3章は、「ドタキャン」や「人材確保」など目下多くの飲食店が抱える問題点やSNSを使った情報発信、’17年から’18年にかけて飲食を取り巻くヒト・モノ・コトなど飲食業界とそれを支える消費者の現状に焦点を当てている。

 そして第4章から第6章では、これから変わっていくであろう飲食業界と消費者の動向をズバリ予想し、そのために何をすべきかを堀江氏独自の視点で解説している。第7章では、堀江氏が実際に訪れたお店の中から、彼が思わず「なるほど」と声を上げてしまったお店を紹介している。

 第8章と第9章は「特別対談」として、堀江氏×人気飲食店経営者の対談を余すところなく大公開。第10章は、消費者目線に立ったかたちで「予約の取れないお店の予約を手に入れるとっておきの方法」を特別に紹介している。

 東京大学卒で現在も様々なビジネスを手掛けるの堀江氏が、飲食店経営者だけに焦点を当てた、経営指南書は他のどこをあたっても見当たらない。誰もが「あっ!」と驚く方法で飲食店経営をしていきたい方、あるいは奇抜な方法で客足を取り戻したい方には、ぜひ本書を手に取ってもらいたい。

文=ムラカミ ハヤト