NHKあさイチで話題に!「消費・浪費・投資」の3つに分けるのがポイント『年収200万円からの貯金生活宣言』が携書サイズで登場!

暮らし

2018/1/15

『年収200万円からの貯金生活宣言(ディスカヴァー携書)』(横山光昭/ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 NHKあさイチを始め各メディアで紹介され話題沸騰となった『年収200万円からの貯金生活宣言』は、2009年に発売して以来シリーズ累計100万部を超すベストセラー。そんな本書が持ち歩きやすい携書サイズになって2017年12月22日に発売された。

「お金を貯めることができない人」、「お金を貯めなければいけない人」に支持された本書の特徴は、クリアな目標設定と、使うお金を「消費」「浪費」「投資」の3つに分けてイメージすること。

 まず、漠然とイメージしていた貯金を「目的ありの貯金」に変える。漠然と老後のためになるべく多くのお金を残しておきたい……というよりも「いつまでに」「いくら」を貯めるのか、それを設定するだけで成果が違うという。

 そして使うお金は「消費」「浪費」「投資」に分けてイメージをすることがポイント。「消費」は生活するために必要なもの、「浪費」は嗜好品の域を越える生活に必要ないものを指す。そして注目なのが「投資」の考え方だ。「投資」は、必ずしも生活していく上で必要ではないが、将来の自分に有効となるお金のこと。資産運用だけではなく、習い事、本代がこれにあたる。そして、著者が提唱する理想の割合は、消費70%、浪費5%、投資25%。ゼロではない浪費、20%ではなく25%という高い投資率、ここに息苦しさを感じずに貯金ができる家計になる肝がある。

 1万人の貯金ゼロ家計を貯められる家計に変えた著者。本書の購入費はまさに「投資」にあたるお金の使い方である。持ち運びに適したサイズに生まれ変わった本書で、お金との付き合い方を見直してみてはどうだろうか。

<目次>
CHART.1:使わないお金を増やすことから始める収入アップ
CHART.2:あなたが貯金できない理由
CHART.3:明日から変われる! 貯金体質トレーニング
CHART.4:90日プログラムで貯金力を10倍アップ
CHART.5:知らないと危険! お金の落とし穴
CHART.6:それでも貯められないあなたへ

横山光昭(よこやま・みつあき)
家計再生コンサルタント。ファイナンシャルプランナー。株式会社マイエフピー代表取締役。借金・ローンを中心に家計の盲点を探り、抜本的解決・確実な再生をめざす。独自の貯金プログラムを活かし、個々の状況に合わせた相談・指導で、リバウンドのない再生と飛躍を実現する。クライアントは現在まで約10,000人以上。独自の貯金法などを紹介した『年収200万円からの貯金生活宣言』、『年収200万円からの投資生活宣言』など貯金生活シリーズ(ディスカヴァー)は累計100万部を超えるベストセラーとなる。雑誌、新聞、TV、ラジオなどでも活躍中であり、中でも、NHK あさイチへの出演は大反響。全国の読者や依頼者から共感や応援の声が集まる庶民派ファイナンシャルプランナー。