たった0.5秒で緊張をとるコツ。もうスピーチやプレゼンであがらない!

暮らし

2018/3/16

 スピーチやプレゼンなど、人前で話す時に緊張をほぐす方法をまとめた『たった0.5秒で緊張をとるコツ』が2018年3月21日(水)に発売される。

 同書では、著者の伊勢田幸永がこれまで接してきた2万人以上の行動データから導き出した理論をもとに、緊張をほぐす方法を紹介。どんな場面でも緊張せず、コミュニケーションに強い人になることを目的としたメソッドは、誰もが簡単にできる方法ばかり。

img02
手のひらを見せると気持ちが前向きになる

img03
声が震えてきたらあごを突き出す

 実力はあっても、緊張して自分の魅力や思いを伝えられなければ意味がない。しっかりリラックスしていれば、パフォーマンスを最大限発揮できる。この考えに基づき編み出されたのが「伊勢田流しぐさコミュニケーションメソッド」。このメソッドを使えば、自分だけでなく緊張している相手もリラックスさせられるという。

img04
手足の血行をよくすれば実力を発揮できる

img05
頭が真っ白になったら動いてフリーズをとく

 生きている以上、緊張から逃れることは難しい。たとえばビジネスシーンで初対面の人に会うときや、プライベートで冠婚葬祭の際に挨拶をお願いされたとき。しかし「試験は受けない」「プレゼンはしない」と逃げていると、どんどん行動範囲が狭くなってしまう。適度なストレスは人生のスパイスといわれるように、緊張を潔く受け入れる事も大切だと言える。

 緊張は体の防衛反応で、私たちが困難に直面したときに乗り越えられるように心身を引き締めて「がんばれ!」とカツを入れてくれる。スピーチやプレゼン、会議、接客、商談、初対面、面接、試合、就活、婚活、合コン、冠婚、葬祭、保護者会など重要な局面になると緊張するのはこのため。集中力や注意力を高めて“120%”の力を出せるよう、緊張が手助けしてくれている。つまり適度な緊張は、良いパフォーマンスをするために重要なもの。緊張を心地よく感じられるようになると、勝負どころで最高のパフォーマンスを発揮できる。伊勢田流のメソッドを使って、緊張を自分の武器に変えよう。

伊勢田幸永(いせだ・ゆきえ)
一般社団法人日本しぐさ協会元代表理事。イメージコンサルタント、カラーセラピスト、魅力学インストラクター、コミュニケーションアドバイザー。神奈川県生まれ。短大卒業後、株式会社リクルート「フロムエー」を経て、法律事務所で秘書業務に従事。その後、イメージコンサルタントの資格を取得。2002年に総合コミュニケーションの株式会社オフィスカラーステージを設立。その後、行動心理学を使ってラクなコミュニケーションを広めるために、2012年に一般社団法人日本しぐさ協会を設立。代表理事として、自分がラクになることでコミュニケーションを円滑にするためのしぐさの普及と、しぐさコンシェルジュの育成に努める。日本人らしいおもてなしを可視化し、世界に広めるために「おもてなし技能マスター(R)制度」をスタートさせる。年間100回以上にわたる企業研修、セミナー、講演を行う傍ら、大学での就活講師などで活躍。

※掲載内容は変更になる場合があります。