吉川晃司「これは大きな賭けだと思いました」 浅田次郎『黒書院の六兵衛』がドラマ化決定!

エンタメ

公開日:2018/4/15

黒書院の六兵衛 (下)

著:
出版社:
日本経済新聞出版
発売日:

 浅田次郎の小説『黒書院の六兵衛』が、吉川晃司と上地雄輔の出演でドラマ化されることが決定。特報映像も公開され、「上地君も吉川さんも武士姿が似合う!」「吉川さん喋らないのに存在感がすごい」と話題になっている。

 同作の舞台となるのは、慶応4年に幕府と新政府の談判で不戦開城が決まった江戸城。官軍側につく気弱な尾張の下級藩士・加倉井隼人は、城の引き渡しに先駆けて城内に見聞に入る。しかし、城内にはたった一人、頑なに座り続ける旗本・的矢六兵衛の姿が。六兵衛は将軍直属の警護隊・御書院番の番士だったが、誰に声をかけられても無言を貫く。城内で争いを起こすことは厳禁とされていたため、加倉井は六兵衛を退去させるため居座りの意図を探っていく。

 原作小説は日本経済新聞で連載されていたもので、江戸城無血開城の史実をベースとした本格的な時代小説。読者からは「ただ座っているだけの人物になぜこんなに感動するのだろう」「六兵衛の武士らしい佇まいに惹かれる」「ラストシーンで思わず涙があふれた」と絶賛の声が相次いでいる。

advertisement

 吉川の演じる六兵衛は、作中で全くセリフが無いという一風変わった難役。吉川は今回の演技について「セリフもなく動きも最低限。辛抱と受け身の極みをやる。これは大きな賭けだと思いました」とコメントしており、演技の肝となる所作を極めるために弓馬術礼法小笠原流の稽古に励んでいることを明かした。

 六兵衛とは反対にセリフ量の多い加倉井を演じる上地は、台本を見た時に「これは大変なものを引き受けてしまった」と感じたそう。しかし吉川とはバッテリーを組んでいるつもりで演技をしたいと語り、「六兵衛を不思議がりまた感動しながら、視聴者と同じ目線で演じようと思っています」と気合いを入れている。

 監督は「神様はバリにいる」の李闘士男が務め、脚本は「新参者」の牧野圭祐が担当。全6話で構成されるドラマは2018年7月から放送開始となるので、見逃さないようにチェックしておこう。

この記事で紹介した書籍ほか

黒書院の六兵衛 (下)

著:
出版社:
日本経済新聞出版
発売日:
ISBN:
9784532171247