緻密なイラストがすごい!『はたらくくるまのずかん』は人気のクルマたちがズラリ!

文芸・カルチャー

2018/4/28

大ヒットした『でんしゃのずかん』に続く、写実的でありながらもあたたかいタッチが魅力の手描きイラストによる乗り物図鑑絵本『はたらくくるまのずかん』(五十嵐美和子/白泉社)が4月26日に発売されました。

『はたらくくるまのずかん』(五十嵐美和子/白泉社)

 手描きならではのあたたかみのあるタッチながら、外観や動くしくみ、働く車たちの仕事を紹介するイラストは、大人もじっくり見入ってしまうほどどれも緻密。65種類の車は、消防車やパトカー、バス、トラックなど道路でふだん見かけるものから、ショベルカーやクレーン車など工事現場で活躍するものまで、実にさまざま。それぞれの車の働きっぷりがこまかく説明されているのも、読んでいて楽しくなりそうです。

「くるまといっしょにはたらくには?」のページでは、パトカーや消防車と一緒に働くには、大人になるまでに何をすればいいの?という素朴な疑問に、イラストがかわいらしいチャート図で答えるコーナーも。

「電気自動車」「ハイブリッドカー」「燃料電池自動車」の違いを子どもに説明できますか? 本書は、新エネルギーを活かして排気ガスを減らす最新技術で動く自動車のしくみとその違いについても、とてもわかりやすくイラストで説明してくれます。本書後半には、コンピューターやAIが運転してくれる「自動運転車」の最新の情報も。

 この一冊で、お子さんもあなたも今日から「クルマ博士」に!

【著者プロフィール】
五十嵐美和子(いがらし・みわこ)
1983 年埼玉県生まれ。絵本作家、イラストレーター。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。
第8 回MOE イラスト・絵本大賞年間グランプリ佳作入賞。絵本に『トリケラとしょかん』『コモちゃんのかくれんぼ』『でんしゃのずかん』<近藤圭一郎・監修>(白泉社)がある。

●公式サイト http://www.igarashi-miwako.com/
●Twitter @igarashi385