大根1本ムダなく使いきる! 伝説の家政婦の知恵がつまったスゴ技レシピ

食・料理

2018/5/11

 伝説の家政婦のスゴ技レシピをまとめた、『Kotoさんのかしこい作りおき』が2018年4月20日(金)に発売された。

 同書はテレビで話題沸騰中の家事代行マッチングサービス「タスカジ」で、「予約がとれない家政婦」「伝説の家政婦」として大人気のKotoによる初のレシピブック。「タスカジ」ユーザーのリアルな声をもとに「Kotoの人気おかず」をまとめたところ、時短アイデア&使いきりテク満載のレシピ本が完成した。

img02

 例えば大根などの野菜を丸ごと使いきるテクニックやレシピを紹介。もちろん野菜だけでなく、肉や魚の使いきりテクも必見だ。

img03

 他にも「ありもので作って!」「帰ってすぐごはんにしたい!」など、ユーザーからの様々なリクエストをKotoが解決。「こねて」「丸めて」を省いて作るハンバーグの時短レシピなど、目からウロコのアイデアが数多く掲載されている。レシピは全て「つくりおき」できるので、お弁当にも最適。

img04

img05
鍋のままほうっておけば完成。余熱で調理する「ポットローストビーフ」。

img06
ありもので作れる「アクアパッツァ」。急な来客にも便利なお助けレシピ。

img07
あなたの「困った」も解決してくれる、ユーザーからのコメント。

 “短い時間”で“たくさん”つくりおきしないといけない家政婦ならではのレシピが満載。一般の主婦が思いつかないようなアイデアや豆知識は、きっと役に立つはず。「段取りのコツ」「時短のコツ」などを知りたい人は、かしこい知恵がつまった同書をぜひチェックしてみよう。

Koto(こと)
元・介護施設の栄養士。中学校家庭科教諭免許、フードアナリスト2級、フードスタイリストも所持。介護施設で12年間栄養士を勤めた後、フリーランスに。料理教室なども主宰。家事マッチングサービス「タスカジ」で、予約がとれない「伝説の家政婦」として注目される。「つくりおき四天王」としてTVなどのメディアで紹介され、その「時短」料理テクニックと、ありものでパパッと「つくりおき」する技が話題に。介護施設での経験を生かした“減塩でもおいしい”“野菜たっぷり”な料理が特長。3人の子どもを育てあげ、現在は孫もいる「ベテランのお母さん」ならではの味に、「お母さんの味を思い出す」「実家のごはんみたいでほっとする」とファンが多い。

※掲載内容は変更になる場合があります。