「号泣する覚悟をしておこう」『お父さん、チビがいなくなりました』映画化に反響続出

エンタメ

2018/5/21

 西炯子の人気コミック『お父さん、チビがいなくなりました』が映画化され、2019年に公開されることが分かった。この発表にファンからは、「これは楽しみですね!」「号泣した漫画だからハンカチ持参で観に行こう」と大きな反響が巻き起こっている。

 同作は3人の子どもが巣立ち、晩年を過ごす老夫婦の秘めた想いと愛が描かれた作品。コミックスは1巻で完結しており、「こんな愛のある夫婦になりたい」といった感動の声が次々と寄せられている。

 映画は「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」のタイトルで、「毎日かあさん」「破門 ふたりのヤクビョーガミ」などを手がけた小林聖太郎が監督を担当。離婚を切り出す妻・有喜子に倍賞千恵子、その夫・勝に藤竜也、2人の娘・菜穂子に市川実日子がキャスティングされている。

 倍賞は出演にあたって、「年を重ねてからラブロマンスみたいな作品に出会えたらいいなと、ずっと思っていました」と喜びのコメント。相手役の藤も「倍賞さんとは普段から家族ぐるみで付き合いのある友人関係なので、普段の生活をそのまま倍賞さんと送っているような、いい夫婦の雰囲気になっていると思います」と相思相愛ぶりをアピールした。

 演技派が集結しての実写映画化に、原作ファンは早くも興味津々。「西作品で1番好きな作品だから嬉しい!」「倍賞千恵子と藤竜也が夫婦役なんて、その時点で絵面が完成してる」「公開までだいぶあるけど、それまでに号泣する覚悟をしておこう」「市川実日子さんも出るしこれは観なければ」といった声が相次いでいる。

 西も「倍賞さん、藤さんで観られるなんて、ますますぐっときます」と映画公開が待ちきれないようす。どのような夫婦の物語を見せてくれるのか、今から公開が待ち遠しい!

■映画「初恋 お父さん、チビがいなくなりました」
原作:西炯子『お父さん、チビがいなくなりました』
監督:小林聖太郎
脚本:本調有香
出演:倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子
制作:ビデオプランニング
公式サイト:http://chibi-movie.com/