ベジータ、白ひげからシルバまで…『ジャンプ』の親父キャラをフィーチャーした「UT」に反響続出

エンタメ

2018/6/11

 オシャレなだけではなくウケを狙ったデザインも豊富な、『週刊少年ジャンプ』とユニクロのTシャツブランド「UT」のコラボTシャツ。2018年6月11日(月)からは、“親父キャラ”にスポットライトを当てたアイテムが新たに登場した。これを受けてマンガファンからは、「キャラクターチョイスのセンス抜群だわwww」「おじさんたちがカッコよすぎる!」と歓喜の声が上がっている。

 今年で創刊50周年を迎える『週刊少年ジャンプ』を記念して、「UT」では懐かしい名作をはじめ最新の人気作までを網羅したコレクションが登場。中には作品を語る上で欠かせない名シーンや名セリフをフィーチャーしたデザイン、マンガのページをそのままプリントしたTシャツも。遊び心満載の「UT」は海外のマンガファンからも人気が高く、お土産として購入していく人も多いようす。

 そして今回ラインナップされたのは、鳥山明『DRAGON BALL』のベジータ・ミスターサタン、尾田栄一郎『ONE PIECE』の白ひげ・ゼフ、冨樫義博『HUNTER×HUNTER』のシルバ、『幽☆遊☆白書』の雷禅、岸本斉史『NARUTO-ナルト-』のミナトをフィーチャーしたTシャツ。

 ネット上には、「カッコイイおやじって感じがビシビシ伝わってくるデザインでいいね!」「雷禅のTシャツとか普通にカッコイイなぁ。バンドTシャツみたいだからライブとかに着ていっても違和感なさそう」「これは絶対全部買うね。おじさん好きにはたまらないコレクションですよ」などの声が上がっていた。

 デザインやサイズによっては発売されてすぐに売り切れてしまう同コラボTシャツ。今回新たに発売されたアイテムもいつ売り切れてしまうか分からないので、気になるTシャツは早めに購入しておこう。