英語を話すために一番重要なのは「言いかえ力」“大人のための5歳児英語”でネイティブとも話せるように!

暮らし

2018/8/17

 難しい単語や文法を知らなくても、今の英語力で英会話ができるようになるルールをまとめた『たった4時間でどんな相手とでも英語が話せる6つのルール』が、2018年7月23日に発売された。

 英語というと、苦手意識を持ってしまう日本人は多い。しかし、現アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏のスピーチをじっくり聞いてみてほしい。意外と簡単な英語で話していることに気がつくだろう。

 例えば、トランプ氏は選挙戦のスピーチで「I am your voice.(私はあなた方の代弁者です)」という発言をしている。代弁者というのは実際には「Spokesman」だが、トランプ氏はより簡単な「your voice」という言葉に言いかえているのだ。

 本書は、このトランプ氏のように「言いかえる力」を養うことができる英会話の本だ。著者は元同時通訳者で英語講師・英語コーチの奥村美里氏で、「大人のための5歳児英語」というメソッドを紹介している。

 これは、英訳したい文章を「5歳児に伝わる日本語」に変換してから英文に直すというやり方だ。例えば「彼女は玉の輿にのった」という文章なら、「彼女はお金持ちの男性と結婚した」と言いかえれば、「She married a rich man.」と簡単な英文で表現することができる。

「言いかえ力」をマスターすることができれば、難しい単語や文法を知らなくても、どんな相手とでも英語で会話することができるようになるのだ。

不慣れな文法をわざわざ使わない。自分の英語力の範囲で相手に伝えればOK!

 自分の英語力では外国人と会話なんてできない…と考えている人にぜひ読んで頂きたいおすすめの一冊である。